ホワイトデースイーツで集客アップ!?季節のイベントを活用しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ホワイトデーのクッキー

クリスマスやお正月、バレンタインなど、イベントが目白押しの冬が終わるとやってくるのがホワイトデー。今やバレンタインに勝るとも劣らないイベントとして、すっかり日本に定着しています。季節のイベントに合わせたメニューを飲食店で考案することは、集客アップに欠かせない大切な要素と言えます。

そこで今回は、飲食店におけるホワイトデーを活用した集客方法について、簡単にご紹介いたします。

ホワイトデーとは

ハートのマシュマロとギフトボックス

ホワイトデーとは、2月14日のバレンタインにチョコをもらった男性が、翌月の3月14日にお返しを女性に贈るイベントのことです。アクセサリーなどの身に着けるものを送る方もいますが、マシュマロやクッキー等のお菓子を送るのが一般的です。

また、近年は友達同士でチョコを送り合う「友チョコ」や、男性が女性にチョコを送る「逆チョコ」などバレンタインも多様化しているので、それに合わせてホワイトデーのあり方も変化してきています。たとえば、女性同士でホワイトデーのお菓子を買ったり、女性から男性にホワイトデーのお返しを送ったりなど、以前よりもホワイトデーの楽しみ方が増えてきているのです。

海外から日本に輸入されたイメージの強いホワイトデーですが、実は日本発祥の文化です。日本の他に、韓国や中国、台湾など近隣諸国にも定着しています。ホワイトデーの起源には諸説ありますが、総じてお菓子メーカーが販促のためにバレンタインデーの対となる日を定めたとしているので、元々販促効果を狙って考案されたイベントということは間違いないようです。

ホワイトデーを活用して集客しよう

ホワイトデーのお返し

元々販促効果を狙ってつくられたイベントですから、飲食店としても活用しない手はありません。ホワイトデー向けのサービスやメニューを用意することで、バレンタインのお返しを送り合うカップルや友人同士、家族連れを引き寄せることができるでしょう。

ホワイトデーイベントは、デパートの催事場をはじめ、パティスリーやジュエリーショップでも大々的に行われています。ホワイトデーを上手に活用し、高いPR効果を狙いましょう。

また、ホワイトデーそのものは3月14日ですが、せっかくのイベントなので、イベント当日までに多くの催しを行いましょう。デパートや百貨店などの売り場では、バレンタインが終わると同時に、ホワイトデー用の陳列内容に切り替える場合が多いようです。バレンタインからホワイトデーまでは1カ月しかないため、限りある期間を存分に活用したいところです。

ホワイトデーに集客できるスイーツとは

ホワイトデーのスイーツ

ホワイトデーのお返しとして主流となっているのが、甘いお菓子やスイーツ類です。飲食店の最大の強みは、なんといってもお客様に店舗内でスイーツをお召し上がりいただけるところですので、ホワイトデースイーツを用意しない手はありません。お返しをする方としても、相手が喜んでいる姿を目の前で見れますし、ホワイトデーデートの一環としても利用することができます。

それでは、実際にどのようなスイーツが喜ばれるのでしょうか?

ホワイトチョコを用いたスイーツ

ホワイトチョコは、その色合いや名称から、バレンタインチョコの対になる存在として活用されているケースが数多くあります。そのため、通常はミルクチョコレートを使用していても、ホワイトデーの期間だけホワイトチョコレートに置き換えるだけで、ぐんとホワイトデーの雰囲気を演出することができるでしょう。チョコレートを用いるスイーツはたくさんあるので、色々なメニューを創作することができます。

全体的に白を基調としたスイーツ

「ホワイトデー」の名前の通り、バレンタインのお返しには、白を基調とした小物やスイーツが多く展開されます。スイーツで白というと、前述のホワイトチョコをはじめ生クリームや粉砂糖、ココナッツなどがあるので、色々なメニューを考えることができるでしょう。雪をイメージした真っ白なスイーツは冬の時期に人気が出ますが、ホワイトデーは3月なので、もう少し春らしさを加えると良いかも知れません。

ホワイトデーの定番お菓子を用いたスイーツ

ホワイトデーの定番お菓子をトッピングするのもおすすめです。特にマシュマロはホワイトデーのイメージが強いので、普段のメニューに加えるだけでも、イベント感を出すことができます。ホワイトデーは元々マシュマロデーと呼ばれていたくらい、マシュマロはホワイトデーの定番なのです。しかし、現代では「(告白の)お断り」という意味合いに取られてしまうこともあるので、カップルのお客様にお出しする際は注意しましょう。

いちごを飾ったスイーツ

いちごを使ったスイーツは春のイメージが強いので、3月のホワイトデーにはぴったりのフルーツです。また、いちごは可愛らしい・女性的なイメージもあるため、男性から女性へのお返しにもってこいではないでしょうか。アレンジ次第でメニューの幅が広がるので、お店のコンセプトに合わせやすいのも利点の1つです。

特別感を演出したフォトジェニックなスイーツ

せっかくのホワイトデー、恋人や友人からのお返しをSNSにアップする方も多いはず。そこで、インスタ映えするようなフォトジェニックなスイーツを用意すれば、お客様が殺到するかもしれません。特別感を演出するために、リボンやプレゼントボックスなどをモチーフにしてみても良いですね。

ホワイトデースイーツのPR方法

ホワイトデーのPR

ホワイトデー期間は限られているので、事前にしっかりとPRしておくことも大切です。店頭メニューで告知するのはもちろんのこと、SNSを活用することをおすすめします。今やSNSでの広告効果や拡散効果には目覚ましいものがあるので、若いお客様を中心に集客率をアップすることができます。

また、バレンタインフェアを行う場合は、ホワイトデースイーツのPRもあわせて行うのがおすすめです。バレンタインに来店されたお客様が、ホワイトデーのお返しを買うために再訪して下さる確率がアップするでしょう。

まとめ

大量のハート型マシュマロ

いかがでしょうか?

ホワイトデーは、クリスマスやバレンタインデーと並び、カップルにとっての一大イベントです。現在ではその形も多様化しているため、ホワイトデーの限定メニューやサービスを打ち出せば、より幅広い客層を取り込むことが期待できるでしょう。

ぜひオリジナルのホワイトデースイーツを考案し、集客率をアップさせましょう。