和食店で使うレジはどれがおすすめ?和食店におすすめなレジを紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

和食店での経営において、カギを握っているアイテムのひとつに「レジ」があります。レジは単にお金の出し入れを行うだけのアイテムと思っている人もいるのですが、それは昔の話です。

昨今ではIT技術の進化もあって、一口にレジといっても、様々なタイプがあり、それによって機能も大きく異なっています。そこで今回は、和食店の経営をサポートしてくれるレジについて紹介をしていきます。

和食店ではどのタイプのレジがいいの?

和食店ではどういったタイプのレジを採用するのが賢い選択となるのでしょうか。それについて説明していこうと思いますが、その前に、メジャーなレジの種類についてお話していきます。

レジスター

一般的なレジと言えば、このレジスターとなります。レジスターは飲食業界でも多く使われており、誰でも一度は見たことがあるでしょう。ボタンが少なく誰でも簡単に操作できるのがメリットとなっています。

ただ、このレジスターは「お金の管理をするだけ」のアイテムであり、それ以外の機能は全くついていません。その為、会計以外のことはできず、商品ごとの管理、売上の管理などマーケティング要素はゼロとなっています。

1台あたりの金額が安いこともあって、開業したばかりの和食店で使われることも多いのですが、マーケティングが必要な飲食業界においては、レジスターの選択は賢いとは言い難いです。

POSレジ

レジスターの操作性を備えながらも、マーケティング要素が加わったのがこのPOSレジです。POSレジには、売上管理や商品の管理機能がついているので、マーケティングに役立てることが可能となっています。

それでいて、必要なボタンは最小限となっている為に、入ったばかりのアルバイトでも使いやすいといった利点があります。また、POSレジの中には「売れ筋商品」「売れていない商品」を分類する機能を備えているものもあり、和食店で導入すれば、お客様に人気の商品などを簡単に管理することができます。

タブレットレジ

タブレットが普及するようになってから誕生したのが、このタブレットレジです。使い方はとっても簡単で持っているタブレットにレジアプリをインストールするだけとなっています。

タブレットレジサービスを提供している会社が多いので、その中から好きな会社を選んで契約することとなります。メリットとしては、レジの場所を選ばないこと、そして、レジ本体の費用がかからないことです。

ただ、サービス提供会社と月額契約を結ぶので0円で利用できるわけではありません。初期費用を抑えたい和食店には向いていると言えるでしょう。ただ、こちらもレジスター同様にマーケティング的なサポートは皆無となっています。

タブレットPOSレジ

タブレットレジを進化させたのが、こちらのタブレットPOSレジとなっています。通常のタブレットレジでは売上管理などを行うことができませんでしたが、こちらはアプリケーションを追加でインストールすることによって、売上管理、商品管理をすることが可能となっています。

さらに、最近のタブレットPOSレジは勤怠管理機能も備わっているものが多く、これ1台で売上管理だけでなく、スタッフの勤怠管理も一度に行えるのでとても便利と言えるでしょう。

売上も分かり、商品管理もできる。

さらには、それらのデータをエクセルなどに出力することもできる現段階における理想のレジと言っても過言ではないでしょう。

和食店で必要なレジ機能とは?

上記が、和食店でのレジの候補となるのですが、実際に選ぶ時はどのレジにすべきなのでしょうか。選び方のポイントは「お金の管理をしつつ、マーケティングのサポートをしてくれるレジ」を本線にすることです。

ここができれば、和食店の売上アップも行えるのでまさに一石二鳥。

そこで、まずは和食店に必要になると思われるレジの機能を紹介していきます。

クレジットカード決済は状況に応じて?

和食店に限らず、クレジットカード決済機能を用意していれば、お客様へのアピールポイントとなるために、集客に役立ちます。ぜひともこの機能を持ったレジを選びたいところなのですが…

和食店の場合、お店のコンセプトによってはなくても良い機能にも思えます。例えば、歴史ある和食店で「うちは現金主義」と昔からの会計システムを貫くような時は、クレジット決済のないほうがウリになったりもします。

ただ、時代の流れから考えれば、クレジット決済機能はあった方が良いでしょう。

顧客管理機能

和食店にとって、リピートしてくれるお客さんはとても有難い存在です。顧客管理機能の付いているレジを選ぶことをお勧めします。この機能があれば、通ってくれるお客さんがどのようなメニューを頼む傾向にあるのか、そしてどれくらいのお金をお店に落としてくれるのかを簡単に把握することができて便利です。

ポイントカード機能

私たち日本人は「ポイントシステム」にとても敏感です。例えばポイント制度のあるお店とそうではないお店のどちらを選ぶかと言われた時、この2つのお店に大きな差がなければ前者となるでしょう。

他店舗との差別化をはかったり、サービス面で劣らないようにポイントカード制度を導入することが重要となりますが、最近ではポイント管理を行えるレジもあります。こういったタイプのレジを使えば、ポイントカードの発行も手間無くできるので大変お勧めです。

マーケティング機能

今の時代、レジはお店のマーケティングに欠かせないツールとなっています。タブレットPOSレジについてる売上管理やデータ出力、さらには他店舗との売上統合などを使えばオーナーの負担を大きく軽減してくれるだけでなく、今後、お店がどのような方向性で歩んでいけば良いのかなども簡単に把握することができるでしょう。

和食店でおすすめのレジとその理由

次に、和食店でお勧めのレジを紹介したいと思いますが、一口に和食店といっても、経営コンセプトがそれぞれ異なりますので、そのコンセプトに応じたお勧めレジを紹介していきます。

小規模&地域密着型の和食店

地域に密着して美味しい和食を提供していきたいというこじんまりとした和食店では、特にレジにこだわる必要はないと思います。大切なのは、お客様との信頼関係と距離感。レジスターで十分と言えるでしょう。

近隣にライバルとなる和食店があるような場合はPOSレジを導入して、マーケティング管理も必要となりますが、そうではない場合はレジスターでも特に困ることはないと思われます。

高級和食店ではクレジット決済機能は必須!

和食店と言っても、値段はそれぞれピンキリとなっています。特に高級和食店になってくると、数万円の会計も頻繁にされることでしょう。こういったテイストのお店ではかならずタブレットPOSレジなどを導入してクレジット決済に対応するようにしましょう。

他店舗に負けない経営をするならPOSレジは必要不可欠!

和食店のライバルは和食店だけではありません。近隣の飲食店すべてがライバルとなります。どのようにして生き残っていくかが重要となります。その為には、タブレットPOSレジの存在は欠かせないでしょう。

これが一台あれば、お店の売上状況や人気メニューなどが一目瞭然となります。そこから、自店舗の客層を分析して、需要を導き出していくことによってお店はさらに発展していくことでしょう。

まとめ

以上が、和食店で使うお勧めレジとお勧め機能となります。結論からいうと、今の時代はお店にとってもお客様にとってもメリットのあるタブレットPOSレジがお勧めとなっています。

タブレットPOSレジは毎月の契約料だけで優れた機能が使い放題になっているので、コスト的にも良く、それでいてマーケティングにも役立つのでぜひ、検討してみて下さい。