サワーのメニューを充実させよう!美味しいサワーのレシピも紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
さくらんぼを添えたサワー

若い大学生からサラリーマン、女性客にも人気のサワーですが、みなさまの店舗ではサワーのメニューが充実しているでしょうか?

今回は、多くの人に人気の居酒屋定番ドリンクであるサワーの魅力やサワーを充実させるメリット、サワーのレシピなどをご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

そもそも「サワー」って?

レモンを添えたレモンサワー

居酒屋などでは定番ドリンクであるサワーですが、そもそもサワーとはどのようなものを指すか、ご存知でしょうか?

日本の居酒屋におけるサワーとは、俗に言う「酎ハイ」とほぼ同じものを指すことが多いとされます。ウーロンハイや緑茶ハイのように焼酎で割るか、レモンサワーやグレープフルーツサワーのように焼酎と炭酸水で割るかの違いはありますが、基本的には同じ意味として使われているようです。

サワーには元々、「酸っぱい」「酸味がある」という一般的な意味がありますが、世界的には蒸留酒に酸味があるジュース類と、砂糖などの甘み成分を混ぜたカクテルの意味で使われています。ちなみに、日本のバーで提供されているサワーは、世界的な意味で使われているサワーのレシピとなっています。

サワーの種類を充実させるメリット

4種類のサワー

では、サワーの種類を充実させておくメリットにはなにがあるのでしょうか?

とにかく人気!

居酒屋で提供されているサワーの中ではレモンサワーやグレープフルーツサワー、ウーロンハイや緑茶ハイなどが定番とされています。これらのサワーはさっぱり飲みやすく、ビールや甘いカクテルが苦手な方にも人気なドリンクとなっています。柑橘系サワーは果実を生搾りにするのでビタミン豊富なものが多く、お茶でつくるウーロンハイなどはカロリーが低めです。こうした理由から、プリン体や健康を意識する方にも人気となるのです。つまり、サワーの種類を充実させることによって、さまざまな客層を取り込みことができるでしょう。

原価率が低い

サワーメニューの多くはジュースやお茶を使うので、原価率を低く抑えることができます。原価率が低ければ飲み放題メニューにも追加しやすくなり、充実した飲み放題メニューを組むことも可能となります。

注文数アップが期待できる

柑橘系のサワーは、やきとりや唐揚げなどといった居酒屋の料定番メニューとの相性がよく、注文数アップの効果が期待できるかもしれません。また、お茶で割るサワーは食事の邪魔にならないため、たくさん食べられるもお客様の食事のお供に最適です。

サワーと相性のいい料理とは?

ホットドッグとレモンサワー

ここまでにも少し触れましたが、サワーと相性がよい料理メニューについてご紹介していきます。

レモンサワー、グレープフルーツサワーなどの柑橘系サワーに合う料理は、やきとりや唐揚げなどのメニューといえます。これらのメニューの共通点は、レモンやすだちが添えてあるということです。レモンやすだちが添えてあるようなメニューは、間違いなく相性バツグンと言えるでしょう。

お茶などを焼酎で割るタイプのサワーは食事の邪魔にならないため、基本的にはどんな料理にも合うと言えます。しかし、ベースがウーロン茶や緑茶などのお茶となるため、洋食や中華などよりは、和食との相性が良いかもしれません。

人気サワーとそのレシピ

絞り器で絞ったレモンとグラス

定番サワーやちょっと変わったサワーとそのレシピについてご紹介します。

レモンサワー

  • 材料:氷、レモン、焼酎、炭酸水

氷の入ったグラスの中に、焼酎と炭酸水を2:3ほどで割ります。そして、レモン果汁を15ccほど入れさっとかき混ぜ、カットレモンを中に入れます。焼酎と炭酸、氷をいれたグラスと一緒に、絞り器にのせたレモンをだすお店も多くあります。また、グレープフルーツサワーも同じ要領でつくることができます。

リンゴサワー

  • 材料:氷、リンゴジュース、焼酎、炭酸水、レモン汁、ガムシロップ

氷の入ったグラスに、焼酎とリンゴジュースを2:3の割合で入れます。その後、炭酸をコップいっぱいまで注いでかき混ぜます。お好みでレモン果汁やガムシロップなどを加えて、味を適度に調整してみてください。

柚子サワー

  • 材料:氷、柚子、はちみつ、焼酎、炭酸水

柚子を流水などで洗い、輪切りで2.3mmほどに切ります。保存容器にはちみつを100gほど入れ、その中に輪切りにした柚子を入れて2日間ほど冷蔵庫の中で寝かせます。氷の入ったグラスに焼酎と炭酸水を2:3の割合で入れ、寝かせておいた柚子も入れてかき混ぜたら完成です。

ウーロンサワー(ウーロンハイ)

  • 材料:氷、ウーロン茶、焼酎

氷の入ったグラスに、焼酎を1/4〜1/3ほど注ぎます。そのグラスに、コップいっぱいまでウーロン茶をいれてかき混ぜたら完成です。この時、焼酎が濃すぎると美味しくなくなってしまうので注意が必要です。ウーロン茶を緑茶、ジャスミン茶、紅茶などに置き換えることもできます。

ジンジャーレモンサワー

  • 材料:生姜、氷、レモン、焼酎、炭酸水

ちょっと変わり種のレシピです。生姜を千切りにし、先ほど紹介したレモンサワーへ加えてかき混ぜたら完成です。

ミントレモンサワー

  • 材料:ミント、氷、レモン、焼酎、炭酸水

レモンサワーにミントを入れてかき混ぜるだけの、少々変わり種のサワーです。ミントの香りでよりすっきりとした味わいとなり、口の中がリフレッシュします。

まとめ

輪切りのフルーツ

いかがでしょうか?

今回はサワーの魅力からサワーと相性の良い料理に至るまで、サワーについて様々ご紹介いたしました。サワー好きのお客様から選ばれるお店となれば、集客増に繋がるかもしれません。まだサワーをメニューに導入していない店舗は、これを機にぜひ導入を検討をしてみてください。