レシートプリンタやキャッシュドロア……レジ購入時に必要な周辺機器は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
笑顔でレジを操作する女性

これからお店をスタートするためにレジの購入を考えている場合、レジ本体以外に何を購入すればいいのでしょうか?開業する前はレジだけ購入して導入すればいいと思いがちですが、実は本体以外にも購入が必須な周辺機器があります。連携時の動作保証の問題があるので、しっかりと調べてから購入することが必要です。そこで今回は、レジの周辺機器に焦点を当てて、必須な機器とあれば便利な機器を紹介します。

レジ本体だけでどこまでできる?

従来型のレジは商品の販売額を計算、記録する機能のほかに、売上金を保管するキャッシュドロアと呼ばれる引き出しが一体になっているものがほとんどです。レシートや記録紙用のプリンタも内蔵しています。価格は安いものでは1万円台から5万円台のものまで揃っています。しかしながら売上データを毎時管理したり、別の場所でデータを把握したりすることはできません。POSレジではそれらが可能となりますが、コストがより多くかかってしまいます。なにより従来型のレジはカウンターの多くの場所をとることになってしまいます。

iPadのタブレットレジとキャッシュドロア、レシートプリンタのセット

そこでおすすめなのがiPadなどのタブレット端末を利用したタブレットレジです。タブレットレジは周辺機器さえ揃えれば従来型のレジのような機能を実現できるだけでなく、場所もとらずに、モバイル決済など他サービスとの連携も可能になります。

タブレットにアプリをインストールしてレジとして利用することになります。以下アプリの紹介です。

売上管理、メニュー設定、オーダリングシステム連携や座席管理、顧客管理、各種ポイントなどの割引対応ができるものもあります。機能に応じて月額利用料がかかるものもありますので、お店にあったアプリを選択してみてください。

なお、それぞれのiPadレジについては「iPadがレジになる!? 高機能で使いやすいタブレットPOSレジの紹介」で説明しています。

必須な周辺機器

タブレット端末以外に必要な周辺機器について紹介します。

キャッシュドロア

キャッシュドロア写真

キャッシュドロアとは、その名の通りキャッシュ(現金)の引き出しのことです。紙幣と硬貨を出し入れしやすいように仕切られています。鍵をかけて保管できます。

レシートプリンタ

レシートプリンタ写真

お客様にレシートや領収書を印刷して渡すために必要です。タブレット端末との接続方法として、無線LAN(Wi-Fi対応)タイプとBluetoothタイプがあります。複数の端末で1台のプリンタを使用する場合は無線LANタイプ。小規模店舗で1端末の場合はBluetoothタイプを選択するとよいでしょう。ロール紙も補充用を含めてプリンタのそばに常備しておく必要があります。ロール紙の入れ替えもスムーズにできるように確認しておきましょう。混雑時にかぎってロール紙が切れてしまったりするものです。

お店によって使い分ける周辺機器

必要な周辺機器と用途の関係をまとめると、次のようになります。

キッチンプリンタ

お客様からのご注文を厨房に伝えるオーダーシート用のプリンタです。

カードリーダー

クレジットカード決済の際、カード情報を読み取るために必要になります。タブレットレジに対応したカードリーダーには以下のようなものがあり、キャッシュバック等で機器代金は実質無料、決済代行手数料の負担のみで導入できるのが特徴です。

ハンディ端末

ホールスタッフがオーダーを受ける際に利用します。従来型のレジと併用して、注文入力を確実にします。キッチンプリンタと同時に使用することで厨房への発注漏れがないようにします。タブレットレジのアプリではこの機能を持っています。

また、以下のような、iPhoneやiPod touchをオーダリングシステム端末にするアプリも存在します。

フリックオーダー(FlickOrder) https://www.flickorder.com/
オーダーリングシステムについて、詳しくは「オーダーエントリーシステムとは?飲食店がハンディターミナルとセットで導入するメリット」をご覧ください。

カスタマーディスプレイ

会計時の金額と預かったお金、お釣りの額をお客様にお伝えするためのものです。従来型のレジに内蔵しているものがほとんどです。タブレットレジでは、レジアプリの機能を使って外部ディスプレイに接続し、会計の合計金額・預かり・お釣りなどをお客様にお見せすることができます。

レジおよび周辺機器を導入する際に気をつけたいことは、急な故障に対応できるように、領収書やレシートなどお客様に手渡しするものを手書き対応するための伝票を用意しておくことです。ハンコも必要であればドロアに入れておくなど保管しておきましょう。タブレットレジでも無線化が進んでいますが、電源まわりの配線は必要になります。カウンターやキッチンの邪魔にならないよう対策しておきましょう。

何種類もあってわからない。そんなときは?

レジは本体も周辺機器も種類が豊富で、どれをどのような組み合わせで購入すればいいかわかりにくいと思います。従来型レジ、タブレットレジそれぞれの専門販売事業者サイトがあります。スタート時の最低限のセットや飲食店向けの機種などを参考にして、不安点を問い合わせてから購入することをおすすめします。

iPadレジって何がいいの?ユビレジ導入事例