レジ袋の有料化が2020年7月1日スタート!対応方法をご紹介します。

トレンド

 

2020年7月1日よりプラスチック製レジ袋の有料化がスタートします。
これによりスーパーやコンビニなどの小売業はもちろん、テイクアウトでレジ袋を提供している飲食店などを含めた小売販売を実施している全ての店舗が対象になります。(※一部例外あり)
では実際にどのようなことに注意して準備をすれば良いのでしょうか。この制度についての対応方法をご紹介します。

レジ袋有料化制度について

プラスチック製品は安くて便利な一方で、深刻な海洋汚染を起こしていることが世界規模の問題に発展しています。 そこで日本政府は2019年5月に「プラスチック資源循環戦略」として、容器包装リサイクル法で制定された「小売業に属する事業を行う者の容器包装の使用の合理化による容器包装廃棄物の排出の抑制の促進に関する判断の基準となるべき事項を定める省令」を改正、「レジ袋有料化義務化(無料配布禁止等)」を規程しました。

制度導入によりレジ袋を有料化しマイバッグ持参の動きを促進することで、環境問題や今までの生活様式を見直していくきっかけにすることがこの制度のねらいです。

制度に関するポイントと注意点

対象事業者

対象事業者は、プラスチック製買物袋を扱う小売業を営む全ての事業者になります。
主な業種が小売業ではない事業者(製造業やサービス業)であっても、事業の一部として小売業を行っている場合は有料化の対象となります。

レジ袋というとスーパーやコンビニなどの小売業を思い浮かべる方が多いかと思いますが、ヘアケア用品を販売している美容院、薬を販売している調剤薬局など、レジ袋を使用して商品を販売している全ての業種が対象となります。

ただし例外として、学園祭での模擬店といった継続性が認められない場合は対象外となるようです。詳しくは経済産業省のガイドラインを確認してください。

FAQ(対象業種・事業者)(PDF) | 経済産業省

対象となる袋

有料化の対象は原則、購入した商品を持ち運ぶために用いる持ち手のついたプラスチック製買物袋です。紙袋、布袋、持ち手の付いていない袋は有料化の対象外になります。

(経済通産省HPより引用)

有料対象外のレジ袋

以下のレジ袋は、繰り返し使用が可能であることやゴミ問題対策に対応していることなどが環境に配慮しているという理由で有料化の対象外となります。

  • プラスチックのフィルムの厚さが50マイクロメートル以上のもの
  • 海洋生分解性プラスチックの配合率が100%のもの
  • バイオマス素材の配合率が25%以上のもの

販売価格

価格は販売者が自由に決めることができますが、1円以上(+税率10%)で販売するというルールがありますので注意してください。サイズにより価格が違いますが、大手コンビニチェーンの場で3〜5円、大手スーパーの場合2〜5円のように5円以下の設定が多いようです。

販売方法の注意点

販売方法にもガイドラインがあり、守らない場合は有料化しているとは認められなくなります。例えば以下のような点に注意が必要です。

  • 買い物袋を商品とセットにして販売する場合は、その価格を消費者に明示しなくてはいけない。
  • 複数の買い物袋を提供する場合、一定枚数を有料に、その他を無料にするという提供の仕方はできない。
  • 買物袋を提供しないことと引き替えに商品価格を値引くことや、ポイントを付与すること、 その他の利益供与を行うことは有料化に含まない。

有料化回避の動きについて

社会的に有料化が進んでいる中、無料化を継続する企業の動きもあるようです。

大手外食がレジ袋有料化回避へ 持ち帰り増、衛生面重視 | SankeiBiz

牛丼チェーンの吉野家では、エコバッグは衛生面の懸念からレジ袋の無料提供を継続します。くら寿司では、テイクアウト用のすし桶の幅が広いことからお客様の持参するマイバッグでは対応しきれないとして、引き続き無料提供を継続するとのことです。
両社ともに有料化を回避するため、制度対象外のバイオマス原料のレジ袋を使用するようです。

さいごに

いかがでしたでしょうか。
上記ポイントと合わせて詳細についてはこちらのページも確認してみてください。

プラスチック製買い物袋有料化| 経済産業省

制度開始に向け準備をしっかり行っていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加