セルフ決済とは?種類やメリットなどをご紹介

居酒屋

セルフ決済とは

セルフ決済は会計業務省力化を目的として店舗に導入される非接触系ソリューションです。 スタッフとお客様の新型コロナウイルス感染リスクを回避すると同時に、アルバイトなどの高騰する人件費を抑制できます。

セルフ決済の種類

セルフ決済は大きく分けて、券売機で事前にチケットを買うものと、スマートフォンを使って支払いをするものとの2種類があります。

券売機

従来よりある商品に引き換えができるチケットを販売している端末機です。 比較的高価で商品の入れ替え毎にコストがかかるため、メニューが固定化されている店舗さま向けです。

スマートフォンのセルフ決済

近年登場したスマホを使った決済サービスです。 アプリが必要な場合と、QRコードを読み取って行う場合があります。
  • 専用アプリを立ち上げてアプリ内で支払います。
  • 専用QRコードを読み取って表示されたページで支払います。

セルフ決済のメリット

  • お客様のレジ待ち時間の短縮(購入ストレスの軽減)
  • 顧客満足度のアップ
  • 売上の機会損失を防止
  • レジ対応の省人化
  • 接客業務の生産性向上
  • 衛生的(お客様のスマートフォンを使用する場合)

主なセルフ決済

FMC-27

27インチ大型モニタのタッチパネル式券売機です。 セットメニューでの細かい選択販売ができることが特徴で、現金・クレジット・電子マネー・スマホ決済に対応しています。 FMC-27公式ページ

ローソンスマホレジ(旧名:ローソンスマホペイ)

ローソンスマホレジはローソン公式アプリの機能の一つで、商品バーコードを読み取って決済ができます。 ※一部店舗でのみ展開中 ローソンスマホレジ公式ページ

BPMセルフ決済

BPMセルフ決済は、オペレーターが注文を受けてからお客様に専用URLを発行して決済を行ってもらうシステムです。 お客様の注文を受けたオペレーターが決済URLをSMSで送信、お客様は受信した内容から決済ページに進んで処理を行っていただきます。 BPMセルフ決済公式ページ

N-セルフ決済

N-セルフ決済は、旅館向けの非接触サービスとして、チェックイン・精算・チェックアウトが可能です。 主にQRコードの読み取りによりオペレーションの省力化を実現し、迅速かつ安全に施設運営を行えます。 N-セルフ決済公式ページ

ユビレジ セルフ決済

ユビレジ セルフ決済は、対人非接触型のセルフオーダーシステムです。 専用レシートのQRコードを読み取るだけで、レジに並ばずお客様のスマートフォンでお支払いができます。 ユビレジセルフ決済公式ページ