セルフオーダーシステムってどうなの?メリットデメリットを知ろう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
セルフオーダーシステムで注文する女性

この記事をお読みの飲食店の経営者や店長の皆さんは、セルフオーダーシステムに興味を持っていますか?簡単に言えば、お客様が自分でオーダーをしてくれるシステムですが、それにはメリットとデメリットがあります。ですからそれを理解したうえでの導入が大切です。また、各サービスにはそれぞれ特徴もありますので導入するのであれば、それも確認したほうがよいでしょう。

そこでここでは、セルフオーダーシステムの特徴やメリット・デメリット、そしていくつかのサービスをご紹介しその比較をしていきます。

セルフオーダーシステムとは

セルフオーダーシステム端末

まず最初にセルフオーダーシステムとはどういうものか、ということについてご紹介します。最近は、回転寿司や食べ放題の焼肉店などに導入されているケースも多いので、見たことがある人もいるでしょうが、要は「セルフ(self)」の「オーダー」ですから、お客様が自分でオーダーするためのシステムです。たまに、串揚げ店や寿司店で、テーブルにある伝票に自分でオーダー品を書いて、カウンター越しに店員に渡す、ということをしている店がありますが、あれも言ってみればアナログ式の「セルフオーダー」です。あれを「システム」つまりコンピューターに乗せた、ということです。

もう少し具体的な仕組みや簡単なシステム構成について触れましょう。

まずテーブルにはiPadなどのタッチパネル式のタブレットがおいてあり、そこに全メニューが表示されます。お客様がそれを見て欲しい料理をいくつかタッチしていって、最後に「注文」というボタンを押して送信します。そのオーダー内容がキッチンプリンターから印刷され、スタッフがそれを見て調理します。さらに、食事を終えたお客様がタブレットで「オーダー終了」ボタンをタッチすると、オーダーはできなくなり代わりに会計金額が表示され、そのデータはPOSレジにも連動します。そしてお客様がレジに行くと会計金額がすぐに表示され、会計ができます。

以上がセルフオーダーシステムの簡単な流れです。POSレジをすでに導入しているお店であれば、オーダーテイク時に店員が使うハンディターミナルがテーブル据置きになったということです。

さらに、設定できるメニューは料理だけではなく、お茶や水、あるいは箸やおしぼりといったものも入れられます。デシャップにもプリンターを置いておけば、ホールスタッフがそれを見て持って行くこともできます。またセルフオーダーシステムはどの会社のサービスでも、無線でオーダーを飛ばしますので、この導入のためには専用のネットワークを入れる必要がある場合がほとんどです。

セルフオーダーシステムのメリット・デメリット

セルフオーダーシステムイメージ

セルフオーダーシステムの仕組みをわかっていただいたうえで、セルフオーダーシステムのメリットとデメリットをご説明します。導入している店舗が増えている点、展示会などに行くと必ず1社か2社はこのセルフオーダーシステムを出展している点などからもわかるように、メリットは確かにありますが、しかしデメリットも一方ではあるのです。

セルフオーダーシステムのメリット

  • 1つめのメリットは、セルフオーダーシステムのメリットの最大のものは「ホールスタッフの数が減らせる」ということにあります。簡単に言えばオーダーテイクが不要になりますから、人数は半分で済むわけです。それは当然、人件費削減につながります。
  • 2つめはホールスタッフの人数も減りますが、オーダーテイクのための教育も原則としては不要になります。料理は覚える必要がありますが、少なくともハンディターミナルの使い方は覚えなくて済みます。それはホールスタッフがすぐに戦力化できるということでもあり、新人の研修時間が削減できます。
  • 3つめは、オーダーテイクから料理を運ぶまでのトラブルが減ることです。お客様が自分でオーダーするわけですから、まずオーダーミスが原則としてはなくなります。もちろん、使い方がわからない、説明が不正確などのクレームが出る可能性はありますが、オーダーミスに比べれば非常に少ないでしょう。さらに、オーダーしたいお客様の意思が、ホールスタッフを呼ばずにすぐにキッチンに伝わりますから、それだけスピード提供ができるようになり、その分でもクレームが減り、満足度が上がります。
  • 4つめは、メニューブックの作成費用が0円になることです。タブレットに載せるための写真撮影や作業は必要ですが、メニューブックのデザイン費用、印刷費用が全くかからなくなり、メニュー作成の作業時間も大幅に減ります。それは、頻繁にメニューを変えることができる環境が作れるということです。たとえば、1週間限定メニューも可能ですし、注文の少ない新メニューをすぐに下げることも可能です。
  • 5つめは、席での滞在時間の管理ができることです。特に食べ放題などの時間制限のあるメニュー展開をしている場合、おそらくそれまでは席の一覧表を使って、手書きやタイマーで時間管理をしていたと思われますが、それがデシャップやレジなどに置いたパソコン、あるいはタブレットでひと目で管理できるようになります。
  • 6つめは、オーダーとは直接関係ありませんが、ゲームを搭載したり、使っている食材のPRを動画でしたりといったようなパソコンとしての付加的な機能も持たせられることです。特にゲームなどは、子供連れのお客様の場合は落ち着いて食事ができるメリットや、そのゲーム目当てでわざわざ来店する集客効果もあります。

以上のようにセルフオーダーシステムにはメリットがたくさんあるのも事実ですが、デメリットも同じようにあります。

セルフオーダーシステムのデメリット

  • 1つめのデメリットは、今までホールスタッフが担っていた接客力が店として非常に落ちる点です。たとえばオーダー時におすすめ料理を推奨していた場合、それができなくなります。さらにホールスタッフとお客様の交流の接点も半減しますから、スタッフや接客が気に入って来店するというケースも減るでしょう。接客の丁寧さを強みにしている店であれば、それを発揮する機会も半減します。QSCのうちのSの半分がコンピューター任せになるわけですから、店によっては大きな痛手です。
  • 2つめは上の話と連動しますが、客単価が減少する可能性があるという点です。セルフオーダーシステムの会社の営業マンは「注文数が増えるので客単価が上がる」というセールストークをするかもしれませんが、見ている限り半数以上の店舗で客単価が下がっている傾向にあります。その理由は、上で書いたメニューの推奨ができないのでアップセルやクロスセルが利かなくなるという点と、ホールスタッフという人間が間に入ることで心理的に安いコースやメニューを注文しにくかったものが、セルフオーダーシステムによって注文しやくすくなる点があげられます。現に、水がセルフオーダーシステムで注文できるようになったことで、ドリンクのオーダーが半分以下になったというケースもあります。
  • 3つめはタブレットという機械を介することで、トラブルが増えるということです。まず、タブレットは意外なほど故障が多いです。そして選んだシステムによっては、メニュー画面の融通性が低く、紙のメニューであれば1番大きく目立たせていた原価の安い推奨商品が、ほかの料理と同じウェイトでしか表示できないという場合もあります。また金額の外税表示、内税表示も選べない場合がほとんどです。また、すでにPOSレジを導入していた場合、それと連動させることが必須ですとなりますが、メーカーによってはそれができな場合もあります。
  • 4つめは高齢のお客様には不評だということです。最近は高齢の方でもスマートフォンなどを使いこなしているので、意外にタブレットに慣れているケースもありますが、一方ではやはり勝手がわからなかったり、タブレットに表示される料理ごとのボタンが小さいため押し間違えてしまい、違う料理が来てしまったなど不満も発生しています。

以上がセルフオーダーシステムのメリットとデメリットとなります。

導入を考える場合、多くの目的が人件費の削減で、それは確かに実現できますが、トータルでのコスト削減になるかというとかなり微妙です。それは人件費削減や、メニューブック作成費用の削減といったコスト削減要素がある一方で、システム導入費用、タブレット費用、ネットワークなどの設備費などのハード費用が確実に発生するからです。また客単価がダウンするという収益悪化要素もあります。それらをプラスマイナスして、トータルコストがマイナスになるかどうかは、現在のホールスタッフの人件費、推奨販売の有無と売上貢献度、メニュー構成などが複雑に絡んだ結果ですから、はっきり言ってどちらに転ぶかわからない部分だと言わざるを得ません。

導入を考えている場合は、それらをしっかり検討することをおすすめします。

セルフオーダーシステム比較

セルフオーダーシステムを比較する人

セルフオーダーシステムの検討のために、まずどのようなシステムがあるのかを知っておきましょう。ここでは比較的導入店舗が多いと思われるものを3機種ご紹介します。

iPadセルフオーダーシステム

  • 特徴
    「iPadセルフオーダーシステム」とは、iPadを用いたセルフオーダーシステムです。軽くてコンパクトなiPadがセルフオーダーシステムとなりますので、どのようなお席にも設置が可能となります。iPadセルフオーダーシステムを介して注文された内容は、キッチンに設置されたキッチンプリンタからプリントされます。また、 POSレジとも連動することが可能なため、会計時に明細を打ち込む手間がかかりません。
  • メニュー構成
    店舗で使用されているグランドメニューをそのままiPadに取り込み、使用することができます。メニューのデザイン変更も、インターネットが繋がるパソコンから簡単に登録・変更ができます。
  • 対応機器:iPad
  • 故障対応
    メーカーに直接お問い合わせください。
  • サポート体制:メーカーに直接お問い合わせください
  • メーカー名:株式会社イグレック

メニウくん

  • 特徴
    自社発表データですが導入が1300店舗、45000台というテーブルオーダータッチパネル業界シェアNo.1ということになっています。
  • メニュー構成
    メニュー画面は完全なフリーレイアウトです。他社でも若干の制限付きでの同様のシステムはありますが、この機種は完全フリーレイアウトということで業界唯一をうたっています。
  • 対応機器:メーカーオリジナルタブレット
  • 故障対応
    タブレットが故障してもパーツごとに交換すればよい設計で、交換費用、修理費用は安く済みます。
  • サポート体制:24時間365日対応
  • メーカー名:ワールドピーコム株式会社

リベルタオーダー

  • 特徴
    小規模店舗、テーブルの狭い店舗など向けの7インチのタブレットを使用したセルフオーダーシステムです。
  • メニュー構成
    メニウ君と同じメーカーですので、この機種もメニュー画面は完全なフリーレイアウトです。
  • 対応機器:メーカーオリジナルタブレット
  • 故障対応
    故障の場合はタブレットごと交換する必要があります。
  • サポート体制:24時間365日対応
  • メーカー名:ワールドピーコム株式会社

MAXNAVI neo

  • 特徴
    薄型ですので狭いテーブルでも設置できます。また後で検討項目としても挙げますが、セルフオーダーシステム設置のためには各テーブルにコンセントが必要です。しかしこの機種の場合は、長時間バッテリーなのでコンセントはなくても対応可能です。またさらには、レコメンド(おすすめ)機能や、ランキング表示など「プッシュ型メニュー」の設定ができるので、顧客単価は維持またはアップが期待できるかもれません。
  • メニュー構成
    固定レイアウトとなります。
  • 対応機器:メーカーオリジナルタブレット
  • 故障対応
    故障の場合はタブレットごと交換する必要があります。
  • サポート体制:24時間365日対応(保守契約加入時)
  • メーカー名:株式会社アルメックス

セルフオーダーシステム導入上の注意点

セルフオーダーシステムの注意点を確認する女性

セルフオーダーシステムを導入刷る際の投資額は、30卓程度の規模で平均すれば200万~300万円前後かかるのが一般的ですので、安易な導入は危険です。また、他にも注意しておく点がありますのでご紹介します。

  • コスト削減効果の有無は業態、客単価による
    人件費削減は確実ですが、トータルコストの削減は非常に微妙です。ですからこれだけを目的にした導入は危険でしょう。
  • システムの融通が利かない
    システムによっては、細かいメニュー設定や表示の仕方に融通が利かないため、今までメニューを工夫して客単価を上げていた店であればあるほど、その効果を失うことになります。機種検討時に、どの程度の融通性と表示機能があるのかを確認しましょう。
  • メーカーのトラブル対応と保守契約が重要
    タブレットはお客様が触るものですから乱暴に扱われる場合もあり、かなりの頻度で故障します。その対応がメーカーによってはレスポンスが遅かったり、修理費用が高かったり、保守契約内容でカバーしていない故障があったり、というケースも少なくありません。
    たとえば30卓の規模でタブレットを卓数分の30台しか契約していない場合、1台が壊れるとそのテーブルが使えなくなります。もちろんそこだけホールスタッフが今まで通りアナログでオーダーテイクをすれば可能ですが、それは大変非効率です。こいったことを避けるには、故障が発生した場合の予備機を数台用意する必要がありますが、通常の料金で契約する必要があるケースもあります。つまり、当初の想定よりもコストがかなり膨らむ可能性が高いのです。
    また、保守体制がしっかりしているメーカーは大手ですが、システム費用そのものが高いというネックもあります。
  • POSシステムとの連携の可・不可の確認必要
    現在使っているPOSシステムと整合しない場合もありますから、それも導入時に確認しましょう。
    タブレットはiPadやAndroid機を使う場合と、メーカーのオリジナル機を使う場合があります。メーカー独自の機種の場合、費用は若干の値引き交渉はできても基本的にはメーカーの言い値でしか購入できませんし、それが妥当な金額なのかの比較もできません。また仮に他のセルフオーダーシステムに入れ替える場合、そのタブレット端末はすべて使えなくなります。機械としての安定性や強度にも若干の不安があります。
    一方でiPadやAndroid機の場合は、自社で安い卸から購入すればコストを浮かせられますし、何より価格が明確ですから正しく価格の妥当性を判断できます。また仮に故障した場合すぐに代替機の用意が可能ですし、そもそもメーカオリジナル機よりは壊れにくいでしょう。さらに他メーカーへリプレイスする場合も、メーカーオリジナル機種よりはるかに容易となります。
    これは考え方にもよりますが、どうせ導入するのであればiPadまたはAndroid機で利用できるセルフオーダーシステムにすることをおすすめします。ただし、Android機の場合も、そのメーカー指定の機種以外の安いものを使用しようとすると、動作確認ができていないので責任は取れない、と言われることがあります。
  • 各テーブルに電源コンセントが必要
    基本的には各テーブルに電源コンセントが必要です。現在設置がない場合は、その工事費も考えておく必要があります。長時間バッテリーなのでコンセント不要という場合でも、営業終了後に全機の充電作業が発生する可能性があるため、その作業量は考慮しておかなければなりません。

まとめ

セルフオーダーシステムで注文する男女

いかがでしょうか。

セルフオーダーシステムにはメリット・デメリットがあることをお分かりいただけたでしょうか。便利なことは間違いありませんので、大規模店やオーダー回数が多くホールスタッフの数が必要な店などでは、導入を検討してもよいでしょう。