お宝居抜き物件の探し方教えちゃいます!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
飲食店の内装

居抜き物件というのは、以前のオーナーが使用していた造作や内装、そして設備などをそのまま利用できる物件のことをいいます。たとえば、椅子やテーブル、エアコン、食器までを一から揃えることなく開店できるとなると、初期費用をかなり抑えることができます。ただ、居抜き物件は人気のため売りだされてから契約が決まるまでが早いので、なかなか見つけづらいと言われます。

そこで今回は、居抜き物件に関する基本的な知識と、お宝居抜き物件を探す方法やコツをまとめてみました。

居抜き物件のメリット・デメリット

物件に悩む女性

前のテナントの状態を、ほとんどそのまま使用することができるのが居抜き物件ですが、通常物件との違いとメリット、デメリットをご説明します。

メリット

まず、居抜き物件の大きなメリットは冒頭でもお話ししましたが、開店にあたっての内装設備や工事にかかる費用が通常の物件に比べて低価格に抑えられることです。

お店の種類にもよりますが、平均一坪あたり10万円から30万円が相場となります。通常物件は別名「スケルトン物件」とも呼ばれていますが、平均50万円から100万円くらいかかるようです。スケルトン物件は居抜き物件より、初期経費が3倍から5倍もかかるということになります。

居抜き物件は内装設備や工事にかかる費用が安いだけではありません。通常は、開店までの工事期間中も賃料が発生します。ということは、工事期間は短ければ短いほど開店資金が抑えられるということにつながるのです。内装や設備などをそのまま使用する居抜き物件は、工事期間が短くなり開店までの賃料が安くつくということです。

居抜き物件で多いのは、居酒屋やカフェをはじめとした飲食店、美容院やエステティックサロンです。そのどの店舗も、設備や機器などが必要です。造作や内装、設備がそのまま使用できると大変助かりますね。

デメリット

メリットの多い居抜き物件ですが、そのメリットを裏返せばデメリットにもつながることがあります。

内装や設備、備品などをそのまま使う場合、100パーセント自分の作りたい店舗に仕上げるのは難しいでしょう。つまり、デザインやレイアウトなどを好みのものにするという自由度が低くはなります。そして、そこにあえて手を加えようとしすぎると、一からつくるよりかえって高くつくということにもなりかねません。

また、お客様から見れば居抜き物件での開店は、以前のお店のときとさほど変わらない印象を受けるので、評判までも引き継ぐということになる可能性があります。

前章で高価な設備機器付きのため、初期費用を抑えられるとお話ししましたが、それらはいわば中古品です。中古品は新品より故障のリスクもあるということを忘れてはいけません。

お宝居抜き物件の探し方〜インターネット検索〜

インターネット検索をする男性

さて、居抜き物件の利点を十分にご理解いただいたと思いますので、次は出来るだけ優良な居抜き物件を探すにはどうしたらいいのかです。

方法は、インターネットで探す、不動産屋に頼む、自分の足で探すという3つがあります。今は、ものを探すとなれば1番スピーディーなのはインターネット検索でしょう。インターネット上には、居抜き物件の専門サイトがたくさんあります。インターネットでは、膨大な量の物件を瞬時に検索できるだけでなく、日本のみならず全世界中の情報を見ることができるということです。

今、自分が住んでいる地域以外で出店を考えているときでも、その地に行かずして物件情報を取得することができるのです。ときには、どの土地に出店するかは良い物件があれば決めるというような場合もあるでしょう。

開業、出店の希望を持ったなら、こまめにインターネット検索チェックをしておくことが肝心です。各地の家賃の相場や譲渡料の平均などもわかるようになり、自分がどのような物件を望んでいるのかというイメージも明確になります。

インターネットでは、検索キーワードの選択が自分が希望する情報を短時間で入手できるかどうかに影響があります。居抜き物件専門サイトを検索するときに望ましいのは、「喫茶店 新宿 居抜き物件」などと入力することです。

基本は

希望業態(たとえば居酒屋、カフェ、喫茶店、バーなど)+ 出店したい地名や地域 + 居抜き物件

で検索をかけてみましょう。

また、多くのサイトでは会員登録しておくことで新しい情報が入った場合にお知らせメールが届く仕組みになっています。メールで居抜き物件のお知らせもあるでしょうから、必ず登録しておきましょう。居抜き物件は早い者勝ちなところがあるので、登録だけでなく毎日こまめにチェックすることが大切です。

居抜き物件検索サイトのご紹介

サイトで物件を探す女性

それでは具体的に、居抜き物件サイトをご紹介します。

不動産会社のジョイントライフが運営する、居抜き物件に特化したサイトです。内装業者や卸業者など提携業者が多数あり、出店までの手続きや運営アドバイスの無料コンサルタント業務もあります。

飲食店開業にあたっては、看板やPOSレジなど必ず必要になるものがあります。必要に合わせ、それにあった業者などを紹介してくれるというのも心強いです。

そして、買う側だけでなく、売る側にとっても信頼が置けるサイトということもポイントが高いサイトになっています。信頼して売れるということは、売り物件情報が多くなるということで、買い手側にとっても嬉しいことなのです。

お宝居抜き物件の探し方〜不動産屋を頼る〜

不動産屋に相談

居抜き物件探しには、地域の不動産屋を頼るという方法もあります。

不動産屋は、マンションやビルのオーナーとの繋がりがあります。したがって、インターネットに載る前に情報を入手することができるのです。

売る方は、どこの誰だかわからない相手に売却するより、馴染みで信頼している不動産屋を介して売る方が安心できると考えている場合もあります。

出店を考えている地域が決まっているのであれば、その地域の不動産屋に出向き、事情を話してよさそうな物件が出たら教えてくれるようにお願いしてみましょう。そして頼みっぱなしにしないで、こまめな連絡も必要です。

不動産会社には、居抜き物件を専門としているところもあります。そういったところは、通常の不動産会社より居抜き物件の情報を入手するのが早いのです。しかし、通常の不動産会社まで間口を広げておくことも大切です。

ところで優良な不動産会社とそうでない所の違いをお話しします。避けた方がいいのは、出店を希望しているということだけで、安い物件を勧めてくる不動産会社です。こちらの事業計画や出店計画を親身に聞いてくれる不動産会社にお願いすることが大切です。

お宝居抜き物件の探し方〜自分の足で探す〜

街を歩く女性

出店をしようと考える地域が先に決まったのであれば、自分の足でその土地周辺を歩いてみることも大切です。歩いている途中で、「テナント募集」の貼り紙を目にするかもしれません。

それだけではなく、実際に街並みや人通り、競合店の有無や繁盛の具合など、自分の足で歩いて見るとわかることがたくさんあるでしょう。そうすることで、住んでいる人のライフスタイルの情報もわかります。

自分の足で歩いて見て回ることは、インターネット情報で知った物件や不動産会社からの紹介の物件であっても必要になります。内覧会までに日にちがあるようなら、時間が許すのであればいち早く現地を見て回ることをおすすめします。

まとめ

物件を探す男女

いかがでしょうか?

やはり開業資金を抑えるのなら居抜き物件がおすすめです。ただし、人気なだけに売りだされてからあっという間に買い手がつくことも考えられます。

探し方としては、インターネット、不動産屋、自分で歩いてみるという3つがありますが、どれか一つだけに絞るのではなく、全てをやってみることが大切です。情報入手の早さではインターネットにはかないませんが、インターネットに情報が出る前に知っている不動産屋にもお願いしておきましょう。そして出店地域がきまっているのであれば、市場調査を兼ねてその地を自分の足で歩いて、自分の目で見ることで、居抜き物件の良し悪しなどもわかってくるようになるのです。

スピーディーに、かつ慌てずに探すのがコツです。すてきなお宝居抜き物件を見つけて下さい!

iPadレジって何がいいの?ユビレジ導入事例