夏スイーツとは?夏スイーツをデザートメニューに取り入れよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
夏スイーツのかき氷

夏は本当にみずみずしくて美味しいフルーツやデザートがいっぱいありますよね。あなたのお店もしっかり『夏スイーツ』を取り入れていますか?

まだ取り入れてない……ということであれば、今すぐ取り入れるのがおすすめです。

今回は夏スイーツの定番メニューや、夏スイーツを取り入れるメリットについてご紹介します。ぜひ、今すぐトライしてみて下さいね。

夏スイーツの定番は?

夏ゼリー

あなたは『夏スイーツ』と聞くと、どんなデザートを思い浮かべますか?また、どんなデザートを食べたくなりますか?きっと、ほとんどの人がひんやりした冷たいデザートを食べたい……と感じるのではないでしょうか?

やはり、夏の定番デザートと言えば食べてさっぱりしたり、身体が涼しくなるようなメニューですよね。中でも大人気のアイスクリームやかき氷、ゼリーやジェラートがおすすめです。

夏はとにかくみんなが暑い……!と感じているので、どうしても定番が決まってきます。

もちろん定番を破ってもいいのですが、やはりお客さんの期待を裏切らないためにも、夏のスイーツは定番ものを置いておくのがベターでしょう。

夏のスイーツがしっかりメニューに揃っていれば、女性客はもちろん、子供にも人気が出てくるのでおすすめです。

あまり難しく考えずに、身体が涼しくなるようなさっぱりとした夏のスイーツを取り入れてみましょう。

夏スイーツを取り入れるメリットとは?

コーヒーゼリー

では、なぜ夏スイーツを取り入れた方がいいのでしょうか?

答えは簡単です。あなたのお店に『旬なメニュー』があるだけで、お客様はあなたのお店に対して『こだわり』を直に感じることが出来るからです。

また、今は凝ったデザートやスイーツが巷でかなり人気となり、わざわざデザートやスイーツを食べにそのお店に行くと言うスイーツマニアも増えてきています。 よく、可愛いスイーツやデザートをインスタグラムなどに載せている人もいるくらい『話題の一つ』としても旬なスイーツは注目されているんです。

そういったお客様の心をしっかり掴むことで、その他のメニューも注目してもらえますし、「あそこのお店はデザートも美味しいんだよ!」という口コミも広がっていくでしょう。口コミが広がれば、もちろんお客様も増えていきます。

もし、あなたがまだ「たかがデザートやスイーツ」と思っているのであれば、今すぐその意識を変える必要があるでしょう。そのくらい今、旬のスイーツ・デザートは重要な役割を果たしています。

夏スイーツ盛りつけのコツ

ひんやりスイーツ

では、夏スイーツはどのように盛りつければ、より美味しく見えるのでしょうか? 夏のスイーツは、このようなことに気をつけながら盛りつけてみましょう。

旬のフルーツを使うのであれば色鮮やかに

もし夏のみずみずしいフルーツを使ったスイーツにするのであれば、そのフルーツの色鮮やかさをそのまま活かして盛りつけるのがおすすめです。

せっかくみずみずしいフルーツも、置きっぱなしにしてしまってカラカラになっていたら……なんだか不味そうではないでしょうか。

そうならないように、みずみずしいままお皿に盛りつけて、色合いもしっかり考慮することが大切です。 色鮮やかなスイカやパイナップルなどを綺麗に並べるだけでも夏らしくなります。

『透明感』がしっかり伝わるように

夏スイーツは何と言っても『透明感』が大切になってきます。

せっかく素敵な夏スイーツにしても、透明感がなければあまりお客様は食べたいと思いません。暑い夏に爽やかなスイーツを食べたいと思っているはずなので、その期待を裏切らないようにしましょう。

透明感を出すコツとしては、透明なグラスや器に盛りつけることです。それだけで、まるで氷の上にスイーツが乗っているようなイメージを演出できます。あまり難しく考えずにシンプルな盛りつけで問題ありません。その代わり、夏らしさをしっかり盛りつけで演出してみましょう。

『ひんやり感』『つめたい雰囲気』が伝わるように

夏スイーツは、『ひんやり感』や『つめたい雰囲気』を演出することもとても大切になってきます。 食事をした後で『ちょっとお口直ししたいな……』と感じてもらえるような爽やかさを演出できるようにしましょう。

とても簡単なのですが、よくやる例として、お皿やグラスを冷凍庫、もしくは冷蔵庫で冷やしておくというやり方があります。

冷やしたお皿やグラスの上にスイーツを置くだけでも、しっかりひんやり感やつめたさを演出できるので、ぜひやってみて下さい。

綺麗な写真で惹き付けよう

注文が来てから綺麗に盛りつけて出すのは当たり前のことですが、それ以前にしっかり惹き付けることが何より大切です。

お客様はメニューや、メニューの写真を見て頼むかどうかを決めるので、そこで惹き付けられるかが大きな勝負になってきます。夏スイーツは、特に色鮮やかにすることをおすすめします。

その鮮やかでみずみずしいスイーツをしっかり写真に収めて、メニューに載せましょう。それが夏の間、看板メニューにもなります。写真が素人っぽかったり、あまり美味しそうでなければ、お客様は頼む以前に何も感じず、せっかくもう1品頼んでくれるチャンスを逃してしまうことになります。

こだわって盛りつけをし、しっかり綺麗な写真を撮って、最大限に夏のスイーツをアピールしましょう。

まとめ

夏スイーツあんみつ

いかがでしょうか。

今回は夏のスイーツについてご紹介していきました。

ついつい甘いスイーツをもう1品食べたくなる夏。しかも、それがすごく美味しそうだったらお客様のお財布の紐はゆるみます。 スイーツやデザートこそ、しっかり力を入れてメニュー開発していきましょう、 ぜひこの記事を参考にして、あなたのお店ならではの夏スイーツを考案してみて下さいね。