決算書なんて読めなくてイイ! たった1枚で手元に「お金が残る」ブロックパズル/第1回目(全3回) ダウンロードして自分で作れる「お金のブロックパズル作成シート」つき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
貯金箱にお金をいれる男性

経営者の皆さん、利益をだすことはできていますか?  忙しいのになぜかお金が残らないと感じていませんか?  決算書が読めない、数字が苦手で上手く経営できていないかも…… そんなふうに考えている方も多いのではないでしょうか?

3回に渡ってお伝えする「お金のブロックパズル」を自分で作成ができるようになると、経営の勘所が分かり、自信を持って意志決定ができるようになります。

例えば

  • 数字や会計が苦手でどんぶり経営まっしぐらな方は、感覚的に下していた判断が根拠のある判断に変わります!
  • 数字をきっちりと見なきゃいけない、と考えていた方は、正確さや細かいことにとらわれず、経営判断を行うための大局を見るコツが分かります!
  • 会計事務所の担当者に、決算書や試算表の説明を受けてもよく分からない方は、たった1枚の図を描くだけで自分のビジネスのお金の構造がすぐに分かり、「儲けの仕組み」がつかめるようになります!  また、「いかに利益をあげるか」を自分で考えられるようになり、「お金が残る」ようになります!

ではまずは第1回目です。

どんぶり経営

どんぶり経営とは?

まずはどんぶり経営の飲食店オーナーの心の声を見てみましょう。

  • 売上はあがって忙しいのに、なぜか預金残高が増えていかない。
  • こだわりの内装やイスにお金をかけたいけど、どの位までお金がかけられるだろう?
  • 業績が厳しいけど、うちのお店はスタッフを入れても大丈夫なのだろうか?
  • 自分の給料ってどの位がちょうどいいのかな?
  • ランチタイムとディナータイムで1日どの位売上をあげればよいのだろう?
  • 当店こだわり産地直送の食材!  お客様に人気だけど、仕入れがどんどん増えてきた。
  • 新規出店を考えているけど、銀行からどの位までお金を借りても大丈夫だろうか?

こんな不安が頭をよぎる飲食店も多いのではないでしょうか。

入ってくるお金は、売上もお釣りも、銀行から借りたお金も、「収入」のひとくくり。出ていくお金は、社長の生活費や経費、借金の返済も税金も全て「支出」でひとくくり。こんなお金のイメージではないでしょうか。

結果、支出よりも収入が上回れば、「余ったお金」が発生し、これが貯金となる。 こんな入りと出のバランスを考えずに、次のどんぶり経営の図の様な行き当たりばったりの経営を「どんぶり経営」と私は呼んでいます。

どんぶり経営の図(飲食店経営者のお金の認識)

どんぶり経営の図(飲食店経営者のお金の認識)

毎日現金収入があるので、儲かっているつもりになったりします。 しかしお金が回らなくなれば当然、飲食店は倒産します。 たとえば次の状況が続けば、いずれはお金が回らなくなります。

お金が回らなくなる代表例

  • 売上よりも食材の仕入れが多くて、在庫が山積み、廃棄ロスも多い。
  • 儲かっていないのに、スタッフに割高な給与を支払い続けている。
  • 必要だと信じて購入した高価な設備が、今は稼働せずに遊んでいる。
  • 返済の目処が立っていないが、何となく借金をしている。

これを聞いたら「そんなの倒産するのは当然じゃないか」と思う人が大半です。 でも、お金の入りと出のバランスを考えられず、「なんとなくお金が残った」「忙しいのになぜかお金が足りない」などの状態である「どんぶり経営」を続けていると、気づかないうちに、こうした「倒産して当然」のことをやってしまうのです。

飲食店オーナーは数字に対して、
「忙しくて暇がないけど、本当はもう少し数字に強くならなければ。」「こんなどんぶり経営じゃダメだから、決算書くらいは読める様にならないといけないな。」という気持ちをいつも持っています。

そこで、飲食店のオーナーは苦手な数字と格闘し、簿記や会計の本などを買って勉強するものの、自分のお店に活かすまでには至らないのが現実のようです。

でも、「安心してください」、正確に数字を読める必要はありません!

正確に数字を読める必要はない理由

正確に数字を読める必要はない!  と断言させていただきましたが、その理由は下記になります。

  • 飲食店の数字が正確につかめることと、正しい経営判断ができることは別の能力。
  • 「正確さや細かいこと」にとらわれると、大事なを根幹を見落としてしまう。

これから説明する図を描くだけで、数字が苦手な方でも自分のビジネスのお金の構造がすぐに分かり、「儲けの仕組み」がつかめるようになります。つまり、「いかに利益をあげるか」を、自分で考えられるようになり、「お金が残る」ように変わっていきます。

たった1枚の図を描くだけで、「お金の流れ」と「経営の勘所」が手に取る様にわかります。

お金のブロックパズル(家庭のお金の流れ/家計)

まずは「飲食店のお金の流れ」を確認する前に、イメージしやすい「家庭のお金の流れ」から説明しましょう。実は会社のお金の流れ(会計)と、家のお金の流れ(家計)は、似ているのです。「30代のひとり暮らし、店長の鈴木さん」を例に7つのブロックからなる「お金のブロックパズル」を、ご紹介します。

この図をイメージができて、実際に自分で書けるようになれば、会社のお金の流れ(会計)も一目でわかるようになります。

「お金のブロックパズル作成シート」を手元において一緒に見ていきましょう!

1. 収入

30代のひとり暮らし、店長の鈴木さんはよく「無駄遣いしてないのにお金がない」と言っています。1ヵ月のお金の使い方を一枚の「図」、「お金のブロックパズル」で考えてみると、その理由がわかります。図にしてみるとどんな感じでお金が動くのかイメージがわきます。鈴木さんは、毎月30万円程度の収入(給料)がありました。 お金のブロックパズル - 収入(給料)

2. 税金・社会保険料

それから、国民義務である「税金」です。主に所得税や住民税があります。また、社会保険料は「厚生年金や健康保険料」です。収入の2割~4割の幅で、日本は収入が多いひとほど税金がかかります。 鈴木さんの場合は、収入の2割強で、税金と社会保険料が6万円でした。

お金のブロックパズル - 税金・社会保険料

3. 手取り

そうすると、30万円の収入のうち、実際に自分の手元に入ってくる「手取り」収入は、24万円。飲食店オーナーは、店長の鈴木さんに30万円払っているけれど、鈴木さんは24万円しか受け取っていません。 そのため、飲食店オーナーと鈴木店長に、6万円の「認識のズレ」が生じます。これは、税金や社会保険料が天引きされて、口座に振り込まれるからです。

お金のブロックパズル - 手取り

4. 生活費・貯金

婚活中の鈴木さんは、将来を見据え、月に4万円を銀行で積み立ています。そのため、24万円-4万円(貯金)=20万円が毎月の生活費です。 つまり、自由に使えるのは、月に20万円まで。 貯金の4万円分も合わせて月に24万円以上使ったら「赤字」になります。 「貯金」は人によって、また「目的」によって金額が大きく変わり、将来自分でお店を開く資金だったりします。

お金のブロックパズル - 生活費 / 貯金

5. 日常生活費

日常生活費は、普通に生活をしていく上で、必ずかかるお金です。たとえば、鈴木さんの場合、次のように合計15万円でおさえておけばトントン。でもそれ以上使っていたら、赤字で、「気づいたらお金がない」状態になってしまいます。 赤字の場合は、「生活スタイルの見直し」が必要になります。しかし、日常的に掛かるお金だけに、日々の習慣になっていますので、なかなか改善できない傾向があります。

お金のブロックパズル - 日常生活費

6. 娯楽費

娯楽費は、なくても生きてはいけますが、生活を豊かに楽しくするために必要なお金です。 日常生活費に比べて、節約が可能なお金と言えます。鈴木さんの場合は、お酒や服が好きなので、クレジットカードの明細を後になってみたら、びっくりポンな月もあるようです。

お金のブロックパズル - 娯楽費

7. 貯金

貯金の使い道は、家庭によって様々ですが、何にどれだけ使うのかが明確でなければ、貯金も貯まりません。「今は結婚式費用を貯めるので、趣味のお金は減らす」「趣味にお金はかけるけど、弁当持参で食費を減らす」と決めていれば、お金のトラブルは避けられます。

お金のブロックパズル - 貯金

自分のお金のブロックパズル(家庭のお金の流れ/家計)を作ってみよう

自分のお金について、何が入って、何につかっているのか。下記シートをダウンロードして確認してみましょう。

今回のポイント

いかがでしたでしょうか? たった1枚で手元に「お金が残る」ブロックパズル第1回は、「飲食店のお金の流れ」を確認する前に、イメージしやすい「家庭のお金の流れ」のブロックパズルについて、お伝えさせて頂きました。

家庭のブロックパズルの要点は下記2つとなります。

  • 「手取り」と「生活費」のバランスを考えることが大切!

    ※ 「手取り」が多い人であっても、生活費が多くて、将来のための貯金が無い人もいます。

  • 使っていい「娯楽費」は、「手取り」のブロックの大きさに、左右される!

第2回では、飲食店にフォーカスした「お金のブロックパズル」について記載します。 実は、「飲食店のお金の流れ」は、この「家庭のお金の流れ」と同じなのです。 お金の構造がしっかり分かれば、「儲けの仕組み」が、手に入ります。お楽しみに!

※参考文献
  • 和仁達也「超★ドンブリ経営のすすめ」(ダイヤモンド社)
  • 和仁達也「世界一受けたいお金の授業」(三笠書房)