抹茶スイーツは外国人に人気?美しい抹茶スイーツにこだわる理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
抹茶セット

訪日外国人旅行客の数は、近年増加の一途をたどっています。2000年には476万人だったのが、2013年には1000万人を超え、2016年には2000万人を超えました。東京オリンピックの年には、その倍の4000万人に達すると見られています。

外国人旅行客の増加とともに、「爆買い」という言葉も流行しました。炊飯器やウォシュレットなどの家電商品、薬やお化粧品、装身具などを爆買いしてくれる外国人旅行客のために、日本のデパートやドラッグストアはさまざまなニーズに応えるべく対応を重ねています。

そのことは、飲食店にとっても同じであると言えるでしょう。そのため、外国人に人気の抹茶製品を飲食店で取り入れることは、外国人旅行客を集客するためにも重要なこととなります。しかし、抹茶人気は何も外国人観光客の間だけではありません。

そこで今回は、カフェや居酒屋などで取り入れるべき抹茶スイーツが人気の理由やメリットについてご紹介いたします。

抹茶スイーツが人気の理由

抹茶のカップケーキ

低カロリーでバランス良く栄養素を摂れる日本食は、世界中で人気です。日本人の多くが、年齢を重ねても太り過ぎている人が少ないという事実からも、日本食の優秀さを外国人も認めています。

中でも、ビタミンAやビタミンE、葉酸、ポリフェノール、鉄分が豊富に含まれている抹茶は、お茶としてだけでなく、スイーツなどにアレンジしてもとても美味しく、そしてヘルシーな食べ物です。

抹茶スイーツがここまで人気になった理由は、大きく3つ考えられます。一つ目は、日本人なら誰もが慣れ親しんだ日本茶の美味しさであるということ。二つ目は、先にもご紹介した通りヘルシーであるということ。そして3つ目が緑色という色の美しさにあるとされます。

最近ではインスタ映えするということで、日本の若い女性たちの間でも抹茶スイーツが空前の大ブームであると言ってもいいでしょう。また、外国人旅行客の間で抹茶スイーツが大人気の理由としては、ヘルシーさや美味しさ、見た目の美しさに加え、日本を代表する味だということ。そして、日本を代表する抹茶を一度は食べてみたい、そのような抹茶をお土産に持って帰ると喜ばれるということが上げられます。

お寿司など、日本を代表するものは他にもたくさんありますが、生ものは持って帰ることが難しいものです。その点、抹茶スイーツは生菓子でなければ日持ちもするので、お土産としてちょうどいいのです。

抹茶スイーツを取り入れるメリット

抹茶味のわらび餅

自分のお店に抹茶スイーツを取り入れるからには、メリットが何なのかについてはっきりさせておかなければいけません。ただ、「ブームみたいだから」という理由だけでは、メニュー開発の際のコンセプトも曖昧になりかねません。

抹茶スイーツは、女性の間で以前から根強い人気を誇ってきました。抹茶の苦みと甘みがマッチして、ほろにがさと甘さが共存した味が受けていました。抹茶は洋風スイーツ、和風スイーツ、どちらにもアレンジすることができます。日本茶に慣れている日本人には、小さなお子さんからお年寄りまで、誰にでも喜ばれます。また、抹茶に親しみのない外国人へは、日本の特性をアピールできる絶好の食材になります。これから東京オリンピックに向けて、関東一園だけでなく日本中で、ますます外国人観光客が増えてくることでしょう。欧米人に限らず、外国人は自国で口にすることができるものではなく、日本に来たからには日本独特のものを食したいと思っているものなのです。よって、抹茶スイーツを取り入れない手はありません。

また、前章でお話ししたとおり、緑色の抹茶スイーツはインスタ映えします。ケーキやアイスクリーム、フルーツなど、スイーツに使われる食材に緑のものはそう多くありません。使うとすれば、ミントの葉を添えたりするくらいです。そのため、抹茶スイーツの緑は緑というだけでとても美しく見え、非常にインパクトがあります。抹茶の緑に加え白いクリーム、赤いイチゴ、茶色のチョコレートなど、アレンジの仕方ひとつでとてもゴージャスな見栄えが完成します。

抹茶スイーツを考えよう!居酒屋編

抹茶のアイスクリーム

居酒屋で抹茶スイーツを提供する場合のメニューについて考えてみましょう。スイーツ好きの女子などの間では、デザートとしてだけでなく、食事の合間にでも甘いものを食べるという人もいるようです。

ただし、居酒屋ではお酒と食事をいただいた後に、デザートとして甘いものを注文するパターンが多いとされます。そういうときには、どういった抹茶スイーツをお客様が食べたいのかについて考えましょう。たとえば、お酒を飲んだ後に甘いものを食べたくなった経験はないでしょうか?また、お酒を飲んだ帰り道、ラーメンを食べに行くという話しもよく聞きます。

こうした現象にはちゃんとした理由があるのです。人間はアルコールを分解するとき、肝臓はフル回転しています。このとき、肝臓は体の中の糖分を消費しています。すると、私たちはそれを補おうとして甘いものや炭水化物を摂りたくなるのです。また、女性は日頃ダイエットのために甘いものを控えている人も少なからずいます。しかし、お酒を飲むと気持ちがリラックスしてしまい、「まっいいか!」と甘いものを食べる方向へ働き、甘いものを注文したくなるということもありえます。居酒屋などお酒を提供する場でも、スイーツなどデザートメニューを充実させることが大切だということが、これでおわかりいただけると思います。

何より重要なことは、人気の抹茶スイーツの中でも、居酒屋に適したものを考えなければいけないということです。居酒屋では大人数で飲んだり食べたりというシチュエーションが多いものです。お酒を飲んで話をしていると気分も高揚し、お茶を飲みながらゆっくりスイーツをいただくということはしないものです。

食事もしっかり摂れる居酒屋では、スイーツも喉越しの良いものが受けます。喉越しの良いスイーツといえば、アイスクリームやゼリー、プリンやムース、そしてフルーツを使ったものになります。それらをすべて合わせたようなパフェにすると、見た目も豪華で喜ばれます。抹茶アイスとあんこ、白玉で和風三昧にしても良いでしょう。

居酒屋スイーツに向かないのは、クッキーやマカロン、タルトやドーナツなどです。クッキーやマカロン、タルトは水分が少なく喉越しが良くないということと、食事の後に油で揚げたドーナツは女性が避ける傾向があるからです。

抹茶スイーツを考えよう!カフェ編

抹茶のケーキ

居酒屋メニューでの抹茶スイーツは、喉越しが良いものが向いています。では、カフェではどうでしょうか?

居酒屋ではお茶を飲みながらスイーツをゆっくり食べるということはあまりしませんが、カフェは違います。「カフェ」というからには、お茶をゆっくりいただく場であるということです。そのため、お茶に合ったスイーツということで、クッキーやタルトなどもとても喜ばれるメニューになります。

もちろん、アイスクリームやパフェなど、カフェメニューの定番とされるスイーツはどんなものでも抹茶を活かすことができます。また、抹茶ラテなどの抹茶を使ったドリンクも、カフェなら人気メニューとなるでしょう。日本を代表する抹茶製品は、外国人観光客にも日本人にも大人気となっています。その中でも、緑の見た目が美しくフォトジェニックな抹茶スイーツにこだわらない理由はありません。

抹茶スイーツは見た目にもこだわろう!

抹茶白玉スイーツ

抹茶スイーツは、見た目にも十分にこだわりましょう。抹茶スイーツは緑色が美しいとご紹介しましたが、緑は他の色と組み合わされると、さらに美しさが増します。

抹茶スイーツのアレンジの仕方は、思いのほか難しくありません。なぜなら、緑色というのは花なら葉っぱの部分にあたります。つまり、赤や黄、青、白など、他の色を加えただけで華が出るのです。

また、「和食は目でもいただく」と言われるほど、美しさを大切にする料理です。よって、抹茶スイーツにもわびさびを意識したりゴージャスにするなどして、見た目にこだわりましょう。この時、器やカトラリーナプキンをはじめとした小物にまでこだわることで、アレンジの仕方の幅を広げ、美しく仕上げたいものです。細部にまでこだわりぬいた手先の器用な日本人が作る美しい抹茶スイーツは、外国人観光客にもきっと喜ばれるはずです。

まとめ

抹茶のロールケーキ

いかがでしょうか?

外国人だけでなく、日本人にも人気の抹茶スイーツ。この記事を最後までお読みの皆様は、抹茶スイーツにこだわる理由をお分かりいただけたかと思います。お客様の食べるシチュエーションを考え、お店にぴったりの抹茶スイーツメニューを考えましょう。見た目も美しい抹茶スイーツで、話題店の仲間入りを果たしましょう!

カフェに溶け込むレジ ユビレジ カフェ導入事例