ロゴデザインで店舗イメージが決まる!?ロゴを考えるポイントとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽しいロゴ制作

この記事をお読みの皆様の飲食店には、店舗オリジナルの「ロゴ」はありますか。

ロゴとはたとえば、スポーツ関連商品を扱う世界的企業であるナイキの特徴的な「チェック」のようなマークや、ユニクロの店頭に掲示されている店名などのことを指します。つまり、世の中にはロゴがあふれているのです。ロゴが巷に溢れているのには、しっかりとした理由があります。それは、ロゴがあることで大きなメリットを享受できるからです。仮に、規模の小さな飲食チェーンや個人店であっても、ロゴを開発し使っていくメリットはあるのです。

そこで今回は、ロゴの重要性やロゴを考えるポイント、安くつくる方法をご紹介していきます。

ロゴとは何か?

ロゴ制作のための会議

そもそも、「ロゴ」とは何なのでしょうか。

  1. シンボルマーク
    「シンボルマーク」とは、ある団体、ある家系、ある運動を表すマークのことを言います。シンボルマークは、文字ではなく団体や個人の持っているイメージや目指す方向を図案化し、表現したものです。いわゆる、日本の「家紋」もシンボルマークに入ります。
  2. ロゴタイプ
    文字を明朝体やゴシック体ではなく、デザイン化したり装飾化したりしたものをロゴタイプと言います。多くの企業では、自社の社名をロゴタイプにして製品に掲示しています。ユニクロや牛角に使われている文字は、すべてロゴタイプとなります。
  3. ロゴマーク
    「ロゴタイプ」と「シンボルマーク」の2つを合わせたものを、「ロゴマーク」といいます。

一般的に「ロゴ」と言う場合は、この3つのうちのいずれかを指します。ですから、店舗用にロゴを開発するとしても、どのタイプのロゴにするのかを決めなければなりません。もちろん、3つとも作ってもよいでしょう。

飲食店がロゴをつくる理由

飲食店のブランディング

なぜ、飲食店がロゴを開発したほうがよいのでしょうか。その理由を明らかにするキーワードは、「ブランディング」です。

ブランディングとは?

ブランディングとは、店舗を「ブランド化する」ということです。ブランド化とは簡単に言えば、「商品、企業、店のことを名前を聞いただけで、誰でも一定のイメージが湧くようにすること」です。

たとえば、ルイ・ヴィトンと言えば高級で作りのしっかりした皮製品というイメージが湧きます。iPhoneでお馴染みのアップルと言えば、スタイリッシュなIT商品のイメージを多くの人に想起させます。例として挙げた2社のように、強いイメージを持っている商品、企業、店のことを「強いブランド力を持っている」と言えるでしょう。

こうしたブランディングは、何も大企業だけができることではありません。仮に、規模の小さな飲食店であっても、ブランディングは十分に実現できるでしょう。

なぜブランディングが必要なのか?

なぜブランディングが必要なのでしょうか。それには、以下のような理由があります。

安売り競争に巻き込ませない

日本におけるデフレ経済は当分続くと予想されるため、消費者の可処分所得は減り続けることが予想されます。そうなると、外食費に使うお金もどんどん目減りしていくかもしれません。そうなってしまった時、消費者は飲食店を選択する基準として、料理の美味しさではなく価格に重きを置くようになります。つまり、「凄く美味しい料理が食べられるお店より、ある程度美味しくて安い店で食べよう」と思うのです。そうなると、飲食店は競合店に勝つために、価格を下げざるを得ません。価格競争は利益率の悪化につながります。利益率を改善するために原価を下げると、今度は料理の質を落とさざる負えなくなり、さらに集客力が下がるという悪循環に陥ります。

こうした悪循環に陥らないためにも、「あの店は少し高いけれど、美味しいから行こう」と思ってもらえるような店舗づくりをする必要があります。消費者から値段以外の理由で選ばれるお店になれば、消耗戦の価格競争に巻き込まれず、一定の売上、一定の利益を安定的に出せるようになります。そのためには、QSCをしっかりすることが大前提となります。しかし、店舗の魅力を消費者に思い出してもらうことは容易なことではありません。それでも、星の数ほどある飲食店の中から来店を検討してもらうためには、自分の店の良いところを思い出してもらう必要があります。

この時、ブランディングされているお店であれば、「思い出す」というよりも反射的にお店の魅力を頭に浮かばせることができます。お客様にとっては、それだけで来店を検討する材料となります。このように、ブランディングされたお店なら、価格を安くしなくても選んでもらえる可能性が高まります。ブランディングには、非常に強い店舗への集客効果があるのです。

「ロゴ」を店舗につけるということは、店舗のイメージとロゴを頭に記憶させるためです。つまり、飲食店がロゴを開発しておけば、消費者の頭にロゴのイメージがインプットされ、ロゴを見ただけで瞬間的に「A店だ!行こう!」となるのです。

収益力が高まる

ブランディングされていれば、安売り競争に巻き込まれず、店舗への集客力は維持できます。店舗への集客を維持できれば、デフレ経済の中でも利益率は高いレベルで保てるでしょう。

店舗の選択力が高まる

複数店舗を展開している場合、A支店に行って満足したお客様は、行ったことのないB支店を見かけただけで来店したいと思うことがあります。なぜなら、A支店と同じロゴがB支店にも掲げられていると、A支店と同じように満足できるお店であると判断するからです。つまり、B支店独自に販促活動などをしなくても、A支店と同じロゴを表示しておくだけで集客ができるのです。

以上のような理由から、飲食店でもブランディングのためにロゴを用意する必要があるのです。

ブランディングする方法は?

では、店舗をブランディングするためには何が必要なのでしょうか。まずは、目に見える部分で消費者に訴えることが重要です。具体的には、以下のようなものによって可能になります。

  • ロゴ
  • ユニフォーム
  • メニューブック
  • POP
  • 店舗そのもの

ブランディングの「中身」をインパクトのあるもので充実させることが大切です。たとえば、カフェなのに本格的なフレンチを出すといった意外性や、安いけれど高級店のような雰囲気のお店など、記憶に残るような店舗づくりをすることが重要なのです。そのためには、QSCの全てを一定のレベルでクリアさせたうえで、1番訴えたい部分を強化する必要があります。たとえば、「接客が丁寧なお店」というブランディングをしたい場合は、具体的にどういう接客を行い、それをどうスタッフに実行させるかを戦略化することです。

このように、中身を作って目に見える形にしていくことが、店舗のブランディングに繋がるのです。ロゴは、ブランディングの重要な要素の1つという位置づけです。

ロゴデザイン開発・発注のポイント

一生懸命なデザイナー

飲食店がロゴを作る理由が分かったら、いよいよ店舗のブランディングのためのロゴを開発しましょう。ここでは、ロゴのデザインをどのように開発し、どこにロゴを発注すれば良いのかについてご紹介いたします。

ロゴ開発のポイント

素晴らしいロゴを開発するために、考慮に入れたいポイントについてご説明します。

ブランディングの内容

ロゴの開発で1番重要なことは、ブランディングとして、何をお客様に訴えるのかを決めることです。言い換えるなら、「消費者が他店ではなく自分の店を選ぶ理由」を決めることです。たとえば、「本格的な英国式パブ」を強調するといったことです。訴求するものがないままデザイン会社に依頼をしても、中身のないありふれたロゴしかできないでしょうし、意味がありません。

そこで、まずは以下の項目すべてについてできるだけ細かく、明確な答えを出すようにしましょう。

  • 店舗に来店したお客様を何で満足させるのか
  • ほかの飲食店とどこが明確に違うのか
  • 来店されたお客様が、店舗のことを知り合いに紹介する場合の「ワンフレーズ」をいかにして仕向けるのか

これらが決まったら、いよいよロゴとして「形」にしていく段階に入ります。まずは、店舗で使うロゴを「シンボルマーク」「ロゴタイプ」「ロゴマーク」のどれにするかを決めましょう。飲食店におけるロゴのおすすめは、「ロゴタイプ」か「ロゴマーク」です。

テイストや方向性

ロゴのテイストや方向性を、以下の言葉を参考に決めていきましょう。

  • おしゃれか、実直さか
  • 高級感か、手軽さか
  • スタイリッシュか、可愛いか
  • 女性的か、男性的か
  • 和風か、洋風か
  • シンプルか、デザイン重視か
  • 暖色系か、寒色系か

シンボルを決める

店舗のブランドを託すシンボルを決めると、ロゴマークは決まりやすいでしょう。たとえば、MisterDonuts(ミスタードーナツ)はコックがシンボルです。

ロゴのシンボルを決める際は、以下のようなイメージで選定しましょう。

  • 心を込めておもてなしをする店 → ハートマーク
  • 接客が素晴らしい店 → 笑顔マーク
  • 肉料理にこだわった店 → 肉や牛のマーク
  • 美味しい料理を出す店 → 温かそうな湯気や、フォークやナイフの図案化
  • 料理長がこだわって調理している店 → 料理長の真剣な顔の図案化

デザイン会社を選ぶポイント

ロゴのイメージが確定したら、デザイン会社の選定に移りましょう。デザイン会社に依頼する際には、以下のポイントに注意すべきポイントに注意しましょう。以下の条件に合致する会社を選べば、それほど外れることはないでしょう。

  • デザインのことだけを言わず、ブランディングやコンセプトからヒアリングを始める会社
  • 最低でも10案は出してくれる会社
  • 修正に気軽に応じてくれる会社
  • 縦型のロゴと、横型のロゴの両方を追加費用なしで開発してくれる会社
  • デザイン代は、店舗の月額売上の5%以下が目安
  • 費用は高ければ高いほどいいわけではない

デザイン会社に発注する場合、高ければいいものができるとついつい思いがちですが、実際はそうではありません。デザイン会社を選ぶポイントは、ブランディングまでさかのぼって、ロゴを考えてくれるかどうかということです。それさえできていれば、デザイン台が安い会社だとしても、素晴らしいロゴを開発してくれるでしょう。

たとえば、「ツイート」と呼ばれるメッセージを手軽に投稿できることでお馴染みのツイッター社は、ロゴの開発に15ドル、日本円でおよそ1,500円程度しかかけていません。冒頭で挙げたナイキも、開発費用は35ドルです。

ロゴデザインを安く作るには?

自らロゴをデザイン

ロゴのコンセプトが決まれば、ロゴの製作に入れます。自分でロゴを作る人もいるかもしれませんが、ほとんどの場合は、デザイン会社やデザイナーに頼むことになるでしょう。ロゴの良さは値段では決まらないと書きましたが、その中でも安く開発する方法をご紹介します。

クラウドソーシングを利用する

大手デザイン会社の多くは、社員の人件費が高いとされます。そのため、デザイン料にその費用も上乗せされることがあります。そうなると、結果的にデザイン料は、デザインの質とは関係なく高額になります。したがって、ロゴを依頼するのに1番よいのは、小規模のデザイン会社か個人で仕事をしているフリーのデザイナーとなります。そのためには、「クラウドソーシング」という方法を用いて、多くのデザイナーからロゴ制作に関する提案を受け、その中から決めるという方法がおすすめです。

ただし、実力に関わらず誰でも提案することができますから、あまり出来のよくないデザインも上がってきます。それを防ぐためにも、多少報酬を高めに設定し、できるだけ多くのロゴを集めることが、よいロゴデザインに出会うポイントです。

また、デザインの依頼文を記入する時から、上記でご紹介したブランディング、形としてのテイストと方向性を明示しましょう。このロゴコンセプトを曖昧なまま募集してしまうと、ピンとこないものしか集まりません。

自分で開発する

お金をかけないでロゴを開発することも可能です。インターネット上には、「ロゴジェネレーター」という、ロゴ開発のアプリを無料で提供しているサイトがたくさんあります。

ロゴジェネレーターには、下記のようなメリットとデメリットがあります。それをよく理解したうえで利用しましょう。

メリット

  • 無料
  • たくさんのサンプルから、目指す方向性と似ているものを選べる

デメリット

  • ほどほどのセンスのものしかできない
  • 既視感のあるロゴが出てくる可能性もある
  • 細かい修正はできない

代表的なロゴジェネレーターを、以下に挙げておきます。

Cool Text
テンプレートを選んで文字を入力し、フォントや色を設定することでロゴができあがります。できあがったものをダウンロードする時も、会員登録などは不要なので手軽です。

DesignEvo
デザインのテンプレートは、可愛い系からクラシック系まで多彩です。フォントも非常に多いので、よいロゴデザインが開発できる可能性が高いでしょう。無料ですが、会員登録が必要となります。

LOGASTER
自分がどのビジネスを経営しているかでロゴのデザインを選べます。飲食店もありますので、飲食店らしいロゴが開発できます。

まとめ

より良いロゴデザインへの道

いかがでしょうか?

ロゴをきちんと開発すれば、店舗の競争力と集客力を上げ、持続的に安定した売上と利益の源泉になることをお分かりいただけたかと思います。

ロゴを開発するためのポイントに留意しながら、よいブランディングとよいロゴを開発しましょう。