個室カフェのメリット・デメリットを考えてみよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おしゃれな個室

カフェをオープンするなら、個室の有無について検討してみましょう。今回は、個室のあるカフェが人気の理由や個室にする場合のポイント、参考になる店舗などをご紹介します。個室にすることでどんなメリット・デメリットがあるのか、しっかり考えながらお店の構築をしていきましょう。

個室のあるカフェが人気の理由

スタイリッシュな個室

最近多くなってきた個室カフェ。そもそも個室である理由はあるのでしょうか?また、なぜいま個室が人気なのでしょうか?個室カフェが人気の理由を考えてみました。

食事や雰囲気を邪魔されない

デートや女子会、プチ同窓会などの大切な時間に、他のお客様がどうしても気になってしまうという人は、個室カフェを選ぶでしょう。静かに食事や会話を楽しみたいとともに、雰囲気も味わいたいというシチュエーションや考えは誰にでもあるのではないでしょうか。

子どもがいる場合、周囲に迷惑をかけずにすむ

小さな子供がいる場合は、周囲に迷惑をかけたくないという配慮から、個室カフェを選ぶことが多いと言えます。特にママ会などはランチタイムでしか予定を合わせられないことが多いため、個室カフェは重宝されます。

打ち合わせの場としても使える

仕事で簡単な打ち合わせをしたいときにも、個室カフェを使用する場合があります。他人に聞かれたくない秘密事項を話したいときに、個室であればある程度の防音効果があるため、使用されるでしょう。また、書類を多く広げるときにも個室が便利でしょう。

個人開業でも十分に大手カフェと戦える

お店側の視点からすると、個人開業のカフェではコーヒーが美味しかったり、雰囲気が良いだけでは不利な点も多いもの。そのため、コンセプトカフェにしたりコラボカフェにする、個室カフェにするなどの工夫が必要になるのです。多様なカフェのあり方が、人気に繋がっているのですね。

個室カフェにする際のポイントとは?

見晴らしの良い個室

せっかく個室カフェにしても、需要を考慮にいれなければ人気が出るかどうかも分かりません。ここではデザインに着目して、個室にした際のポイントをご紹介していきます。

お客様がくつろぐ色合いにする

個室内はお客様がリラックスできる色合いにしましょう。基本的に食欲を増す色は黄色、反対に食欲を抑えてしまう色は青色と言われています。また、落ち着く色として暖色系、冷静になる色として寒色系が挙げられます。そこで、落ち着いて食欲が増す色としてオレンジ色をベースに、お客様がくつろげる色合いにすることをおすすめします。

椅子とテーブルではなく、座敷にする

個室内は椅子とテーブルではなく、座敷でも問題ありません。靴を脱ぐ面倒はありますが、日本人は基本的に土足で家には入らないので、なるべく家の環境と同じような空間を演出することでリラックスできるでしょう。また、お子様がいるお客様からも座敷は重宝されます。

クッションやマットを使い、アットホーム感を演出

座敷にする場合は、座るためのクッション以外に、飾りとしてお洒落なものを並べることも大切です。かわいい部屋やおしゃれな部屋は、特に女性から好まれるでしょう。また、アットホーム感を演出することで、また来たいと思わせるような雰囲気になります。

1部屋ずつのコンセプトを変える

1部屋ごとに部屋の雰囲気を変えてみるという案です。今回はこの部屋だから次はこの部屋に来よう!という、お客様同士の誘い文句を創出できるためおすすめです。また、予約でしか入れないという部屋などを作っておくと、大切な日にはリピートをしてくれる固定客も生まれやすくなるでしょう。

個室カフェにする際の注意点

個室カフェの注意点

個室カフェにする際、注意しなければいけないポイントが3点あります。個室カフェにする際は、メリットとデメリットをよく検討しましょう。

個室にすればするほど初期費用は上がる

当たり前のことですが、個室の数を増やすには、本来いらない壁や柱などを足さなくてはいけない場合があります。そのため、初期費用はどうしてもかさみます。

個室で座敷にした場合の問題がある

寒い地域における座敷タイプの個室カフェの場合ですと、床暖房が欠かせないということもあるでしょう。その場合、床暖房を設置するのにも、その後の運営にも費用がかかることになります。床暖房の工事は少し特殊なため、工事費も思いのほか高い場合があるでしょう。

個室をつくる位置が指定できないパターンもある

もともとある柱の位置の関係などによって、思った通りの場所に個室がつくれないという可能性もあります。どうしても希望の位置につくりたい場合、大きな工事になることもあるでしょう。

お店の回転率が下がる

個室でくつろげる空間を提供する代わりに、お客様の滞在時間は長くなります。利益を1番に考えるのなら、個室カフェはあまり良い考えとは言えません。

人気の個室カフェを参考にしてみよう!

おしゃれな個室カフェ

個室カフェをオープンするなら、まずは実際の店舗に足を運んでみることを強くおすすめします。なぜなら、お客様の目線で利用することによって、経営者には見えてこない部分が見えることもあるからです。

今回は、東京にある個室カフェのおすすめ店をいくつかご紹介していきます。

Aloha Amigo harajuku

昼はカフェ、夜はBARという2つの顔を持つカフェです。個室だけでなく、オープンテラスなどの開放感がある席もあるので、カフェを開業する際はトータルで参考となる部分が多いのではないでしょうか。

住所:東京都渋谷区神宮前5-16-13 SIX HARAJUKU TERRACE
営業時間:11:30~23:00
定休日:無休
席数:135席
URL:http://harajuku.aloha-amigo.com/

All Day Dining 紗灯

東京都心から少し離れた立川市のホテルの中にあるカフェ。ランチ、ティータイム、ディナーと時間ごとにメニューを分けているという点がポイントです。客層が掴みにくいカフェだからこそ、時間分けで多くの客層をゲットできているのかもしれません。

住所:東京都立川市錦町1-12-1 ホテル日航立川東京
営業時間:7:00~22:00
定休日:無休
座席:86席
URL:https://hotelnikko-tachikawatokyo.jp/restaurant/

まとめ

木漏れ日のあたる個室カフェ

いかがでしょうか?

個室のあるカフェはたくさんのメリットがあり、今後多くなっていくことが予想されます。しかし、店舗側からの視点で見ると、メリットばかりではなさそうです。そのため、個室カフェにするメリット・デメリットを考えながら、どんなお店にするのかを1度しっかりと考えてみることをおすすめします。