勤怠管理は重要!便利な勤怠管理システムを徹底比較しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電卓を使う女性

勤怠は労務管理や給料にも大きく関わってくるため、しっかりと管理をしておく必要があります。しかし、パートやアルバイトを多く雇い、シフト制を採用することも多い飲食店では、勤怠管理をしっかり行う必要があると分かってはいるものの、勤怠管理は非常に手間がかかる作業であるため二の足を踏んでしまいがちです。

そこで今回は、勤怠管理を行う重要性や勤怠管理を行う便利な勤怠管理サービスについてご紹介します。

勤怠管理ってなにをするの?

チャートを見つめる女性

勤怠管理という言葉を知ってはいても、勤怠管理について詳しく知らないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?そこでここでは、勤怠管理の概要について簡単にご紹介させていただきます。「勤怠」というのは出退勤や休憩時間などを含めた出勤状況を表しています。勤怠管理とは、どれだけ残業をしていて休みをどれだけ取っているのかといった、出退勤の管理を行うことを言います。使用者が出退勤の管理を行うことで、労働者の意欲ややりがいをもって働いてもらうことに大きく繋がります。このような勤怠管理がどうして必要なのかについて、下記でご紹介いたします。

勤怠管理が必要な理由

書類に目を通す女性

勤怠管理とは、労働者の給与計算に直接関わってくる重要なものです。そのため、勤怠管理は社員がどれだけの労働をしているのか、残業・深夜労働はどのくらいあったのか、有休をしっかり取得できているのかなどを管理します。こうしてしっかりと管理しておけば、法律で規定されている労働基準法に違反する労働をさせていないかなど、一目瞭然でわかります。過重労働が問題視されることも多い飲食業界では、しっかりと法律を守った労働をさせている証を勤怠管理によって記録しておくことがなにより必要となります。なぜなら、労働基準法を遵守しているということは、法律や人手不足という問題から企業・店舗を守ることにつながるからです。

また、従業員にとっても勤怠管理は必要なものとなります。アルバイトやパート従業員が多い飲食店では、働いた時間に応じて給与が支払われるようになっています。最近では勤怠管理サービスによって、働いた時間に換算した給与がPCに表示されるようになっているものもあります。働いた時間に応じた給与が分かることで、働くことに対するモチベーションが向上するとされます。勤怠管理は、従業員のやる気を維持・向上するためにも必要なことなのです。

勤怠管理システム比較!

スマートフォンから浮き出る人形

すべての従業員の勤怠を管理するのは容易なことではありません。しかし近年では、従業員の人数に関係なく勤怠管理を簡単に行える勤怠管理システムが登場しています。勤怠管理システムでは出退勤を記録するだけに留まらず、忙しい経営者に変わり労働時間や残業時間の計算もしてくれるのです。

今回は、そんな勤怠管理システムをいくつか比較しながらご紹介していきます。

サービス 無料トライアル期間 初期費用 月額費用 給与連携 打刻方法
ジョブカン勤怠管理 60日間 0円 200円/1ユーザー MFクラウド給与、クラウド給与計算ソフトfreeeなど他多数 ICカード打刻、PCタブレット打刻など他多数
follow スマートタッチ 60日間 0円 200円/1ユーザー 給与奉行、PCA給与、弥生給与など他多数 ICカード打刻、PCタブレット打刻、スマートフォン打刻
KING OF TIME 30日間 0円 300円/1ユーザー MFクラウド給与、クラウド給与計算ソフトfreee、弥生給与など他多数 ICカード打刻、モバイルGPS打刻、PCタブレット打刻
jinjer勤怠管理システム 30日間 0円 200円/1ユーザー 各社給与システムとのCSV出力連携 ICカード打刻、モバイルGPS打刻、PCタブレット打刻
Zoho ピープル 15日間 0円 220円/1ユーザー Web・モバイル打刻

これらの勤怠管理システムは、それぞれにアピールポイントが異なりますので、お店の状況と照らし合わせ、もっとも適したものを導入するようにしましょう。

順番に各サービスの特徴をご紹介していきます。

ジョブカン勤怠管理

月額200円/1ユーザーで、シフト管理や給与計算を自動的に行ってくれるサービスです。無料トライアル期間が60日間となっていて、とても便利となっています。

follow スマートタッチ

こちらも「ジョブカン勤怠管理」と同様に、200円/1ユーザーで60日間の無料トライアルを利用することが出来ます。

KING OF TIME

こちらは上記でご紹介した2つとは違い、300円/1ユーザーで無料トライアルが30日間となっています。リアルタイムで管理を行ってくれるので非常に便利なサービスとなっています。

jinjer勤怠管理システム

月額200円/1ユーザーで、30日間の無料トライアルがあります。こちらはjinjerのその他のサービスや、ChatWork(チャットワーク)などとも連携を行っている便利なシステムとなっています。

Zoho ピープル

Zoho ピープルは、220円/1ユーザーで無料トライアルが15日間となっています。タブレットなどから勤怠情報を確認することができます。使用する会社に合わせたカスタマイズを施せるため、実に柔軟なサービスとなっています。

勤怠管理システム導入のポイント

給与システム

勤怠管理システムは、煩わしい作業を代わりに行ってくれる大変便利なものです。しかし、初期設定を会社の規定にあわせて設定しなければ、集計データに不具合がでてしまうことになります。そのため、勤怠管理システムを導入する場合は、初期設定を会社の規定に合わせておきましょう。また、勤怠管理システムを導入するなら、給与計算システムとも連動させることも考えましょう。給与計算システムと連動できれば、勤怠情報をもとに自動で給与計算を行えるため、さらなる作業時間の削減が見込めます。

勤怠管理システムでの出退勤の打刻方法は、ICカードでタッチしたりスマホから入力したりと、電子化されているものが多く見受けられます。そのため、打刻忘れをしてしまった場合はどう訂正をするか、申告方法をどうするかなど、あらかじめルール化しておく必要があります。勤怠管理システムは不正防止機能を設けている場合が多いとされますが、従業員と使用者お互いの信頼のためにも、明確にしておくことをおすすめします。

まとめ

膨大な書類に悩む男性

いかがでしょうか?

従業員を雇用するにあたり避けられない勤怠管理。勤怠管理をぐっと便利にする勤怠管理システムを使えば、勤怠管理に留まらない部分を効率化できるでしょう。働く従業員も、管理する経営者もストレスなく勤怠管理をしていくためにも、自分の会社や店舗に合ったシステムを取り入れるようにしましょう。

便利なシステムをどんどん活用し、本業である店舗経営へ還元することで売上・利益アップをしていってください。