女子会ランチが人気!?女子会に選ばれるお店を目指して集客UP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
幸せな女子会

女性だけが集まって本音トークや恋バナで盛り上がる女子会。「女子会」という言葉が使われるようになったのは、大手居酒屋チェーン店が女性グループを対象とした飲み放題プランに「〇〇女子会」と名づけたのが始まりとされています。そのプランが成功したのを機に、レストランやカフェ、ファミレスなどでも経営戦略として女子会を取り入れるところが多くなりました。

そこで今回は、ふつうの居酒屋メニューと女子会メニューはどのように違うのか、演出はどのようにすれば効果的かなど、女子会ランチで集客率をアップするためのポイントをご紹介します。

女子会ランチが人気なワケ

鍋を嗜む女性達

男性抜きで飲んだり食べたりしながらおしゃべりに花を咲かせる女子会は、働く女性や育児中のママさんにとって最高のリフレッシュ法です。女子会は昔の井戸端会議の延長だとも言われますが、女性のライフスタイルが多様化するにつれ、女子会の場所もレストランや居酒屋、カフェ、ファミレス、パーティールーム、カラオケなどで開かれるようになりました。

女性の場合は、夜遅くまで家を空けるわけにいかないという人が多いため、自然とランチタイムに集まることになります。それに、ランチはディナーよりリーズナブルな価格で楽しめることも人気の理由です。

年代やメンバーの顔ぶれ、会場の規模によって予算は異なりますが、平均すると30代前半までは1人当たり3,000円前後、30代後半以上は5,000円前後というのが一般的です。

出席者は5~10人程度がもっとも多く、次いで2~3人程度と、比較的小人数で行われています。女子会に参加する頻度は年に6~7回という人が最多で、老若を問わず、女性にとっては今や女子会が恒例イベントとして定着していることがわかります。

女子会ランチに人気なお店とは?

選ばれるレストランの外観

会場としてよく利用される業態別の店舗と、それぞれの特徴をあげてみましょう。

レストラン

会場を選ぶときにもっとも重視する点は、「料理の内容」です。一番人気は料理がおいしくて気軽に入れるカジュアルレストランですが、ドレスアップが必要な一流レストランでプチ贅沢を楽しむセレブ女子会もよく見られます。

居酒屋

夜の営業だけでなく、昼の11~14時ごろまでランチ営業をしている居酒屋も、女子会に利用されるケースが増えています。居酒屋のメリットは、前夜に使い切れなかった高級食材をランチ用に調理して、お手頃価格で提供するお店が多いということです。女子会や子連れママさん向けに個室を用意している居酒屋も少なくありません。

カフェ

飲み物と軽食だけのカフェは、おしゃれな雰囲気を好む少人数の女子会に適しています。都会の喧騒を忘れさせる隠れ家的なお店もあります。カフェのオーナーにはこだわりの強い人が多く、コーヒーにしてもスイーツにしても一味違ったテイストを楽しむことができ、低予算で非日常的なひと時を過ごすことができると人気があります。

ファミリーレストラン

女子会ランチの場合、2時間程度でお開きになるケースが多いとされますが、それ以上女子会を続けたいというグループに適しています。もちろん限度はありますが、大手チェーン店で席数の多いお店なら、4時間程度までは常識の範囲内と見てくれるところが多いようです。メニューが豊富でドリンクバーがついているので、ゆっくり会話を楽しむことができる点がファミレス女子会のメリットです。

女子会メニューに欠かせないものは?

盛り上がる女子会

女子会に「飲み放題」「食べ放題」といった特典は不可欠です。ランチでもビールやスパークリングワインの飲み放題はつきもので、料理では新鮮サラダの食べ放題などが定番です。

健康・美容志向の高い人たちには「ヘルシー」「低カロリー」「アンチエイジング」「コラーゲン」などのフレーズも欠かせません。野菜はできればオーガニック(有機栽培)がおすすめです。オーガニック野菜は化学肥料を使わずに自然の恵みを活かした作物なので、一般の野菜よりもおいしくて栄養価も豊富です。

女子会はただ集まるだけでなく、メンバーの誕生祝いとか記念日といったテーマがある場合が多いものです。予約を受ける際にそうした点も聞き出して、サプライズを用意しておくのも効果的です。サプライズといっても特別な品物を用意する必要はなく、誕生日ならそれにふさわしい料理を一品添えるといった、ちょっとした心づかいで喜んでもらえます。

当日は予約席に「〇〇様 お待ちしておりました。どうぞごゆっくりお楽しみください」のように書いたメッセージカードを置いておき、歓待の心を示すことも忘れないようにしましょう。

女子会おすすめ店舗になるためには?

彩り豊かなフランス料理

お客様が女子会会場を選ぶ際に参考にするのは、インスタグラムやフェイスブックなど、SNSにあげられたお店の写真というケースが圧倒的に多くなっています。特に若い女性達の間では、実際にその店に行った人の口コミを見ることができるSNSの特徴によって、いちばん信頼できる情報だと考えている方も多いようです。

このような状況下で集客率を上げるには、いかに料理をおいしそうに見せるか、そして、SNS映えする盛りつけをするかが重要になります。以下にそのためのコツをあげてみましょう。

1. 食器は料理を引き立てるものを

食器は料理の引き立て役です。原色に近い鮮やかな料理には白いお皿を、淡い色の料理には黒いお皿をというように、料理とお皿を対比させると食材の色をきれいに見せることができます。茶系の地味な料理には同系色のシックな食器にすると逆にインパクトがあり、おしゃれな感じに仕上がります。食器の形状も円、四角、楕円、変形とバリエーションをもたせると、より豪華な雰囲気になります。

2. 彩り豊かに

和食の世界では、「青・黄・赤・白・黒」の5色が盛り付けの基本色といわれています。青は癒しや安心感、黄と赤は食欲増進、白は清潔感、黒は重厚感を与える色です。青(緑)や黄は緑黄色野菜、白は淡色野菜や白身の魚、赤は肉や赤身の魚、黒は黒豆や海藻というように、それぞれ旬の食材を使って彩りよく盛り付けると見映えがよくなるだけでなく、栄養のバランスを整えることもできます。

3. お皿の余白を生かす

フランス料理では白い大きめのお皿をよく使います。これは余白を大切にするからであり、お皿の30~50%は余白になるように盛り付けるのがポイントです。ソースも料理の上からかけるのではなく、余白部分に添えると華やかさが際立ちます。

4. 収納ボックスやアメニティにも気配りを

料理だけでなく、居心地のよさをアピールすることも重要です。女性はバッグを持っているのがふつうですから、バッグを椅子の下に置けるように収納ボックスを用意しておきます。

また、メイク直し用のコットンや綿棒などのアメニティグッズもトイレに常備しておくといいでしょう。トイレ内は衛生管理を徹底しておく必要があります。料理がどんなに豪華でおいしそうでも、トイレが汚れていたのでは台無しです。とくにトイレに関する情報は集客に大きく影響します。写真に撮られるかどうかは別として、常に快適な状態をキープしておくことが大切です。

まとめ

女子会を楽しむ女性

いかがでしょうか?

お客様に気に入ってもらうお店にするには、料理の味や価格だけでなく、トイレがきれい、音楽が心地よいといった付加価値が重要なポイントになります。なかでも女子会に求められるのはワクワクするような非日常的な空間ですから、それに応えられる演出をしてリピーター獲得につなげましょう。