メニュー表で注文数がアップ!?居酒屋のメニュー表作成のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
居酒屋でビールを飲む女性

新規開店し、提供するメニューが決まったあとで、実際にどのようなメニュー表やメニューブックを作ればよいか悩むことがあるという方や、メニュー表を一新したい、今度はどんなメニュー表にしようかと考えている人もいらっしゃるかと思います。

オープン前にデザインの整ったメニューをあらかじめ用意しておくことで、お店のコンセプトや看板メニューなどを的確にお客様に伝えることができ、注文数のアップにもつなげることができます。来店したお客様に、自身のお店を気に入ってもらうためにも、メニューのデザインは工夫して作ることがとても大切になってきます。

では、具体的にメニュー表とはどのように作ったら良いのでしょうか?

メニュー表の役割とは

居酒屋メニュー

メニュー表の役割は多岐にわたります。

スタッフのオペレーションや客単価の向上、お店のコンセプトをお客様に明確に伝えるアイテムとして、非常に重要な役割を果たすのがメニュー表です。メニュー表は、お店のサービス、売り出したい商品などをお客様にダイレクトに伝える第二の看板のようなものです。

メニュー表は、お客様にとってはお店の詳細に触れるためのものでもあります。メニュー表を開いて初めて、どんな料理を提供しているのか、どのくらいの値段で提供しているのかということを具体的に知ることになるのです。そのため、メニュー表は自分のお店のコンセプトをより詳細に伝える役割を持っているといえるのです。お店のコンセプトを伝えることで、お客様はお店のことを知り、お店側としてはお客様にお店自体を紹介する役割も果たしているのです。

また、メニュー表は客単価を決定する役割も果たします。客単価は、メニュー表にどのように商品を載せるか、お客様がどの商品を最初に見るかによって、ある程度コントロールすることが可能なのです。

居酒屋メニュー表の見せ方

メニュー表

メニューブックを自作する際の注意点について見てみましょう。居酒屋のメニュー表は、ドリンクと料理のそれぞれのメニュー表が必要となります。

この時、押さえておきたいポイントは、以下の通りです。

1、看板メニューをはっきり示しているか

看板メニューは、お店のコンセプトの縮図です。お店の看板メニューが何かをはっきり示すだけでも、お客様にお店のコンセプトを伝えることは可能になります。たとえば、海鮮料理を目玉に置いている居酒屋ならば、おすすめの海鮮料理を目立つページに載せているか、などです。

2、お店のコンセプトとデザインが一致しているかどうか

お店のコンセプトとデザインがずれてしまうことには気をつけましょう。自分のお店の雰囲気とメニュー表の雰囲気が一致するように、色使い、ブックの素材、使用する写真などには十分に注意しましょう。

たとえば、上記のような海鮮料理をコンセプトにしているのならば、それにあった色使い、デザインにしなければなりません。肉料理が目玉ならば、また違ってくるでしょう。大衆的な雰囲気を持ち味にしているならば、親しみやすいデザインが良いでしょうし、すこし割烹のような高級感を売りにしたいのであれば、メニュー表の生地やラミネートの種類、文字を綺麗な和文字に印刷するなどといった工夫が必要になるでしょう。

3、値段は妥当か

お店の客単価をコントロールするためには、お客様の視線をある程度こちらの思い通りに動かす必要があります。メインの単価の料理は目立つ位置に、サイドメニューも地味になりすぎないようになど、細やかな配慮を必要とします。

品物の値段が、相場に対して妥当かという事前調査も必要です。同じ料理で同じサービスなら、安いところがいいというのがお客様の心理です。相場よりあえて高い値段設定をするのであれば、食材にこだわっている、希少化価値がある、など、お客様が納得できる説明がメニュー表に記載されているかも、重要になってきます。


これらのことを踏まえたうえで、メニュー表作りに臨みましょう。メニュー表は第二の看板ですから、ただなんとなく作っては、集客にも客単価のアップにもつながりません。

具体的にどのようなデザインを採用するかということも、やはりお店のコンセプト次第になってきます。例えば、おしゃれでカップルや女性客向きの居酒屋であれば、クロス生地で落ち着いた風合いのメニュー表にするとか、鉄板焼きなど男性客も多く客単価も高い場合にはレザーのブック、大学生などがメインで訪れるお店ならば、あえて庶民的なラミネート加工など、メインの客層やお店の雰囲気から総合的に選ぶのがポイントです。

料理の写真を入れて視覚へアピールしよう

刺し身盛り合わせの写真

メニュー表において、料理の写真はお客様への視覚にアピールするのにもってこいのアイテムです。

一つの品メニューに対して1枚の写真だけでなく、様々な角度から撮った写真、美味しそうに加工して見栄えをよくした写真などを厳選しましょう・。適度に大きいサイズで分かりやすくするのがポイントです。例をあげてみます。

例1

牛カルビ大串が目玉商品である店舗の場合、牛カルビ大串が脂の照りまで写っていて実に食欲をそそるような写真を使用しましょう。また、真っ先に注文したくなるように目立つトップの位置に配置しましょう。

 

例2

海鮮と日本酒が売りの和食居酒屋の場合、美しく盛り付けされた刺し身盛り合わせなどの写真を使用しましょう。料理と一緒にさりげなく日本酒も写せば、刺身と一緒に一杯頼みたくるような工夫ができます。

このように、メニューに載せる写真は食材の色や特徴を生かして、盛り付けも綺麗に撮ることが基本なのは言うまでもないでしょう。加えて、撮影時には光を斜め上から当てたり、周辺をぼかして食材が浮き彫りになるような工夫が大切です。

日替わりのメニュー表で新鮮さや限定感をだそう

日替わりメニュー表

客単価とリピート率の向上ために、普段のメニュー表とは別に、日替わりメニュー表も用意しましょう。季節限定の旬の食材を使った日替わり料理を、通常のメニュー表とは別にすることで、新鮮さやお得感を演出するのです。

居酒屋のメニューは定番メニューがあることで、お客様の安心感を得ることと共に、飽きさせないための工夫として、こういった「プラス1枚」の限定メニューは大切です。

まとめ

立てたメニュー表

いかがでしょうか?

メニュー表といえでも、工夫次第で集客や客単価アップ、リピート率の向上と、実に様々な役割を果たしてくれます。是非、自身のお店にあった素敵なメニュー表を作ってください。