飲食店の集客力をUPさせる店舗アプリの魅力

居酒屋

スマホは現代社会において無くてはならない存在になり、あらゆる情報をスマホから取得できるようになりました。

そして、そんなスマホを使った集客ツールの一つといえば「店舗アプリ」です。

いまや多くの飲食店が店舗アプリを導入し、お客様にとってお得なクーポンやスタンプがすぐ発行できるなど、販促や集客力を高めています。

今回は、飲食店の集客力をUPさせる店舗アプリの魅力についてお伝えします。

店舗アプリとは

今や飲食店のみならず様々な業界で導入されている店舗アプリですが、全ての業界に浸透している訳ではなく、どのようなものなのか?理解が進んでいない部分もあります。

店舗アプリというのは、飲食店や小売店など、主になにかを販売している店舗の集客に適しているアプリのことです。また、顧客情報の一元管理もできるため、とても使いやすい効率的なツールと言えます。

そして、アプリというと基本的にはスマートフォンアプリを指しており、お客様がお持ちのスマホにアプリをダウンロードして利用することを前提に設計されています。

数年前までインターネットというとパソコンが主流でしたが、2010年頃からスマホが急速に普及し始め、現在はスマホからのインターネット利用がパソコンを抜きました。このようにスマホが爆発的に普及している背景から、店舗アプリが開発され集客に効果をもたらしています。

これまでお客様にインターネット上で情報をお届けするものとして、登録したお客様に対してのメールマガジンの発行をしたりLINE@を流すというのが主軸でした。しかし、メルマガの開封率は軒並み下がってきており、現在では10~20%ほどと言われています。

店舗アプリにはメルマガの代わりになる機能として「WEBプッシュ通知」というものがあります。これは店舗のお得なキャンペーン情報、クーポンなどを一斉に配信できる機能です。そのWEBプッシュ通知の開封率は30~40%と言われており、メルマガに比べると3~4倍の効果があるとされています。

店舗アプリの活用は、既存の店舗はもちろん新規開業の店舗まで幅広く集客のニーズに応えることが出来そうです。

店舗アプリの主な機能

飲食店にとって新規の集客やリピーターの確保に活用できる店舗アプリですが、できるだけ効率良く使いこなしたいものです。

そんな店舗アプリには、いったいどのような機能があるのでしょうか。

ここでは店舗アプリの主な機能について見ていきましょう。

まず、店舗アプリの主な機能としては、

  • クーポンの発行や配信
  • スタンプ管理
  • ポイント管理
  • WEBプッシュ通知
  • モバイル用CMS
  • お客様とのトーク機能
  • メニュー紹介
  • 顧客管理
  • アナリティクス

となっており、アプリによっては全て含まれているとは限りませんが、上記の機能がメインとなります。

上記の機能について、ここからは細かく見ていきましょう。

クーポンの発行や配信

店舗として集客しやすかったりリピーター獲得につながるクーポン券の発行、配信機能です。

以前のようにクーポンを紙に印刷する必要がなく、その場でクーポン画面を従業員に見せることでクーポンが利用できるというものです。

また、店舗によっては毎週何曜日に配信するなど決めているところもあり、お客様にとってはお得なクーポンが届くので、利用したい気持ちが湧き上がります。

スタンプ管理

これまで多くの店舗ではスタンプカードを配り、いくつかスタンプが溜まったお客様に対して1品サービスや割引などをおこなってきました。

本来おこなってきた紙媒体でのスタンプ提示、捺印などをスマホ画面上からできる機能です。

紙媒体のスタンプカードはかさばりますし、お客様が忘れてしまったら利用できません。しかし、スタンプ管理機能はそのような問題にうまく対処しています。

ポイント管理

上記で説明したスタンプと同様に、ポイントカードを発行している店舗も多くあります。

ポイントが貯まるとお得なサービスや割引を受けられるなど、お客様にとって嬉しいサービスです。

しかし、ポイントカードを忘れてしまうとポイントが付かなかったりお得なサービスを利用できません。店舗アプリでのポイント管理はお客様はもちろん店舗側も助かるシステムと言えるでしょう。

WEBプッシュ通知

WEBプッシュ通知というのは、キャンペーンやお得情報、クーポンなどをスマホやタブレット、パソコンに向けて送信できる機能です。

このような通知の代表格と言えばメルマガでしたが、年々開封率や反応率が低下し、新規顧客の獲得やリピートになかなかつながらない状態でした。

しかし、WEBプッシュ通知はスマホやタブレットの画面上に通知されるので記憶に残りやすく、反応率も高まっています。

モバイル用CMS

CMSというのはWEB上からホームページを更新できるシステムのことで、モバイル用CMSはスマホなどモバイルに特化したものを指します。

店舗アプリに簡易的なホームページを表示させ、店舗の情報や写真を掲載するのもお客様への視覚効果として有効です。

お客様とのトーク機能

これは1to1トークとも呼ばれ、LINEのような簡易チャットをお客様とやり取りできるものです。

お客様からのお問い合わせやご質問にお答えしたり、店舗側として情報発信するときに役立ちます。

メニュー紹介

レギュラーメニューはもちろん期間限定メニューなどを掲載することでお客様の興味を引き、来店率が上がります。

写真なども一緒に掲載することでイメージが湧き、新たなお客様の掘り起こしにもつながります。

顧客管理

店舗アプリを利用したお客様の管理ができ、登録された情報や利用したクーポン、スタンプ、ポイントなど把握することが出来ます。

店舗であれば通常顧客管理をしているものですが、こちらは店舗アプリを利用しているお客様をメインに管理することができます。

アナリティクス

アナリティクスとは様々な分析をする機能のことで、設定した店舗アプリがどのくらい見られているか?訪問されているか?を把握できます。

分析することで必要なこと、不要なものがわかり、より効果的な顧客獲得やリピーター獲得に役立ちます。

店舗アプリを使うメリット

様々な機能があり目的に応じて使い勝手の良い店舗アプリですが、実際に店舗アプリを使うメリットにはどのようなことがあるのでしょうか。

ここでは店舗アプリを使うメリットについて見ていきましょう。

WEBプッシュ通知で情報を確実に届けることが出来る

キャンペーンやお得情報、新商品の案内など、店舗としてできる限りお客様に知って欲しい情報はあるものです。

これまではホームページやメルマガ、チラシなどを活用して周知していましたが、店舗アプリのWEBプッシュ通知であれば確実にお客様に情報を提供することができます。

WEBプッシュ通知はお客様がスマホを操作しているしていないに関係なく、スマホ画面に表示させることができますので、否が応でも自然と目につきます。

これまでとは全く違う情報発信ができるのがメリットの一つと言えるでしょう。

トーク機能でお客様の満足度が上がる

トーク機能がついている店舗アプリであれば、問い合わせや質問など気軽にスタッフと直接やり取りができるので、自然とお客様満足度は高まります。

わざわざ電話をかけなくてもスマホ画面上からサッと問い合わせできるので、お客様の時間を取らずに完結できるのも大きなメリットです。

ポイントやスタンプ付与の手間がかからない

ポイントやスタンプ付与は、通常スタッフの手によりおこなわれるので手間がかかります。

しかし、ポイントやスタンプを店舗アプリで管理し付与すればお客様を待たせることもありません。飲食店のスタッフは細やかな動きを要求されるので、付与の手間が省けるのは大きなメリットと言えるでしょう。

    飲食店におすすめの店舗アプリ5選

    店舗アプリの機能やメリットについて見てきましたが、活用次第でより良い集客が可能となります。

    しかし、店舗アプリにも種類がありますので、自分の店舗に合ったアプリはどれなのか?気になるところでしょう。

    ここでは飲食店におすすめの店舗アプリを5つご紹介しましょう。

    アプスタ

    アプスタは初期費用が0円でスタートでき、アプリのデザインやアイコンなども無料なので、低いコストで導入することができます。また、これまで800以上の制作実績があるので安心して使えます。

    料金は作成したアプリのダウンロード数に応じた従量課金制となっています。

    店舗アプリを導入したいけどコスト面が気になるというのであれば、導入を考えたい店舗アプリです。

    すまっぽん!

    すまっぽん!は飲食店のみならずサロンや官公庁でも利用されている実績ある店舗アプリです。

    また、初期費用無料、月額300円から利用できますので、まずは導入してみたい店舗にはうってつけと言えるでしょう。

    SNS連携から予約まで一元管理ができ、スムーズに利用することができます。

    店舗アプリ

    ストレートな名称がわかりやすい、国内トップクラスの導入数を誇る店舗アプリです。

    運用のサポートプランも充実しており、店舗アプリ活用時のPDCAのアドバイス、レポーティングプランも用意されています。

    料金プランは1~4店舗は月額14.000円からとなっており、導入数が多いほど料金が引き下げられるシステムです。

    UPLink

    音楽配信事業で有名なUSEN社が提供する店舗アプリです。

    スタンプやポイント付与機能がついており、来店や金額利用の動機づけをおこなうのに最適です。

    また、音楽配信事業で得たファン作りのコツなどもコンテンツ創りに活かす取り組みをしています。

    みせめぐ

    こちらの「みせめぐ」は完全無料で利用できる店舗アプリで、細やかな店舗の紹介ページも作成できるのが魅力です。

    また、みせめぐはPOSレジメーカーが提供しているので、集客から売り上げ管理といったトータルでの管理が可能です。

    完全無料であればコストを気にせず様々な集客のためのアプローチが展開できますので、気軽に運用を試みることが可能です。

    まとめ

    店舗側にとってもお客様にとっても便利で使いやすく、今や常識となりつつある店舗アプリ。

    スマホの特徴を活かし、キャンペーンなどのお得情報やスタンプ、ポイントなどを簡単に提供でき、様々な客層へのアプローチが可能になりました。

    店舗アプリはこれからも飲食店にとって集客UPに欠かせないツールになるでしょう。