iPadがレジになる!? 高機能で使いやすいタブレットPOSレジの紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
iPad画面に触れる指

レジといえばよくスーパーで見る重くて大きい機械をイメージしがちですが、今ではアプリをインストールすることでiPadをレジにできるってご存知ですか?スマートフォンやタブレットを使用し慣れている、メインスタッフが若年層の飲食店では、アレルギーなく使用を始めることができるでしょう。

iPadレジはタッチパネルで使いやすく、従来のレジとは違いスペースを取らずに気軽に持ち運べることが大きなポイントです。レジ部分をできるだけ広く確保したいというオーナーの思いにもこたえることができます。ハード面ではスリム化しましたが、利便性や使える機能などのソフト面では従来のレジよりも飛躍的に充実しています。機能を有効活用することで在庫管理や販売戦略にも活かせます。2店舗目、3店舗目の展開を考えている方や、複数店舗を経営しているが管理が大変だという悩みを持っている方に向け、今回は、そのiPadレジの特徴、機能を紹介します。

iPadレジの特徴

たくさんありますが、従来のレジと大きく異なるのは以下の点です。

  • スペースを取らない
  • 持ち運びが可能
  • 導入コスト、運用コストが安い(※プラン、オプションによる)
  • データをクラウド上で管理でき、どこからでもアクセス可能
  • 画面が視認しやすく、操作が簡単
  • リアルタイムで売上の確認ができる
  • 登録メニューの変更などがスムーズにできる
  • スタッフの出退勤など売上以外の管理も可能

このように、いままで時間がかかって手間だった作業を大幅に削減することができます。飲食店を始める際は、まず立上げ1店舗です。店舗が拡大するにつれ、売上管理も大変になり、POSシステムを導入したり、システム連携、変更などコストがかかる場面が増えていきます。iPadレジならば、今後の店舗拡大にも対応が可能なため、コスト面での貢献も大きいでしょう。加えて、クレジットカードの扱いやレシートの発行など、従来のレジで利用できる機能も搭載しています。さらには、勤怠管理などのアプリも出てきており、売上管理のほか人件費管理などの運営管理そのものが、パソコンを開く手間なく管理、確認ができるようになっています。

多様な機能の紹介

アプリにもよりますが、ほとんどのアプリで共通している機能は以下があります

  • クレジット決済

    クレジットカードリーダーを併用することでクレジットカード決済も簡単に導入可能です。

  • 商品管理

    商品情報を瞬時に登録でき、価格も変更可能です。いつまでも夏のメニュー設定になっていたり、商品名が変更できていなかった場合でもすぐ対応できて、商品展開のスピード感を出すことが可能です。また、店舗ごとに管理できるため、売上データなどから店舗によっては商品の金額を変えたり、品数を変えたりといったことができます。

  • 在庫管理

    商品の在庫数がリアルタイムでわかるため在庫の管理が簡単になり、コストカットの指標も管理しやすくなり、仕入の調整や価格の変更など、売上を最大化させるためのツールとして活用できます。棚卸に使っていた時間を大幅に削ることができます。

  • 売上管理

    現在の売上がクラウド管理されているので、リアルタイムの売上集計が可能です。時間帯や、曜日ごとの集計も瞬時に行うことができるので、これまで資料作成に追われていた時間を、データ分析し改善方法を考える時間に回すことができます。閉店前のタイムサービスの開催など店舗運営が活発化できます。

  • 顧客情報管理

    お客様の来店歴や注文いただいた商品、ご利用料金などの管理ができます。予約から来店いただく際には、おもてなしの体制として万全を期すことができ、リピーターの獲得だけでなく、既存のリピーターのさらなる満足度の向上にもつながります。

    このように、一般的なレジではできない機能が多数搭載されています。売上管理は毎日の営業終了後に行う作業ですが、iPadレジであれば簡単に行うことが可能です。数字の管理も自動的にクラウドサービスで共有されるので、自分で記入する手間が省けます。また、権限を与えれば、従業員一人ひとりが売上を含め店舗の運営状況を確認できるため、意識改革にもつながることもあるでしょう。

    一方、アプリによって異なる主な機能は以下です

  • 勤怠管理

    スタッフの出勤、退勤の記録とともに、時給と人件費管理もできます。あまりいい話ではありませんが、閑散期の人件費管理もこれまでよりも容易に行えるでしょう。

  • 発注管理

    取引先ごとにそれぞれ発注方法が違う場合でも、一元管理でき手間なく取引先に合わせた形での発注が可能になります。

  • 座席管理

    店舗の予約管理も行うことができ、それに合わせた残席管理が可能です。繁忙期のダブルブッキング防止や、テーブルの回転数の最適化が容易にできます。また、経験の浅いスタッフでも予約を受けることができるので、予約管理ができるスタッフに代わるまで電話を待たせ電話が切れたなどの機会損失や、お客様を待たせるという接客満足度低下の改善も可能です。

  • 各種ポイントとの提携

    リクルートポイントや楽天ポイントなどとの連携もあり、集客面でのメリットもあります。

    このように、これまでは会計上のツールでしかなかったレジが、営業面や管理面でも活用ができるようになります。1店舗目が成功し、2店舗目とスピード感早く展開していくと、人件費の管理も大変です。50名以上のスタッフをタイムカードや日報で管理している飲食店もいまだに多くあります。課題解決ができるツールとして、iPadレジを活用するのも経営戦略上おススメです。また、複数のソフトやシステムでバラバラに管理している場合も、アプリによっては連携が可能なのですべてを無駄にせずに済むというところも魅力です。

導入費用と月額費用

一般的なPOSレジの導入相場は20万円~30万円が初期費用でかかります。もっとシンプルに、単純にレジとしてだけの機能のものだと数万円というものもありますが、今後の事業拡張などを考えるとやや物足りないところです。iPadレジであれば、ほとんどの場合初期導入費が無料の場合が多いです。アプリによって異なりますが、プラン内容や追加オプションに沿った月額課金制を採用しているレジが多く、月額1万円ほどで利用することができます。店舗の状況に合ったアプリを導入することができるので、初期段階からの利用は非常にメリットがあります。また、ケータリングサービスやイベントへの参加も持ち運びが便利なので容易にでき、販売経路拡大に向けた動きもアクティブにできます。

iPadレジの紹介

それでは、いくつかのiPadレジの紹介をします。

  • Ubiregi(ユビレジ) https://ubiregi.com/

    クレジットカード決済サービスとの連携がいいです。顧客管理も簡単にできますし、その他にも、オーダーエントリーシステム、クラウド会計ソフト、「楽天ポイントカード」など多くのサービスとの連携もできる、世界初のiPad POSレジシステムです。

  • AirREGI(エアレジ) https://airregi.jp/

    クレジットカード決済サービスとの連携がいいです。顧客管理も簡単にでき、既存システムとの連携も可能。

  • スマレジ http://smaregi.jp/

    アプリ機能が豊富で、店舗に合ったカスタマイズが可能。導入後のサポートも幅広く充実しています。

  • Padpos(パドポス) http://www.padpos.jp/

    アンドロイドタブレット専門のシステムです。ポイント管理や在庫の管理などの機能が充実しています。

  • Synka(シンカ) http://info.synka.jp/pos.php

    勤怠管理や、ホームページやブログまで作成できます。

お店の規模・店舗数・用途に合ったレジ選びを

iPadのレジ選びの基準は、使う機能はもちろんお店の規模や店舗数です。アプリによっては1店舗・端末・アカウントごとの値段が異なります。レシートプリンタ・キャッシュドロワなどの機器は動作保証の関係もあり、事前に価格やiPadとの連携方法を調べておくことをおすすめします。