キャッシュレス決済の導入に必要なものは?利用の流れと注意点

小売・飲食

キャッシュレス決済の導入には、顧客離れの防止や、売上管理の労力軽減など、多岐にわたるメリットがあります。これから本格的にキャッシュレス決済を取り入れることを検討中の事業者様も多いのではないでしょうか。キャッシュレス決済を導入する際は、自社に合った決済端末の準備や通信環境整備などが必要です。必要に応じて決済代行会社も活用して、キャッシュレス化を進めましょう。こちらでは、キャッシュレス決済導入時に必要なものや、導入の流れ、注意点などをご紹介します。

キャッシュレス決済の導入に必要なもの

キャッシュレス決済を始める前に、必要な機器や通信環境などについて確かめておきましょう。まずは、決済端末やPOSレジなど、キャッシュレス決済に必要なものについて解説します。

決済端末

キャッシュレス決済には、クレジットカードやデビットカードを読み取る方法のほか、QRコードを読み取る方法、ICカードを読み取る方法など、いくつかの種類があります。決済方法に合わせた端末を用意しましょう。

・クレジットカードで決済をするための端末
クレジットカードを利用するキャッシュレス決済には、カードの情報を読み取るためのカードリーダーが必要になります。主に、レジの横に設置して使用する据え置き型決済端末と、持ち運びが可能なポータブル型決済端末があります。

・電子マネーで決済をするための端末
電子マネーによる支払いは、スマートフォンやICカードなどを用います。スマートフォンを利用する場合、顧客がスマホアプリでバーコードを提示する方法や、店舗側が提示するバーコードを読み取る方法などがあります。ICカードの場合は、端末にかざして情報を読み取る方法が主流です。スマートフォンでもICカードと同様のやり方で決済できることがあります。電子マネー決済を導入するなら、スマートフォンやICカードなどをかざして情報を読み取るための端末が必要です。

また、電子マネーの決済端末のなかにはクレジットカード決済機能を持つマルチ端末もあります。複数の決済事業者と契約する場合、マルチ端末が使えると便利です。

POSレジ

POSとは「Point of sale(販売時点情報管理)」のことです。商品のバーコードを読み込んで、販売情報を蓄積できるレジをPOSレジと呼びます。POSレジを導入すれば、コードを読み取るだけで在庫や売上などのデータも管理できる点がメリットです。複数店舗間のデータ共有も自動で行えます。決済端末とPOSレジを連携させることで、決済情報を登録することも可能となります。効率良くデータを収集・分析し、業務改善に生かすなら、POSレジを導入することがおすすめです。

通信環境

キャッシュレス決済では、決済手続きをする際にインターネット通信が必要になります。決済時には通信費用がかかるため、月額料金を確かめておきましょう。店舗にWi-Fiなどの通信環境がない場合は工事費もかかります。インターネット開設のための工事は、申込みから完了までに時間がかかるケースもあります。キャッシュレス決済導入を決めたら、早めに工事を申し込んでおくことがおすすめです。

キャッシュレス決済を導入する流れ

スナック開業までのステップ

キャッシュレス決済とひとくちに言っても、多彩なサービスが存在しています。店舗の状況や所在する地域の特性なども考慮して、サービスを選びましょう。こちらでは、キャッシュレス決済導入の主な流れをご紹介します。

対応するキャッシュレスサービスを選ぶ

キャッシュレスサービスには豊富な種類があります。すべての決済事業者と契約するのは現実的ではないため、対応するサービスを絞り込む必要があります。消費者獲得のため、できるだけ利用率が高いサービスを選びたいところです。ただ、客層や店舗の立地によって、顧客が使うサービスの種類が異なるケースは多く見られます。全国的に利用者の多いサービスでも、店舗のある地域では利用者数が少ない可能性もあるでしょう。自社のエリア内でしっかりと調査をした上で、対応するキャッシュレスサービスを検討することがおすすめです。

決済事業者・決済代行業者と契約する

キャッシュレス決済の導入時は、決済事業者と直接契約するケースと、決済代行業者を利用するケースがあります。どちらのパターンも異なるメリット・デメリットがあるため、比較して検討しましょう。

・決済サービスを提供している会社と直接契約する
事業者と直接契約する場合は、仲介手数料が不要になります。ただし、利用したいサービスの数だけ契約手続きが必要になるので、導入時の手間がかかります。また、定期的な決済手数料の支払いも、会社別に行わなければなりません。

・決済代行業者を利用する
決済代行業者は、各決済サービスを提供する会社との契約を仲介してくれます。利用したいサービス会社が複数になった場合も、窓口がひとつになるため、一元管理が可能です。

ただし、代行業者への依頼は手数料が発生します。コストを抑えたい場合は直接契約が無難ですが、手続きの手間や負担などを考慮すると、代行を依頼したほうが良いことも。自社の状況を見て、どういった手段をとるかを決めましょう。

キャッシュレス決済に使う機器を用意する

キャッシュレス決済の方法に応じて、決済端末などの必要な機器を用意します。決済代行業者と契約すると端末を選ぶサポートをしてくれることもあるため、契約前に確認してみましょう。

キャッシュレス決済を導入する際の注意点

キャッシュレス決済導入を成功させるためには、導入費用や手数料などの費用面はもちろん、思わぬトラブルが起きたときの備えについても考えておくことがポイントです。各種デメリットを把握した上で対策し、円滑な運用を目指しましょう。

必要な端末の導入コストがかかる

キャッシュレス決済に対応した専用端末を用意するには、相応の費用が生じます。端末の種類によるものの数万円程度かかるケースが多いため、製品ごとに価格を比べてみましょう。

特に高額とされているのは、POSレジと決済端末が一体となった端末です。導入コストが高いことから、規模の大きい店舗に採用されるケースが見られます。

取り入れやすいのは、無線で通信できるポータブル端末です。レジから離れた場所でも使えるため、客席での会計やイベント出店時の支払いなどにも活用できます。

また、スマートフォンやタブレットなどの端末にカードリーダーをつなげて、決済端末とする方法もあります。導入費用を抑えやすいため、小規模事業者にも向いているといえます。通信環境が整っていれば、屋外でも利用可能です。

キャッシュレス決済時に手数料がかかることがある

キャッシュレス決済を導入すると、決済時に手数料が発生することがあります。各サービスによって異なるものの、決済額の数パーセントを決済会社に支払うことが一般的です。店舗の規模や事業内容によっても手数料は変動することがあります。また、決済代行会社を利用する場合は代行会社に手数料を支払います。ランニングコストについても考慮した上で、キャッシュレス化推進の方法を決定しましょう。

予期せぬトラブルが原因で決済サービスが使えなくなることがある

停電や通信障害などのトラブルが発生するとキャッシュレス決済が使用できなくなるケースがあります。不測の事態が発生したときの対応は事前に考えておくことが重要です。現金でも支払えるシステムを残しておく、バックアップ電源を用意しておくなどの対策を講じましょう。

キャッシュレス決済導入前に必要な情報を確かめておくことが大切

キャッシュレス決済を導入してスムーズに運用していくためには、しっかりと事前準備を行うことが大切です。最適な決済サービス事業者を選ぶのはもちろん、利便性の高い決済端末の導入や、不測の事態への備えなども重要です。消費者のニーズを満たしながら自社にとっても有益なサービスを探し、取り入れていきましょう。