飲食店の規模・業態ごとにおすすめレジの紹介と比較。お店に合うレジの選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
レジ、周辺機器の画像

「飲食店の開業を考えているけれど、どのレジを選べばいいかわからない」、「小規模のお店はどの程度の機能で十分なのか知りたい」、「多店舗展開するにはPOSレジがよいのか?」といった声を聞きます。

たしかに、レジは開業するときに初めて購入するわけですから、普段から馴染みがなく悩みどころです。しかし適当に決めると、実は機能が少なくてレジ締めの作業が長引いてしまったり、逆に使わない機能がたくさんあったりするかもしれません。

レジは使えば5~8年使い続けられるものですから、それを見据えてお店に合ったものを選びたいものです。今回は、レジの種類の解説からお店の形態ごとのおすすめを紹介します。

レジは「使う機器」と「POSシステム搭載の可否」で4つに分類できる

レジにはいくつか種類がありますが、「機器」と「POSシステム搭載可否」で分類することでレジスター、POSレジ、タブレットレジ、タブレットPOSレジの4つに分けることができます。順番に説明していきます。

レジスター

会計するためだけのシンプルなレジで、メカレジまたはガチャレジとも呼ばれます。ボタンも少なく操作を覚えるのは簡単でしょう。周辺機器はキャッシュドロワとレシート印刷がついていることが一般的です。会計をすること以上のことはできないので、商品別の売上管理や多店舗のデータ統合などはできません。また手動による操作のため誤入力のリスクが他レジと比べて大きいです。

さらには、不正を誘発しやすく、それらを防止するためには閉店後に伝票、店内在庫などとの付き合わせの作業が発生します。そして、データ分析したいと思っても、すぐにはできず、前提となるデータ収集に相当な時間を取られます。

レジスターはコストは安価ですが、きちんとした経営をしようとしたら手作業による膨大な時間を取られるデメリットがあります。そのため、レジスターを使用するのは小規模なお店でない限りおすすめしません。

POSレジ

形そのものはレジスターと似ていますが、ボタンの数や機能が増加しています。商品別にバーコードを読み取れるので会計が速く終わりますし、誤入力のリスクが減ります。売れ筋と死に筋商品の把握や、価格データベースの変更によるセールなど、幅広い機能を搭載しています。なお、詳しい説明は「POSレジとは?飲食店が導入すべき5つのメリット」に書いています。

タブレットレジ

iPadなどのタブレット端末にレジ機能をインストールして使用します。画面上のアイコンやボタンの配置と色などから直観的な操作がしやすいことが特徴です。周辺機器とは無線で通信するため、持ち運びもできます(そのためインターネット接続がほぼ必須です)。レジを置くスペースを取らないことも大きなメリットです。持ち運べるためテーブルで注文を承ったり会計することもできますが、経営をサポートできるPOS機能はありません。

タブレットPOSレジ

タブレットレジに、POSの機能を追加したレジです。従来のPOSレジよりも詳細な顧客管理、商品・在庫管理、さらにはスタッフの勤怠管理などもできるものもあります。 データ分析のために売上データをExcelで出力したり、別のタブレットでもデータを見ることができます。こちらの詳細は「iPadがレジになる!?高機能で使いやすいタブレットPOSレジの紹介」をご確認ください。

業態別おすすめレジ

それでは、どの場合にどのレジを選ぶのがいいのでしょうか。ここからはモデルケースを見ながら考えてみます。

メニューが少ない小規模なお店

このケースでは商品の種類が少ないため会計時にもすぐ入力でき、売れ筋の商品も把握しやすいです。スタッフの人数も限定されているため、レジスターでも大丈夫ですが、レジ締めなどの業務を効率化するためにも基本的な機能を搭載したPOSレジがおすすめです。

多店舗展開しているレストラン、居酒屋など

POSレジやタブレットPOSレジがおすすめです。商品数が何十種類もあると、メニュー改廃も頻繁にあります。来客数も1日に数百人以上となり、それに対応するためスタッフ数も多くなりがちです。この場合は、レジ前の混雑を回避するテーブル会計や、スタッフの勤怠管理、店舗ごとの売上分析が必要になります。また、POSシステムはオーダーエントリーシステムと一緒に利用ができます。

お会計時も、タブレットPOSレジであればテーブルまで持ち運んで会計ができますし、連携しているクレジットカード連携サービスを利用すればカード会計もその場で完了します。 それぞれのお店のデータをクラウド上で管理することで全店舗の売上や在庫状況がリアルタイムで把握できます。

ファストフードやテイクアウトがあるお店

商品と代金を引き換える場合が多く、レジの場所も固定されています。個人でやっているお店ではメニュー数が15~20種類程度であることが多いのではないでしょうか。この場合は商品の売れ筋を把握可能で、さらにバーコードリーダーで会計をスムーズにできるPOSシステムを搭載したレジがいいでしょう。タブレットPOSレジであれば、iPadなどの汎用端末が利用できるので、導入のコストも抑えることができます。

キッチンカーなどの移動販売

車内のスペースが限定されており、会計もできるだけ早く行う必要があります。そのため、コンパクトなタブレットPOSレジがピッタリです。たとえば時間帯分析をすることで、どの時間帯(場所)でなにが一番売れたかを把握すればターゲットを深く知ることにも役立ちます。

コンサート物販やイベント

物販などではレジを複数用意して対応することもあります。また、レジを会場まで運ぶ必要があるので、持ち運びができて複数のレジを一括で管理できるタブレットPOSレジが便利です。画面が直感的にわかりやすく、普段レジを使用しないスタッフでも簡単に使えることも魅力です。

先を見据えたレジ選びを

開業時のメニュー数は少ないけれども増やす予定がある、または多店舗展開を視野に入れている場合は、それらの先を見据えたレジを選びましょう。レジは使えば5~8年は持ちますが、もし既存のレジの機能が足りなくて会計業務に支障が出ているまたは出る見込みであれば、早めに買い替えることをおすすめします。

また、レジはただ会計するツールだけではなく、使い方によっては経営を大きくサポートすることができます。とくにメニュー数が多かったり多店舗展開している場合は、POSシステムを搭載しているレジがなければ感覚で売れ筋商品やターゲット層を把握するしかありません。その結果、正確な仕入れやメニュー開発が進まず、売上の機会損失と在庫ロスを招くことになります。

そのため、タブレットPOSレジ・POSレジの使用をおすすめします。