飲食店でサプライズを演出するメニュー・アイテム例一覧

居酒屋

お誕生日や記念日、なにか特別な日には飲食店を利用するお客様は多いものです。

そのような特別な日にサプライズの演出をすることができると大変喜ばれ、お店のファンになってくれることは多々あります。

また、飲食店のサプライズはお客様の満足度から口コミなども広がりやすく、宣伝や集客効果も期待することができます。

お客様の状況によってサプライズの演出は変わりますので、お店側としても事前にサプライズができる環境を整えておくことは大切です。

今回は、お客様に心から喜んで頂ける飲食店でサプライズを演出するメニュー・アイテム例一覧

について見ていきましょう。

サプライズの演出を盛り上げるために準備しておくと良いアイテムは?

サプライズご希望のお客様からご予約を頂いた際に、どのようなサプライズがお望みなのか?しっかりとヒアリングし、どのようなアイテムが必要になるのか?把握しておくことは大切です。

お客様の要望によりお店側が用意するものなどは変わりますので、細かくコミュニケーションをとりながら話を詰めていくことでお店側に対するお客様の信頼感も上がります。

ここでは、サプライズの演出を盛り上げるために準備しておくと良いアイテムについて見ていきましょう。

キャンドルやケーキ用の花火

お誕生日やお祝いのケーキ用として、事前にキャンドルや花火を用意しておくと良いでしょう。

お誕生日や記念日など、サプライズの演出ではケーキの登場は欠かせません。店内を暗くして、キャンドルや花火に灯されたケーキの登場は、お客様の気分を一気に盛りたてるものです。

また、キャンドルやケーキ用の花火は色々な種類がありますので、お店の雰囲気に合わせたりお客様のご年齢に合わせたりと、数種類用意しておくと良いかもしれません。

クラッカー

「パーン!」と勢いよく弾けるクラッカーもお誕生日や記念日を演出してくれる、盛り上がるアイテムです。

クラッカーにも種類があり、昔ながらの音とカラーテープが飛び出すものや、カラーテープが飛び出さず音だけのものがありますので、こちらも各種揃えておくと良いでしょう。

また、場合によっては周りのお客様にサプライズの演出をお願いする場合があるかもしれませんので、多めに用意しておくと良いでしょう。

バースデーソングなどサプライズに合う音楽

サプライズではケーキ用の花火やクラッカーなど見た目の演出も大切ですが、場の雰囲気を最高潮にするためには音楽の演出も欠かせません。

定番のバースデーソングや明るいポップ、ロック、または大人しめで優雅な音楽など、色々なサプライズを想定して用意しておくのが良いでしょう。

今では音楽配信サービスからダウンロードできたりストリーミングが充実していますので、置き場所を気にすることなく用意することができます。

サプライズ内容や季節に合わせた帽子やコスチューム

お誕生日は人によって生まれた季節が様々ですので、その季節に合わせた帽子やコスチュームを用意しておくとサプライズの演出が盛り上がります。

また、サプライズ内容によっては思い出を振り返るものもありますので、思い出を想起させるようなアイテムを事前に把握して用意しておくと、お客様にとって忘れられないサプライズとなります。

雰囲気を演出する照明器具

照明器具もサプライズの雰囲気をうまく盛り上げたり、演出を素晴らしいものにするため必要なアイテムです。

やわらかいムードを演出する間接照明や主役となるお客様を照らすスポットライト照明など、照明の使い方ひとつでサプライズの盛り上がり方が変わると言えるでしょう。

チョコレートソースやシューアイスなど

チョコレートソースはお誕生日や記念日のサプライズで振る舞うケーキのホワイトチョコプレートに文字を書くとき役立ちます。

シューアイスはタワーのように積み上げ周りに簡単なフルーツを置いたりチョコレートソースを回しかけることで、ちょっとしたサプライズのデザートになります。

お店側としてもお祝いの一品として振る舞うことでお客様から喜ばれ、その結果リピートにつながる可能性は高いと言えるでしょう。

サプライズ実施時に注意すること

お客様と色々やりとりし、準備を重ねてきたサプライズが成功するとお客様はもちろん、お店側も誇らしく嬉しいものです。

しかし、事前のヒアリングが不足していたりお客様の要望をしっかりとキャッチしていないと、せっかくのサプライズが台無しになってしまう可能性があります。

ここでは、サプライズを成功させお客様に喜んで頂くため、サプライズ実施時に注意することについて見ていきましょう。

お客様のヒアリングを念入りにおこなう

サプライズを望むお客様がどのような演出や雰囲気、セッティングを望んでいるか?ということを念入りにヒアリングしておくことは大切です。

ヒアリングが不十分だとお客様とお店側の理解にズレが生じやすく、サプライズそのものがうまくいかないという事態を招きかねません。

お客様とのヒアリングの際、できるだけ5W1H『いつ(When)、どこで(Where)、だれが(Who)、なにを(What)、なぜ(Why)、どのように(How)』を意識しながらヒアリングするのが良いでしょう。

また、ヒアリングの際どうしてもお店側で対応するのが難しい要望の場合、その旨をはっきりお伝えすることも大切です。

そのまま話を流してしまうと意外なアクシデントに見舞われてしまったりサプライズそのものが台無しになってしまう可能性があります。

他のお客様へ事前周知、挨拶周りをしておく

サプライズをする、されるお客様は嬉しいものですが、他のお客様が必ずしもそうとは限らず、中には不快に感じるお客様もいらっしゃるかもしれません。

飲食店の利用はどのお客様にとっても共有のスペースですので、他のお客様への配慮は欠かせません。

サプライズがおこなわれる旨の事前周知を徹底する、挨拶周りをし説明しておくなど、ちょっとした配慮で不快に思うお客様もグっと減るでしょう。

また、事前に周知しておくことで他のお客様が一緒に喜んでくれたりお祝いしてくれるなど、サプライズならではの一体感が生まれることは多々あります。

喜ばれるサプライズメニューについて

せっかくのサプライズ、お店側としても特別なサプライズメニューを用意しておくことで喜ばれ、利用して良かったなどの満足感につながりやすくなります。

ここではお客様にとって特別な、喜ばれるサプライズメニューについて見ていきましょう。

スイーツやケーキなどのプレゼント

食事の後にスイーツやちょっとしたケーキなどのプレゼントは、特に女性やお子様に喜ばれ、特別感を演出できます。

通常メニューにはないもの、もしくは通常メニューにひと手間加えたスイーツやケーキであれば特別感が増し、尚一層喜ばれるでしょう。

シャンパンなどドリンクのプレゼント

シャンパンやワインなどのドリンクはお祝いするのに欠かせないものです。そのようなドリンクをプレゼントすることで盛り上がり喜ばれます。

また、小さなお子様がいる場合やアルコールが苦手な方には別途ソフトドリンクをプレゼントすることで気遣いのできるお店と認識してもらうことができ、とても喜ばれるでしょう。

お店のクーポンやサービス券のプレゼント

次回利用のときに活用できるクーポンやサービス券はサプライズメニューとして定番ですが、幅広いお客様から喜ばれるメニューでもあります。

また、次回利用のきっかけにもなりリピートにつながりやすくなりますので、お得なクーポンやサービス券はサプライズメニューとして用意しておくと良いでしょう。

通常メニューにはないお料理

お祝いですので特別に、という言葉とともに通常メニューにはない料理を提供するのもとても喜ばれるものです。

または通常メニューにアレンジを加えたり、ちょっとした飾りつけを施すことでも喜ばれるでしょう。

ひと手間かかりますが、通常メニューにはないビッグサイズのメニューを提供することで驚きと歓声があがりやすく、サプライズにピッタリな演出になります。

まとめ

突然のサプライズは驚きと共に喜びが生まれ、渡すほうも受け取るほうも、そしてお店側も幸せな気持ちに包まれるものです。

サプライズを成功させお客様に喜んで頂くためには念入りなヒアリングや意識の共有が不可欠です。

サプライズを通しお客様が心から満足し、お店側もリピートや新規顧客につながることでお互いがWin-Winとなる好循環が生まれるのではないでしょうか。