飲食店の集客術 ホームページ&アナログ戦略で売上をアップさせる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ノートパソコンとスマートフォン

飲食店を経営していく上で欠かせないのが集客です。いまは、多くの人がネットで情報を検索する時代です。お店を続けているだけでは、販売機会を逃しています。『飲食店の繁盛店・競合店を調査する方法 マーケティング・差別化のための競合調査』では、競合店と繁盛店を調査して自分のお店を改善する方法を紹介しました。今回は、おもにウェブ上でお店のプレゼンスを向上させる方法と、クーポン(サービス券)やスタンプカードを活用した集客術を紹介します。

ウェブ上の集客

いまや飲食店を探す人の多くはインターネット上で検索しています。よって、ホームページを用意して露出を増やすことが、お店を知ってもらうきっかけにもなるでしょう。さらに、余裕があるのであればブログで日々のお店の情報を発信するのもいいでしょう。このようなウェブ上で必要な施策をまとめてみます。

  • ホームページ作成

    お店の雰囲気を伝えるページ作りが大切です。店主の思いやおすすめのメニューがわかるとよいでしょう。必要不可欠なコンテンツは、お店へのアクセス(地図、電話番号)と営業時間、休業日のお知らせです。最近はGoogleマップとのリンクも便利ですし、スマホとの相性もよいですが、目印をわかりやすく示した手作りの地図も掲載することで、スマホに慣れない人でも迷うことなく来ていただけるようにしましょう。ショップカードを画像で掲載するという手もあります。

    雑誌や地域のコミュニティサイトに取り上げられたら、記事を画像にして掲載しておくことで、評判になっていることを知らせましょう。

  • グルメ情報サイトに登録

    ぐるなび、食べログ、Rettyなどの情報サイトも欠かせないアイテムです。むしろ現在は、同サイトでの評価をもとに来店されることが多く、メニューや料理写真、外内観などの情報はこちらに掲載しておくことで、インターネット利用者の目に触れる機会も増えます。検索結果上位に表示されることが多いのも情報サイトの特徴です。

    まずは無料会員登録して、基本的な情報を自ら掲載しておきましょう。クチコミが増え、キャンペーンや予約の利便性を求めるようになったら有料会員になることを検討してください。

    書かれているコメントは、お店の運営にとても参考になります。褒め言葉もありますが、良くない点も謙虚に読み取ることで、料理やサービスの質の向上にすぐに役立てるようにしていきましょう。評価が高まってきたら、ホームページにURLリンクを貼っておくとよいでしょう。

  • SNS

    Facebookページも簡単に作成できるのでやっておきましょう。お友達に「いいね」の招待をすることから始めてください。徐々に来店者の「いいね」も増えていくことでしょうから、新メニューの紹介、人気メニューのエピソードなどをこまめに投稿してください。お客様からのコメントがあったら返信コメントを忘れずに。時間の合間にTwitterやLINEを利用して、ちょっとした呼びかけをすることも効果的でしょう。お店の雰囲気にあった投稿を心がけましょう。

アナログでも効果的な集客

ITツールだけでなく、クーポンや紙媒体も利用することでより多くの利用者層にリーチできますし、相乗効果もあります。ぜひ検討してみてください。

  • クーポンやスタンプカードを活用した集客

    お店をやっているとどうしても天気や気温に左右されることが多く、集客に悩みます。たとえば「雨の日クーポン」と称して、雨の日にご来店されたお客様への割引クーポン券配布を検討されてはいかがでしょうか。後日来店された時にそのクーポンによって割引することで、再来店を促すことができます。スタンプカードのスタンプ数を増やすという手もあります。

  • 店頭演出

    ランチメニューや価格を見て入店を決めることが多いので、看板での表示が必要となります。路地に入ったお店の場合は、人通りの多いところに立て看板を置く(設置場所の許可に気をつけて)か、通りに向けて人目につくように看板を立てましょう。「におい」の演出も効果的です。おいしそうなにおいを通りに向けておくことで、ついつい入りたくなるようなお店にしましょう。

  • 情報誌

    店舗を構えるとグルメ情報誌やタウン誌への掲載を打診されると思います。無料での掲載と、広告としての有料掲載がありますが、無料の場合は媒体価値を聞いたうえで掲載していきましょう。写真取材のアポや記事内容のチェックも面倒がらずに対応してください。ある程度効果がわかっている場合は有料媒体を利用することも検討しましょう。

  • チラシ配布

    地元のお客様にリピートして頂けるようなお店にしたければ、チラシを配布することが効果的です。まずは自分で通りに出て手渡しすることで、どのような人が周辺に多いのか、どのような人が興味を持ってくれるのかを知り、チラシをお持ちになったお客様にどちらからいらしているか聞いてみましょう。意外に遠くから来店されている場合もあります。地域をだいたい把握できたら、ポスティングサービスを利用することをおすすめします。チラシを持参された方への「ご来店特典」キャンペーンをつけることを忘れずにしましょう。

    持参チラシを受け取っておくことで、新規顧客をカウントし、キャンペーン期間の平均単価を計算することで費用対効果を計測しましょう。キャンペーンの実施時期も試しながら工夫してみてください。