スマホで簡単注文できるモバイルオーダーついに誕生!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちは、日々何かしらの買い物をしているわけですが、買い物のとき「待たされて嫌だった」という経験はないでしょうか。お店での待ち時間は人によって「本当にムダ!」と感じることもあるでしょう。

また、多くの場合はお店に行ったらすぐに、商品を受け取りたいと願うことでしょう。しかし、お客さんは自分ひとりではないので、そう簡単にはいきません。店舗側もできれば、お客様を待たせずにサービスを提供したいでしょう。

そんな両者にとってメリットのあるサービスがこれから紹介するモバイルオーダーとなっています。

モバイルオーダーとは

モバイルオーダーとは、お店に到着する前にアプリを使って商品を選択し、決済まで終えることのできるサービスことを指しています。例えばピザのデリバリーサービスなどです。ネット上で、頼みたいピザを選び、カード決済まで終わらせ、自宅に宅配してもらうかお店に取りに行くかを決める。これと同じ流れになります。

これがモバイルオーダーの場合は、お店に到着したらアプリを使ってチェックインをすると店舗側が商品を提供する準備を始めるようになります。日本ではまだまだモバイルオーダーがスタートしたばかりです。大手ですと2018年の8月にマクドナルドでモバイルオーダーが開始となりました。

店舗側とお客様、どちらにもメリットがあるので今後普及していくこと間違いなしと言われています。

モバイルオーダーの導入背景とメリット

まだまだ始まったばかりのモバイルオーダーは、現状いろんな可能性を秘めていて未知ではありますが、店舗にとってもお客様にとっても様々なメリットがあることが分かっています。

まず、店舗側のメリットについて紹介していきます。

レジ業務の負担を削減できる

モバイルオーダーを導入することで、店舗側の最大のメリットはレジ打ちが楽になることです。注文から決済まで全てお客様自身でやってもらえるので、レジ業務の負担が減ります。その分、人件費の削減にもつながります。

売上がアップする

モバイルオーダーはとっても便利です。アプリを使ってクーポンを発行することもできますし、新商品の案内をすることもできます。さらにチラシを配布する必要もないので、SNSを使わなくても宣伝効果は高いです。また、使い勝手が良いので売上アップはもちろん、「また、ここで注文しよう!」とリピーターもゲットできます。

次にお客様にとってのメリットです。

お店で並ぶ必要がない

モバイルオーダーは来店時間を指定することができるので、お店に着いたらすぐに商品を受け取ることができ、店内で食べる場合は待たずに席を案内してもらえます。商品を注文するためにいちいちレジに並ばずに済みますし、席を探す必要もありません。待ち時間が減るのでお客様のストレスが減ることも間違いないでしょう。

メニューを好きな場所でゆっくりと見て選ぶことができる

お店に着いて、メニューを見て商品を選ぶ時、後ろでたくさんの人が並んでいて焦ってしまったことがあるという人はいませんか。もし、モバイルオーダーで注文してしまえばその悩み解決することができます。なぜなら、モバイルオーダーは自分の好きなタイミングで、どんな場所からでも注文することができるからです。

例えば食事をする前日にゆっくりメニューを見ながら、何を食べたいか検討して注文し、次の日のランチタイムにチェックインして食べることが可能となります。特にランチタイムは仕事をしていると時間が限られています。そういう人にもモバイルオーダーは最適ですし、今まではご飯を食べるだけで終わっていた休み時間をより有意義に過ごすことができるでしょう。

お金を持ち歩かなくて良い

モバイルオーダーはアプリを使って注文し、決済まで完了させることができますので、お店に現金やカードを持って行かなくても食事をすることが可能です。スマートフォンさえ持っていれば、いつでも買い物ができるのでとても便利と言えるでしょう。

ただ、スマートフォンをどこかに忘れてしまったり落としてしまった時は何もできなくなるので、注意が必要です。

時間を有効活用できる

モバイルオーダーはいつでもどこでも自分のタイミングでアプリから注文することができます。すなわち、ちょっとした時間を使って注文することができるので、時間を有効活用することができます。お店に着いて、長蛇の列を見て入店を諦めたという経験は誰もがあることでしょう。

しかし、モバイルオーダーなら、「今日は疲れたし、ご飯でも食べに行こう!」と思ったら、家でお店を選び、食べたいものを注文し、予約時間にお店に足を運ぶだけでOKですので、時間の大幅な節約となります。

モバイルオーダーの事例一覧

o:rder

https://www.oderapp.jp/

飲食店のスマホ注文に特化したモバイルオーダーで、国内で唯一特許を保有しています。o:rderのアプリを使えば、お店にスタンプカードやポイントカードを持って行かなくても、商品を受け取るだけで勝手にデジタルスタンプカードにスタンプが押されていきます。

財布の中がスタンプカードでいっぱいな人や、スタンプカードを持ち歩くのが面倒くさい人にはおすすめです。もちろん、スタンプを集めたらo:rderだけの特典をもらうこともできるんですよ。

Okage

https://recipe-book.ubiregi.com/articles/mobile-order-system/#3

Okageでは、レジ、ハンディ、セルフオーダー、モバイルオーダーを全て連動させることができます。全て連動させることができるので、在庫管理や売り上げ分析など飲食店経営に便利な機能がギュっと詰まっています。今から飲食店を展開するという人にはおすすめです。

SelfU

2019年の夏に展開されると言われているSelfUは、来店客のスマホが商品を注文できる端末機として使うことができるサービスのことです。日本語以外にも英語や中国語に対応しているので、英語メニューを用意する必要もありません。また、POSハンディを購入する必要もないし、スマホでメニューを選択し、決済まで完了させることができるのでレジ業務の削減も可能です。

モバイルオーダーの今後

モバイルオーダーは導入している店舗がまだまだ少ないのが現状です。しかし、来店前にアプリ上で注文と決済まで終えることができるので店舗側にもお客様にもメリットがあります。ただし、使い方によってはお客様を待たせてしまう可能性もあります。

マクドナルドやスターバックスなどのファストフード店にはモバイルオーダーは向いていますが、時間のかかる料理を作る店舗では向いていないかもしれません。しかし、いつも忙しい日本人にとってモバイルオーダーはとっても便利なアプリであることは間違いないでしょう。

今の段階で導入店舗は少ないですが、今後増えていくこと間違いなしです。モバイルオーダーを導入することで、作業の効率化はもちろん時間を有効活用し、集客アップを図りましょう。

まとめ

以上が、モバイルオーダーについての説明となります。日本ではまだまだ普及率が低く、利用機会も少ないでしょう。しかし、店舗側とお客様の両者にメリットがあるシステムですので、これからどんどんモバイルオーダーに対応した店舗が増えてくると予想されます。

既に、モバイルオーダーをメインで使っているユーザーが増えていますので、周りの店舗が導入する前に、自店舗で対応していけば、新規顧客の獲得やリピーターUPに繋がることは間違いないでしょう。

iPadレジって何がいいの?ユビレジ導入事例