飲食店はホームページがあったほうがいいの?相場や無料で作成する方法

居酒屋

ホームページを作るイメージ

お店のホームページを持つことは集客の上でとても大切です。

最近では食べログやSNS等でお店を宣伝する方法もありますが、やはりお店の公式ページを用意しておいた方が確かな情報を拾いやすく、お客さまからの信用も増えます。また、コンセプトにあったサイトデザインにすれば店の雰囲気を伝えやすく、お店のウリもしっかりとアピールできます。

しかし、ホームページを作るといっても一体何からはじめれば良いのか分からないという方も多いはず。制作代行会社ならお店のイメージや写真を渡すだけでハイクオリティなホームページをつくってくれますが、少しでも予算を抑えたいという方には無料ソフトやサービスの利用がおすすめです。無料といっても画一的なデザインばかりでなく、お店の雰囲気やコンセプトに合わせた素敵なホームページをつくることができます。

今回は、同業者からの評判が高い無料サービスをご紹介していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

飲食店はホームページを持つべき?

飲食店を経営している人なら必ず考えるのが、お店のホームページを持つかどうか。ホームページを持たなくてもSNSなどを通じて自然にお店の情報がシェアされ、口コミで情報が広がるのでわざわざホームページを持たなくてもあまり不便に感じていない経営者も多くいます。

またホームページを作成するにあたり、多くの時間がかかり更新の手間があることを考えるとホームページを作成することが煩わしいと感じる方さえおられます。

では飲食店はホームページを持つべきなのでしょうか?

結論から言うと、ホームページはあったほうが良いです。以下にその理由をご紹介します。

マーケティングできる

お店を利用するお客様からするとSNSやグルメサイトを見て、口コミや評判、メニュー、価格、雰囲気などを知ることができます。しかし、どれも個人的な意見が織り込まれていて、経営者の生の声を聞くことができません。お店のホームページを作成することでオーナー目線でお店のコンセプトを紹介でき、お店に関心がある人の人数や、どういう人たちに注目されているのかをホームページの滞在時間などで知ることができます。ホームページは経営者発信であるとともにお客様の情報をキャッチできる手段の一つといえるでしょう。

お店の雰囲気を伝えられる

お店のホームページはお店の顔といえます。ホームページの文章や紹介する内容からお店の雰囲気やオーナーの人柄、料理にこめる思いなどを伝えることができ、お店の信頼や誠意を伝えることもできます。ホームページを見て一度お店に足を運んでみたいと思うかもしれません。また常に最新かつ正確な情報を発信できるのでお客様に安心感を与えることもできるでしょう。

独自情報の発信が可能

ホームページはチラシ広告とは違い、文字数や紹介できる写真枚数などの制限がありません。オーナー独自のスタイルをホームページに掲載できます。期間限定キャンペーンの紹介やクーポンの情報を載せることができますし、求人情報もホームページ上で掲載することで低コストで効果を得ることができます。さらに日本語だけでなく英語や中国語でも紹介することで、より多くの人たちの目に留まるでしょう。

飲食店のホームページに記載すべき内容は?

ホームページにはどういった内容を載せればいいのでしょうか。掲載内容が複雑だったら、多すぎると最後まで読んでもらえないことがあります。また他の店舗のホームページと似たり寄ったりの内容ではつまらないかもしれません。

もちろん、お店の営業時間や定休日、メニューなどについて掲載しますが、できればインパクトがありつつもシンプルで、お店の雰囲気も伝わり、記憶に残りやすい内容がいいですよね。

以下を参考に掲載して集客力のあるホームページを作ってみてはいかがでしょうか。

1.お店の名前、営業時間、場所、連絡先

お客様が一番知りたい情報をはじめに紹介しましょう。お店の場所はわかりやすい地図や目印、最寄りの駅や駅からの所要時間などを詳しく表記することも良いでしょう。

予約を受け付けているお店であれば、予約方法や連絡先も忘れず記載しておきましょう。

2.メニュー(メニュー名、味やカロリーなど具体的に紹介)、価格

メニュー一覧や料理の味、カロリーを具体的に掲載することでお客様の期待感を高めることができます。また料理の価格を表示することで、初めて来店するお客様も気軽に入店できるかもしれません。季節限定のメニューなどもここで紹介すると良いでしょう。

3.お店のコンセプト、オーナーの紹介(お店や料理に対する思いや趣味なども写真と一緒に掲載)

意外かもしれませんが、オーナーの紹介はとても大切です。オーナーの写真やスタッフ、さらにスタッフからの一言が添えてあるだけでお店の魅力が伝わってくると思います。

ホームページはどうやって作るの相場は?

飲食店のホームページを作成する方法は様々ありますが、手っ取り早くあまり時間をかけずに準備したいと思うことでしょう。

ここではCMSというシステムを利用する、一番簡単な方法をご紹介します。初心者でもすぐに使うことができるサービスをうまく活用し、シンプルでわかりやすいホームページを作成できます。

とりあえずHP

WordPress

Movable Type

特徴

操作が簡単、初心者向き。拡張性に対応し、SEOにも強い。

30日間無料体験あり。

国際的によく使用され信頼性がある。

初心者にはやや使いにくい。

5分間インストールプロセスでインストール完了。

プログラムの知識がある程度必要。

拡張性が高い。

管理画面がわかりやすい。

費用

初期費用:4500円

月額費用:2700円

無料

個人利用では無償、商用利用では有償

コストをかけずにホームページは作れる?

ホームページ制作

ホームページ制作というと特別な知識やスキルが必要なイメージがありますが、今は初心者でも簡単につくれるソフトやサービスがたくさんあります。プロは一から自分の好きなページをつくることができますが、素人がホームページをつくるにはソフトを使用するのが一般的です。

ホームページ制作ソフトなら、知識や技術がなくても簡単な操作で誰でも自分のホームページを持つことができます。プロ仕様のソフトと比べてできることが限られてはいますが、その分操作は単純で知識がなくても取り掛かりやすいのが利点です。その中には無料のソフトも数多くあり、初期費用0で気軽にお店のホームページを立ち上げることができます。初期費用も月額利用料もかからない「完全無料」である場合がほとんどですので、小規模経営には嬉しいサービスではないでしょうか。

できることが限られているとはいっても、他の素材やテンプレートを利用したり、アイデア次第でクオリティの高いサイトを作ることもできます。素材やテンプレートも、探せば無料で揃えることができますので、上手に組み合わせればコスト0で販促効果の高いホームページを作り出すことができます。

ホームページテンプレートを無料でゲットしよう

ホームページテンプレート

初心者にはより簡単にホームページを作成できるテンプレートがおすすめです。 サイト全体を花のラインで飾ったり、お店のコンセプトに合ったモチーフを配置したりと、サイトに装飾を施すためには通常素材を個別にダウンロードする必要があります。一方テンプレートはそういった素材集めをしなくても、好みのサイトデザインをそのまま使用することができるサービスです。

LINEの壁紙やアイコンを一括で変更する、「着せ替え」という機能があります。ホームページテンプレートはそれと同じように、サイトを丸ごと好きなコンセプトに変更することができるのです。デザインの変更も簡単なので、季節のイベントごとにサイトデザインを変えるのもおすすめです。 ホームページテンプレートの中には無料で利用できるものも多く、コストとともに制作時間をぐっと軽減することができます。

中には現職のデザイナーがつくったオシャレなものや、カスタマイズが自由なものもありますので、上手に活用していきましょう。

また、最近人気なのが無料ホームページテンプレート「Template Party」です。1000点以上のプレートが無料で配布されています。うまく活用して、多くの人に見られるホームページを作成したいですね。

そして、ホームページ制作会社でも使用できる商用利用が可能な無料レスポンシブHTMLテンプレートを紹介しているのは、「無料ホームページテンプレート.com」です。よりクオリティの高いホームページに仕上がります。

カンタン・無料でホームページが作れるサービス紹介

無料ホームページサービスを探す人

ホームページ制作サービスの中から、無料で初心者でも操作しやすいものを厳選してみました。

生まれてはじめてホームページをつくるという方でも安心のものを取り揃えましたので、ぜひ一度試してみて下さい。

Ameba Ownd

https://www.amebaownd.com/discover

Ameba Owndはサイバーエージェントが提供しているホームページ作成ツールで、デザインの構成が苦手な方でも簡単にオシャレなホームページをつくることができます。全体的に洗練された都会派なイメージのデザインが多いので、お店のコンセプトがスタイリッシュ寄りの方にはうってつけです。

また、最近はパソコンよりもスマホで情報収集をする方が増えていますが、PC用に作成されたサイトをスマホで見るときちんと表示されないことも多くあります。その点Ameba Owndはスマホ表示ににも対応しているので、スマホ利用者のお客様にもストレスなくサイトを見ていただくことができます。

WIX

https://ja.wix.com/

WIXはとにかくテンプレートが豊富で、様々なコンセプトのお店にマッチするサイトが作れます。また、操作が簡単なので初心者にも扱いやすく、自由度の高さも魅力の1つです。

基本無料ですがプランに応じて拡張性を高めることができるので、無料プランが物足りなくなったら有料プランに切り替えるというように、お試し感覚で気軽にホームページを持つことができます。

・FC2ホームページ

http://web.fc2.com/

FC2が提供しているので、FC2でブログを持っている方は比較的すんなりと慣れることができるかと思います。また、無料ツールの中には有料に切り替えることで広告表示が解除されるパターンも多いのですが、こちらは無料でも広告表示がないのも利点の1つとなります。

Jimdo

https://www.jimdo.com/jp/

Jimdoはドイツ生まれのホームページ作成ツールですが、日本語版はKDDIウェブコミュニケーションが運営しています。HTMLやCSSのような専門知識は必要ありません。Jimdoは無料版と有料版があり、無料の場合、作成したホームページに広告が入ったり、独自ドメインが使えなかったりします。使用感はWIXに似ています。

無料ホームページ作成サービスのデメリットも知っておこう

無料のデメリット

無料でホームページが作れるサービスにはデメリットもあります。こちら踏まえたうえで利用するか検討していきましょう。

○慣れていないと作成に時間がかかる

操作が簡単とはいっても、初心者がホームページを一からつくるのにはそれなりに時間がかかります。もし開店に合わせてホームページも設立したいと考えている方は、時間を多めに見積もっておくのがおすすめです。

○お店と関係ない広告が表示される

無料作成ツールの中には利用料を無料にする代わりに広告表示で利益を生み出している場合もあります。企業としては利益に繋げなければいけないため仕方のないことですが、中にはアダルトな広告が表示されるものもあります。お店のイメージを損なわないためにも、広告表示の有無や内容はあらかじめチェックしておきましょう。

○クレジットが表示される場合も

ホームページ作成ツールの名称や社名がサイトの端に表示されることもあります。基本的には目立たないのでお店のイメージを損なうことはないと思いますが、気になる方はクレジット表示の有無を確認してから利用しましょう。

まとめ

ホームページイメージ

いかがでしょうか。

ホームページは初心者でもツールを利用することで簡単につくることができます。無料のサービスも多いので、お店のコンセプトや好みに合わせてぴったりなサービスを選びましょう。ぜひ無料サービスや素材を上手に組み合わせて、低コストで素敵なホームページを作ってください!