電力自由化始まる。飲食店が選ぶべき料金プランとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
節約、環境、省エネ、を説明するイラスト

2016年4月から、電力の小売りが自由化され、企業や一般家庭はそれぞれ電気を購入する電力会社を選ぶことができるようになりました。電力を売る企業も、大手電力会社のみならず新規参入によってガス会社、家電メーカー、携帯会社など多岐にわたります。

電力の自由化は企業の競争を促進させ、選択する料金プランによっては電気料金が下がることが期待されます。そしてこれは、電力を使う量が多く、コストカットが重要な企業にとって朗報です。飲食店はお店によって形態がさまざまなため、しっかりと合った料金メニューを選ぶことでコストカットが期待されます。

そこで今回は、電力自由化の考えられるメリット・デメリットと、おもに飲食店オーナーがチェックしておくべきポイントを解説します。

電力自由化のメリット・デメリットは?

まずは、電力自由化の概要をおさらいしておきましょう。私たちはいままで購入先の電力会社を選べませんでした(いわゆる地域独占)。これが、2016年4月から自由に選べるようになりました。電力会社は消費者から自社の電気を買ってもらうため、夜間の電気使用料金を下げるメニューの作成、ほかのサービスとのセット販売やポイント増加キャンペーンなど、さまざまなプランを売りだしています。

このように、消費者からするとライフスタイルに合った料金プランの選択や、他サービスとの併用によるメリットがあります。

一方デメリットは、さまざまな企業が新規参入しても、競争の結果その電力供給企業が倒産・破綻してしまって電力が供給されなくなる可能性があります。するとまた次の電力会社を選ばないといけません。また、自由化の影響によって競争が過剰になり、極端なコストカットによって整備に不具合が生じて停電が起こることも考えられます。

もっとも、このようなデメリットに関して政府は、電力自由化にあたり、仮に企業が電力の市場から撤退する場合でも継続して電力が供給されるフォロー制度の導入を進めています。さらに、健全な経営が期待できると認められた会社のみにライセンスを配布して経営の許可を与えるなど、消費者に不利益がない制度づくりを進めています。

飲食店はなにをすればいい?

それでは、飲食店はこの環境の変化にどのように対応すればいいのでしょうか。

飲食店にとって電気代の負担は大きく、今回の電力自由化は契約先とプランを変えるだけで電気代が安くなる可能性があるわけですから、活用しない手はありません。例えばガスと電気のセット割、電気・ガス・光インターネットのセットなど、店舗とってメリットのありそうなプランを検討してみてはどうでしょうか。そうすれば電気料金だけでなく、他のサービス費用もコストダウンできるかもしれません。

東京ガスのサイトでは、年間の電気料金が72万円のそば屋が東京ガスのガスと電気のセット割のプランを使用することで年間54,800円節約できるモデルケースを紹介しています。

営業時間が長い店舗では、営業時間に比例して電気機器(照明など)と動力機器(エアコン、大型冷蔵庫など)の稼働率が高くなります。その場合は従量電灯※1(使用量によって料金が異なる)と低圧電力※2(エアコンなどを動かす電力)が加味された料金プランを選ぶことをおすすめします。
※1,※2 名称は電力会社によって異なります

次に深夜の営業時間が長い場合ですが、夜間の電気使用量の割合が高くなるほどお得なるプランがおすすめです。昼間の料金は夜間に比べて高めですが、夜間(夜間時間帯は各電力会社やプランによって異なります)は電気料金が割安になります。開店・閉店時間にもよりますが、深夜の営業時間が長い場合は検討してみてはどうでしょうか。

これらはあくまで一例です。自分の店舗はどのプランが適しているのかを調べるには、お店の電気消費量を詳細に見てシミュレーションをする必要がありますので、電力会社に問い合わせる必要があります。

プラン変更の手続きはどうしたらいい?

切り替え先が決まったら、その電力会社(新電力)に問い合わせをして申し込みを進めることをおすすめします。その際、今契約している電力会社から毎月もらう「検針票」(電気料金が書いてある紙)があるとスムーズに手続きできるので、用意しておきましょう(1ヶ月分だけでも構いません)。他社との料金やプランの比較をすることができず、本当にお店に適した電力会社なのか検証する事はできない場合は、電力比較サイトもあるので参考にしてください。

なお、今まで使っていた電力会社に自分で連絡する必要はありません。新電力から手続きをしてもらえます。

まとめ

電力会社を変更しない場合は、従来どおりの電力会社から供給を受けられるので心配する必要はありません。また、他の電力会社へ切り替えたから自動的に電気料金が下がると思っている人は多いかもしれませんが、お店の電力の使い方と時間帯、料金プランを正しく理解していないと必ずしも下がるとは限りません。電力会社によって料金やセット販売、時間帯プランといったサービスのラインアップは異なります。

電力会社切り替えを検討している経営者は、費用削減になるかどうかしっかり確認・検討し、店舗に合った料金プランを選ぶようにしましょう。