伝票ホルダーにこだわってみよう!おすすめの伝票ホルダーを紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
青い伝票ホルダー

飲食店では必需品とも言えるオーダー伝票ですが、伝票を使用する際に非常に便利なのが、今回ご紹介する「伝票ホルダー」です。伝票ホルダーは伝票を挟むという機能だけでなく、お店の雰囲気作りにも役立ちます。

今回は伝票ホルダーにこだわる理由や、おすすめの伝票ホルダーについてご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

伝票ホルダーとは

伝票とお金

伝票ホルダーと言われても、何のことだかピンと来ない方も多いことでしょう。伝票ホルダーとは、例えば飲食店などでお会計を申し出た際に渡される「伝票が挟んであるボード」のことです。

飲食店を開業したいのであれば必需品であるとも言えるグッズですが、プラスチック製の質素なものから高級感のあるお洒落なものまで、様々な種類が存在します。統一感のあるお店を演出するには、お店の雰囲気と伝票ホルダーの見た目を合わせることも大切です。

伝票ホルダーが必要な理由

オーダーを書く人

なぜ伝票ホルダーが必要なのでしょうか。それは、伝票ホルダーがないと伝票管理が煩雑になってしまうためです。 伝票ホルダーがあれば、座席ごとに分かりやすく伝票を管理することができます。伝票が何かの拍子に無くなってしまうことも避けることが可能です。

伝票ホルダーがない場合、伝票をピラピラの紙で管理しなければならず、紛失のリスクも高まります。また、お客様に伝票を一度渡す際にも、紙1枚で渡すのと伝票ホルダーに挟んで渡すのではお客様へ与える印象に少なからず違いが出るでしょう。

このように、伝票管理やお客様の心理的側面も考えると、伝票ホルダーが果たす役割は意外にも大きいということが分かると思います。

伝票ホルダーにはこんなのがある!

伝票ホルダー

伝票ホルダーにはプラスチックの安いものから、皮で作られた高級感のあるものまで様々なものがあります。以下に一例をご紹介しますので、お店の雰囲気や扱う商品・メニューに合わせて選択しましょう。

伝票ホルダー クリップ付き1枚タイプ 樹脂製

価格:255円
https://www.atta-v.com/products/detail.php?product_id=3484

おそらく最も身近なタイプの伝票ホルダーではないでしょうか。樹脂製で黒・茶・赤・白・緑などカラーバリエーションも様々です。価格も255円(税抜き)と非常に安価で、「とりあえず」で用意するものとしては非常に手軽な商品と言えます。

しかし、見た目にも少々チープになるので、あまりお洒落な雰囲気とは合わないでしょう。洋食やワインといったメニューを扱う場合にもあまりおすすめはできません。

ただし、価格は数ある伝票ホルダーの中でも安い部類なので、できる限り初期費用を抑えたい場合にはおすすめな商品と言えます。

伝票ホルダー 1枚タイプ・金具付き 木製

価格:1,333円
https://www.atta-v.com/products/detail.php?product_id=3387

形状は上記の樹脂製ホルダーと同じですが、こちらは木製で値段も少々高めです。しかし、見た目や肌触りが良く、樹脂製のものよりも小奇麗な雰囲気が演出できます。お洒落な雰囲気とも合わせることができるので、カフェやワイン店を開業する場合にもおすすめです。

値段も1,333円と比較的安価に手に入れられるので、伝票ホルダーを初めて選ぶという方にはおあつらえ向きと言えるでしょう。

伝票ホルダー 1枚タイプ・金具付 アルミ

価格:1,133円
https://www.atta-v.com/products/detail.php?product_id=3398

アルミ製の伝票ホルダーです。木製よりも安価で手に入れることができ、シルバーの光沢が綺麗な伝票ホルダーとなっています。使用感・見た目ともにスタンダードで、様々な業態に合わせることができます。また、上記の木製のものより安価なので、初めての方であればこちらを手に取ってみるのも良いでしょう。

伝票ホルダー 二ツ折タイプ・マグネット式 ポリ塩化ビニル

価格:1,985円
https://www.atta-v.com/products/detail.php?product_id=3504

こちらは上記3つと違い、二つ折りタイプの伝票ホルダーです。価格も2,000円弱と高くなく、黒や茶色のカラーで落ち着いた雰囲気を醸し出すことが可能です。

二つ折りなので、お客様からお金やクレジットカードを預かる際にも最適な作りとなっています。

伝票ホルダー 二ツ折タイプ 本革

価格:1,867円
https://www.atta-v.com/products/detail.php?product_id=3454

二つ折り伝票ホルダーの革タイプになります。本革で見た目も良く、ブラック・ブラウン・キャメル・エンジの4種類から色を選ぶことができます。価格に関しても、1,900円程度という安価で購入することが可能です。

基本的に他の二つ折りタイプと同じですが、中に伝票を挟むためのクリップが付いていません。ポケットが付いているので伝票を挟む上で問題はありませんが、注意しておきましょう。

伝票ホルダー 二ツ折タイプ 木製

価格:1,725円
https://www.atta-v.com/products/detail.php?product_id=3481

木製の二つ折り伝票ホルダーです。質感が良く、ほど良いお洒落感を演出することができます。価格は今回ご紹介した二つ折りタイプの中で最も安価になっています。上記でご紹介した本革タイプと同様に、クリップが付属していない作りになっています。

伝票ホルダーでお店の空間創りをしよう

会計を渡すスタッフ

お店の空間を作っていく上で、テーブルや椅子、食器などインテリア類を意識する方は多いでしょう。それらの家具やインテリアはお客様の目に付きやすいため、間違いなく拘らなくてはならない部分です。

しかし、空間作りに貢献しているのはインテリア類だけではありません。業務の合間に出てくる小道具でも、お洒落な雰囲気を醸し出すことができるのです。

今回ご紹介した伝票ホルダーも、もちろんお店の空間作りに貢献します。例えば、テーブルや椅子はお洒落なのに、伝票ホルダーが樹脂製のカラフルなものであったら、お客様はどう感じるでしょうか。おそらく、他のインテリアとのギャップを感じ、場合によってはセンスが無い店というレッテルを貼られてしまう可能性もあります。

そのようなことを起こさないために、インテリアにこだわるのであれば伝票ホルダーにもこだわる必要があるのです。伝票ホルダーだけでなく、会計時にお客様が代金を入れる「キャッシュトレイ」など、細かい道具の選び方にも気を配るようにしましょう。このキャッシュトレイについてはまた別の機会にご紹介します。

まとめ

伝票を置くスタッフ

いかがでしょうか?

伝票ホルダーにも様々な種類があり、お店やインテリアとの雰囲気がマッチしたものを選ぶことが大切です。1個2,000円程度で様々な見た目・質感のものを選ぶことができるので、妥協せずに選ぶことをおすすめします。お店の空間作りと言えば、やはりテーブルや椅子、食器などの家具・インテリア類を意識しがちです。しかし、実は伝票ホルダーなどのあまり意識していない小さな道具にも気を配らなければなりません。

お客様の目に付く機会が少ないからという理由で蔑ろにしてしまうと、ふとした時にお客様に違和感やギャップなどの悪い印象を与えてしまうこともあります。せっかく開業するならば細部まで念入りにこだわり、自分の理想的なお店を目指してみてはいかがでしょうか。