コーヒー専門店に求められることは?人気店にするためのコツを紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カフェでコーヒーを準備するバリスタ

「将来はコーヒー専門店を開業したい!」そう考えている独立志向の方も多いことと思います。しかし、既にコーヒー専門店は個人経営からチェーン店まで数多くの店舗が存在しています。そんな中で開業し、人気を得るためにはどのようにすれば良いのでしょうか。

そこで今回は、人気のコーヒー専門店に求められることについて考えてみました。

コーヒー専門店とは

色々なコーヒー

コーヒー専門店とは、その名の通りコーヒーを専門的に扱うカフェのことです。コーヒーは材料に使うコーヒー豆によって味や香りが変わりますが、コーヒー専門店では世界各地のコーヒー豆を取り揃えていることが多くあります。

そのため、コーヒー専門店は様々なコーヒーを楽しむことができ、コーヒー好きにとっては非常に嬉しいカフェとなっています。もちろん、コーヒーだけでなくケーキやクッキーなどのスイーツも扱っていることが多く、暇つぶしから休みの日の優雅なひとときまで、様々な用途で利用されます。

コーヒー専門店に求められることは?

素敵なコーヒーショップ

コーヒー専門店の利用する方は様々で、暇つぶしのために来店する方もいれば、友人との楽しい時間を過ごすために利用する方もいます。できる限り幅広い顧客のニーズを満たすことでお店の人気も高くなるので、以下を参考にして心地よいオリジナルカフェスペースを作ってみましょう。

  • 雰囲気や店の作り
    優雅で楽しいひとときを過ごすためには、雰囲気や店の作りは欠かせません。10代から60代までの男女に対して行った調査では、カフェ選びで最も重視する事として「雰囲気・店の作り」が挙げられています。
    店内が汚かったりうるさかったりすれば、当然雰囲気も悪いものになってしまいます。清潔感を保ち、程よい雰囲気の出るBGMをかけるなど、店内の雰囲気作りはコーヒー専門店の経営にとっては最重要と言っても過言ではありません。
  • 価格の安さ
    当然ですが、消費者は価格を気にします。コーヒー専門店の中にはコーヒー1杯で1,000円以上する場合もありますが、やはり価格は安いに越したことはないでしょう。特に、開業したばかりで名前も知られていないような場合は、あまり高すぎると客が定着しにくくなる可能性もあります。
    もちろん経営が立ち行かなくなるほど安くする必要はありませんが、できる限りコストを下げてメニューの値段を低く抑えるようにしましょう。時には近所にあるカフェの価格帯を調べておくことも必要です。

  • 飲食店である以上は、味に関しても当然評価されることを忘れてはいけません。利用者の中には、おいしいコーヒーやケーキを楽しみに来ている方も大勢います。開業する場合は、自信を持って人に勧められるコーヒーやケーキを事前に吟味しておく必要があります。
    そのため、コーヒー専門店は誰でも開業して人気が出せるものではありません。コーヒーの味や香りの知識やコーヒーに合うスイーツなど、コーヒーに関わる知識を深く知っておかなければならないのです。
    コーヒー専門店を開業したいのであれば、まずは自分にそれらの知識が備わっているかをしっかり考えておきましょう。
  • コンセントやWi-Fi
    パソコンやスマートフォンが普及した現在では、日常的にそれらのデバイスを持ち歩いている方がほとんどです。しかし、日中ずっと使用しているとバッテリーが切れてしまい、不便な思いをしている方も大勢います。そんな時、近くのカフェにコンセントがあれば立ち寄りながらパソコンやスマートフォンを充電することができて非常に便利です。実際、喫茶店に関する調査では「喫茶店に求めるもの」として第2位に「コンセント」が挙げられています。
    また、Wi-Fiに関しても同様の理由で求める方が多いようです。コーヒー専門店としてだけでなく、スポットとしての利便性を上げることで、常連客の獲得を目指しましょう。
    コンセントやWi-Fiを取り入れる欠点に、客の回転率が悪くなるということがあります。これらの設備を取り入れるのであれば、同時にテイクアウトもできるようにするなどの施策を取りましょう。

コーヒー専門店にはバリスタがいる!?

コーヒーをいれる人

バリスタとは?

バリスタとはコーヒーの専門家とも言える職業です。人気の高いカフェやレストランではバリスタが常駐していることが多く、満足度の高いコーヒーを提供することができるようになっています。また、バリスタの仕事はおいしいコーヒーを淹れることだけではありません。質の高い接客サービスを行うこともバリスタの仕事です。

全てのカフェにコーヒーバリスタがいるわけではないので、コーヒー専門店として独立開業する場合でも必ず必要なわけではありません。しかし、どちらにしても開業するのであればコーヒーに関する幅広く深い知識が必要になります。そのため、コーヒー専門店を開業する場合は、自分がバリスタになれるくらい知識を高めておく必要があるでしょう。

コーヒー専門店にバリスタがいるメリット

コーヒー専門店にバリスタがいればお客様に満足度の高い商品・サービスを提供することが可能です。カフェにバリスタがいることのメリットには以下のようなものがあります。

  • おいしいコーヒーを提供できる
    コーヒーバリスタには、コーヒーに関する幅広く深い知識が備わっています。世界中のコーヒーに精通しているので、お客様一人ひとりの要望に合わせたコーヒーを提供することも可能でしょう。
  • 接客満足度が上がる
    コーヒーバリスタには高い接客スキルも求められます。個人経営のカフェでは、店員とお客様の距離感もポイントです。満足で心地よい接客ができるバリスタがいれば、常連客を獲得することもできるでしょう。

バリスタを目指すには

バリスタの知識を身に付けるにはいくつかの方法があります。コーヒー専門店を開業するのであれば必要不可欠な知識になるので、参考にしていただければ幸いです。

  • 専門学校で資格を取得
    日本バリスタ協会という組織が発行している免許を取得することで、コーヒーバリスタになることができます。ライセンスには3つのレベルがあります。
    レベル1は、専門学校で1年以上学んだ方が2日間の座学を受講、試験に合格することで取得することができます。有効期限は3年で、免許更新もあります。
    レベル2は、レベル1取得時の得点が90点以上、もしくはレベル1取得から1年以上経過した方が、2日間の講座受講・試験合格により取得できます。有効期限は5年です。
    レベル3は、レベル2取得時の得点が95点以上、もしくはレベル2取得から1年以上経過している方が、2日間の講座受講・試験合格により取得できます。有効期限は10年です。
  • 実際の店舗で学ぶ
    アルバイトや社員として実際のカフェで働き、知識を身に付ける方法です。実際の業務内容を経験することができ、店舗によっては研修を受けることもできます。お給料を貰いながら勉強ができるので、開業や通学などよりもハードルの低い方法と言えます。

まとめ

コーヒーをドリップする

いかがでしょうか?

コーヒー専門店として独立開業するには、まずお客様が満足してもらえる環境作りが大切です。特に重要なのは、店内の雰囲気やメニューの価格、そしてコーヒーやスイーツの味になります。また、コンセントやWi-Fiを整備することでも利用者を増やすことができるでしょう。

また、開業するのであればコーヒーに関する知識が必要不可欠です。コーヒーバリスタの勉強をして、お客様に満足してもらえる商品・サービスの提供を目指していきましょう。