チョコスイーツはバレンタインだけじゃない!チョコレートの魅力とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
手作りチョコスイーツ

カップルが愛を誓い合うバレンタインは、毎年2月14日に例外なく訪れます。日本におけるバレンタインは、女性が男性にチョコレートを渡したり、女性同士でチョコレートを交換し合う行為が活発化されます。そのため、バレンタインが近づくと世の中がソワソワし始めるのです。このように人々を惑わすチョコレートは、バレンタインの時にだけ多くの人から求められるものだと思われがちです。しかし、チョコレートの効能を見れば、そのような考えは時代遅れだと感じるでしょう。

そこで今回は、チョコレートの効能を利用したチョコスイーツでお店を盛り上げるヒントについてご紹介いたします。

チョコレートの効能を知ろう

ダークなチョコスイーツ

チョコレートに含まれるカカオ・ポリフェノールが健康にいいということは、テレビなどで頻繁に取り上げられているので、ご存知の方も多いでしょう。では、具体的にチョコレートがどのように体にいいのかについて、例を挙げてご紹介いたします。

チョコレートに豊富に含まれるカカオ・ポリフェノールは、活性酸素を抑える抗酸化物質です。アレルギーの原因である活性酸素をカカオ・ポリフェノールがその働きを抑制することから、アレルギーやアトピーの改善にも注目の栄養素とされています。

また、カカオ・ポリフェノールには以下のような効果もあります。

  • 悪玉コレステロールを減らし、動脈硬化を防ぐ
  • 血管を広げ、高血圧や血栓、冷え性を予防する
  • 心臓病予防に効果的
  • 血圧低下
  • 善玉コレステロールを増やし、血液ドロドロを改善
  • 美容効果、老化を抑える

これらの効果の他にも、カカオに含まれる食物繊維が便秘を改善したり、カカオバターの良質な脂肪分が肥満を予防したりします。近年の研究では、チョコレートには脳の記憶や学習、認識に影響するタンパク質を増やす効果があることも分かってきました。これにより、脳機能の低下を抑え、認知症の予防にも効果があるという結果が発表されています。

チョコスイーツに力をいれる理由

いくつかに割られたチョコ

チョコレートの効能を考えると、バレンタインやホワイトデーなどといった、季節的なイベント時だけに飲食店がチョコスイーツに力を入れるのはもったいないでしょう。スイーツは、甘いものが好きな女性だけでなく男性にも人気がありますし、チョコレートの効能からすれば高齢者にも需要があると考えられます。

お菓子メーカーの研究によれば、チョコレートを毎日食べることは、健康のために良いとされています。こうした研究結果からも、チョコスイーツは女性のためだけでなく、健康や脳の機能を正常に保ちたいという高齢者にまで客層を広げられる可能性を持っているのです。

甘いチョコスイーツはその味だけでなく、美容やダイエットにも大きな効果があるため、女性にうれしいものであることは変わりありません。しかし、これからはチョコレートをスイーツという位置づけではなく、世の健康志向に合わせて健康にいい食品として扱うことで、使い道や客層の幅をどんどん広げられる可能性があります。

チョコスイーツにはどんなものがある?

アイスのチョコスイーツ

チョコスイーツといえば、バレンタインでおなじみの生チョコやトリュフなどが一般的とされます。寒い時期だからこそ濃厚なチョコレートが食べたくなるという習性が人間にはあるため、チョコレートのアイスも冬によく売れるとされます。

他にも、飲食店ではガトーショコラやブラウニーなどのチョコスイーツが、人気のメニューとなっていることが多いでしょう。ガトーショコラなどはあらかじめ焼いて保存できますし、時間を置いたほうがおいしくなるチョコスイーツでもあるので、レストランでは提供しやすいでしょう。

また、チョコレート専門店などでは、冬季限定でホットチョコレートを提供しているお店が多く見られます。ホットチョコレートはデザートとしても提供できますし、温まるドリンクとしても役に立ちます。

チョコレートフォンデュも、多くの人から愛される人気メニューの定番です。季節のフルーツと組み合わせることで、原価を抑えるとともに、いつでもメニューの新鮮さを保つことができるでしょう。

チョコレートスイーツは店内でもテイクアウトとしても提供しやすく、時間を置いても作りたてでも楽しめる、汎用性の高い食材だと言えるでしょう。

チョコスイーツメニューを考えるポイントとは

カットされるチョコスイーツ

チョコレートを使ったスイーツをお店のメニューにとり入れる際は、チョコレートそのものがおいしいかどうかにこだわりましょう。近年ではチョコレート専門店が人気になるなど、お客様の舌は非常に肥えています。そのため、チョコレートがおいしいかどうかは、チョコスイーツの成否を判断する重要な要素なのです。美味しいチョコレートを使用するのなら、当然それと比例して価格も高騰しますが。しかし、美味しいチョコレートを使ってチョコスイーツを作っているとしっかりお客様にアピールできれば、お客様は納得してお金を支払ってくれるでしょう。

ですが、チョコスイーツにこだわりすぎて、他の料理の提供時間が遅くなりすぎないようにしましょう。対策として、店内で提供する場合もテイクアウトにする場合も、他の業務との兼ね合いを考え、チョコスイーツばかりに手間をかけることなく提供できるオペレーションを組むようにしましょう。チョコスイーツをどこまで仕込んでおくかなど、注文が入ってからの作業工程を練ることが大切です。

また、チョコレートはとても繊細な食材のため、技術によって味や食感が変化しやすい特徴があります。見た目に美しいチョコレートのコーティングや口溶けの滑らかさなどを追求するには、高度な技術が必要です。そのため、理想のチョコスイーツを実現させるためには、どのような技術が必要なのかを見極める必要があります。

まとめ

濃厚なチョコスイーツ

いかがでしょうか?

チョコレートは誰からも愛される食材です。しかし、身近な存在であるがために、健康によいという効能が見落とされがちです。しかし、健康に良いチョコレートというアプローチは、アピールの方法によっては甘いものが好きな女性以外にもターゲットを増やせる可能性があります。

チョコレートといえば冬の味覚で、バレンタインやホワイトデーに需要が上がるものだという認識の方も多いでしょう。しかし、チョコレートの様々な健康効果から見ると、使い方によっては季節を越えて需要を広げられるのではないでしょうか。この記事を参考に、ぜひとも魅力的なチョコスイーツを開発してみましょう!