カフェ制服はおしゃれなものを選ぼう!好印象を与える制服とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
制服を着るカフェスタッフ

都内には、店舗の大小問わず数え切れないほどのカフェが営業をしています。それぞれの店舗によって店の内装やメニュー、価格帯などは異なりますが、この記事のテーマである「制服」もカフェに欠かせないものの一つです。

そこで今回は、制服が飲食店にもたらすメリットから制服選びのコツまで、飲食店の制服にまつわる事柄についてご紹介いたします。

カフェで制服が必要な理由

コーヒーを持つカフェスタッフ

最近では、多くの飲食チェーン店が町の飲食店の多くを占めるようになったこともあり、従業員が制服を着用することもあたりまえとなってきました。では、飲食店の従業員が「制服を着る意味」について考えてみましょう。どうして飲食店の従業員は、制服を着ているのでしょうか?

統一感を与えるため

制服を着る一番重要な理由は、「統一感」です。店舗の従業員が全員一律に同じ制服を着ることで、店内に統一感が生まれます。店員の服装がTシャツ、ポロシャツ、Yシャツ……などのように全員バラバラだと、統一感もなくだらしのない印象をお客様に与えることがあります。反対に、全員同じ制服を着ていることで、統一感のある整った印象をお客様に与えられるでしょう。

このように、来店するお客様の多くは「店舗の統一感」を無意識に気にしているのです。つまり、制服による統一感があるかないかで、お客様の居心地も変わってくるとも言えます。

店舗のイメージを与えるため

制服の着用によって「服装の統一感」を持たせることができるとお伝えしましたが、制服には店舗のイメージを決定づけることもできるのです。

たとえば、とあるカフェの内装が、ベージュを基調とした暖かい雰囲気で統一され、カフェの店員は、ブラウン系の優しげな雰囲気のする制服を着ているとします。

このようなカフェは、お店全体が暖かいイメージを持たせることができます。

また、内装が白と黒のシック調でまとめられ、店員はチェック柄の白黒モノトーンの制服を着ているカフェには、落ち着いてスタイリッシュなイメージを与えることができます。

このように、「店舗の内装」と「制服」の色味を統一させると、お店全体の雰囲気をまとめることができます。もちろん色味だけでなく、柄やデザインなどでも統一感を出すことができます。お店全体の雰囲気がまとまると、お客様にとってはとても居心地のいい空間になります。

ファッションは、「見られたときの印象」を気にした方がおしゃれに見えます。これは、店舗の内装にも同じことが言えます。つまり、お客様に「見られたときの印象」を意識することで、来店後の第一印象をおしゃれなお店と思ってもらうことができるのです。制服と内装の統一感を意識することは、お客様目線の「おしゃれなお店」を作ることも可能になるのです。

この理論を逆手に取ることもできます。たとえば、カフェの内装が緑をベースにした色味だったとします。先ほどまでなら同じ色味の制服を選びましたが、今回はあえて、全く逆の色(反対色)の赤を基調としたを制服を選びます。そうすると、制服の色が店内のアクセントとなり、店員を目立たせることができます。お客様が感じる違和感を利用した、逆転の発想です。 統一感さえ意識できれば、いくらでも応用は効くのです。

カフェ制服で好印象を与えるには

おしゃれな制服を着るカフェスタッフ

それでは、実際に制服を選んでみましょう。制服を選ぶ際は、お客様に好印象を与える制服を選ぶのが良いでしょう。では、好印象を与える制服とは、どのようなものなのでしょうか?

制服を選ぶ際に意識すべきことは、「清潔感」です。飲食店は、お料理をお客様に提供してお代をいただいて成り立つ商売です。お金を払って食事をするからには、誰だって汚いお店でご飯を食べたいとは思わないでしょう。カフェも同じで、いくらおいしいコーヒーが飲めても、清潔感がなければまずく感じてしまうかもしれません。

それでは、カフェに清潔感はどうやって出せばいいのでしょうか。調理作業や清掃業務の多いカフェでの仕事は、いくら気をつけていても、制服が汚れてしまうことは多々あるでしょう。そこで、できるかぎり制服はこまめに洗濯するようにしましょう。こまめな洗濯は、カフェに清潔感をもたせるうえで一番大切なことであります。

おすすめは、カフェの制服をクリーニング業者に頼んで洗濯してもらうことです。クリーニング業者に依頼する分コストはかかりますが、確実に制服がきれいになります。反対に、洗濯を従業員各自に任せることは、あまりおすすめできません。コストも抑えられ制服の管理もいらないので、一見もっとも簡単な方法ですが、従業員の中には普段からあまり洗濯をしない人がいるかもしれません。万が一そのようなスタッフがいた場合は、制服が頻繁に洗われることは少ないでしょう。こうした事態も考慮にいれつつ、制服の洗濯は業者に依頼することをおすすめします。

制服自体の清潔を確保することの他に、制服のデザイン面から清潔感を確保していく必要もあります。

居酒屋やラーメン屋の中には、制服にTシャツを使っているお店をよく見かけることもありますが、カフェにはおすすめできません。カフェにはシャツスタイルか、少なくともポロシャツなどの襟のある服装のほうが上品に見えます。上品さや清楚さも、清潔感につながるのです。

ここまで見てきたように、好印象を与える制服には「清潔感」が不可欠です。そのためには、制服の洗濯はクリーニング業者に依頼し、シャツやポロシャツなど、襟のあるものを制服に選ぶと上品に見えるでしょう。

おしゃれなカフェ制服が選べるサービス紹介

制服を着た男女

カフェに採用する制服のイメージが付いてきたら、実際に制服を仕入れるステップに進みます。では、理想の制服はどこで手に入れればいいのでしょうか。

最近では、制服の通販はもちろん、制服レンタルなど、理想の制服が選べるサービスが数多くあります。この記事では、そのようなサービスの中から2つを選んでご紹介いたします。

食べコレ!

1つ目は、飲食店制服通販サイトの「食べコレ!」です。こちらのサイトでは、いくつものカテゴリの中から、お好みのおしゃれカフェ制服を選ぶことができます。Yシャツやポロシャツはもちろん、コックコートやエプロン、帽子からネクタイなどの小物まで、幅広く扱っています。1万円以上購入すると、送料無料なのもうれしいサービスです。

サニクリーンのユニフォームレンタルサービス

2つ目は、あらゆる業態に対応する制服をレンタルすることができる、制服レンタルサービス 「サニクリーン」のユニフォームレンタルサービスがおすすめです。サニクリーンといえば清掃業の大手として有名ですが、制服のレンタルも行っています。サニクリーンで制服をレンタルするメリットは、なんと言っても制服のクリーニングまで管理してくれるところです。制服をレンタルすると、サニクリーンの担当者が定期的に店舗を訪問し、汚れた制服を収集します。後日、回収した制服を新品同様に綺麗に洗濯をして届けてくれます。

前項でご紹介した制服の「清潔感」を保つためにも、サニクリーンのレンタルはおすすめのサービスとなります。こちらのサービスを利用すれば、お店側がクリーニングの管理をする必要もなく、一石二鳥となるでしょう。


上記でご紹介したサービスのほかにも、制服を仕入れるサービスはいくつもあります。理想のカフェ制服に出会うまで、いくつもサービスを比較してみてください。

カフェ制服がおしゃれだと求人の応募が増える!?

ドリンクを提供するカフェスタッフ

カフェの制服がおしゃれだと、お客様に好印象を与えるだけでなく、店舗スタッフを募集する際の求人にもメリットがあります。

カフェを経営していく上では、アルバイトスタッフの存在は必要不可欠です。実際、現在日本で営業している多くのカフェでは、何人ものアルバイトを雇ってお店をまわしています。アルバイトの能力が高ければ、ミスによる原価の上昇や人件費の無駄遣いも防ぐことができるでしょう。こうした理由からも、できるだけ優れたバイトを雇いたいと考えるのは自然なこととなります。しかし、現在の飲食業界は深刻な人手不足が進行しており、アルバイトスタッフを雇うことは困難を極めます。

このような状況で役に立つのが、「カフェ制服のおしゃれさ」です。中学生が進学したい高校を選ぶ際の決め手の中には、通学のしやすさや有名校といった要素以外にも、制服のデザインを重視するという話もあります。こうしたことと同じ原理が、カフェが出す求人募集への応募にも当てはまるのです。カフェ制服のかわいさは、アルバイト探しの際に重要視される要素の一つなのです。

おしゃれな制服が評判になれば、おしゃれな制服を着たいと考える人が増え、結果として働きたいと思う人も増えていくでしょう。お店の雰囲気だけならず、制服にもあこがれが生まれるのです。そうなれば、求人に応募する人の数も増え、必然的に優秀なアルバイトを見つけることができます。

こういった意味でも、おしゃれな制服を使うことはお店側に多大なメリットをもたらすというわけです。

まとめ

お客様をご案内するスカフェタッフ

いかがでしょうか?

この記事では、カフェ制服を着る理由とそのメリットなどについてお伝えしました。たかが制服と軽くみられがちですが、されど制服です。どのような制服を選ぶかが、お店へのメリットを大きく変えます。接客のレベルを向上させると売上も比例して上がるように、制服のレベルも売上に直結していると言っても過言ではないのです。

カフェ制服を選ぶ際は、お店の内装やコンセプトと照らし合わせて、それに合った制服を探してみましょう。