カフェで使える春に適した集客アイデア10選

カフェ

出会いと別れの季節と言われる春。

この季節はカフェにとっても「出会いの季節」となっています。つまり、新しいお客様との出会いがあるわけです。春は転勤や入学など、その地域には多くの新しい住民がやってきます。

その為、アプローチひとつによって、地域にやってきた住民を常連客にすることも不可能ではないのです。そこで、この記事では、カフェで春に使える集客テクニックを紹介していきたいと思います。

お客様が入れ替わる時期の春で仕掛けた方が良い?

集客のマーケティングを仕掛ける時の季節はいつが良いのでしょうか。一般的に、春が良いと言われたりもしていますが、これには明確な理由があります。それは、冒頭でも少し触れた通り、春は地域住民の入れ替わりが多い時期だからです。

転職、転勤、入学などによって、新しい方がその地域に入ってきます。人が新しい土地に入った時、やることは色々とありますが「憩いの場」を探すこともその一つとなっています。

このタイミングで、マーケティングを仕掛けて成功すれば、一気に新規顧客を獲得できるというわけです。しかも、お客様にお店を気に入ってもらえてリピーターになってもらうことができれば、常連客を獲得することも容易となります。

つまり、集客を仕掛けるタイミングは春が適していると言えるでしょう。

では、どうやって新しい方々を集客していけば良いのでしょうか。この方法はいくつかありますので、次項より詳しく説明していきます。

これらを組み合わせたマーケティングを行えば一度に多くの新規・常連客を獲得することも難しくはないでしょう。

野菜や果物を使った春をイメージしたメニューの提供

春と言えば、彩の鮮やかな野菜や果物が豊富な季節でもあります。この季節に、このような旬の食材を使った料理を提供することは、お店の集客に繋がると考えることができるでしょう。

しかし、ただ単に四季の野菜を提供すれば良いといった単純な話ではありません。集客を考えた時「話題」になることが大前提ですので、お店を訪れて下さった方が知人と話すときの「ネタ」になるようなメニューが好ましいです。

例えば、最近では「インスタ映え」という言葉がありますが、インスタグラムに映えるようなメニューを作ることができれば、それは集客における強力なツールとなることでしょう。

旬の食材を提供することは話題作りにも適していますし、お店にとっても新メニューを提供できるなど、一石二鳥となっており、どの店舗でも比較的取り組みやすいのでぜひ試してみて下さい。

他店との差別化を図れる集客術10選

では、実際に春に集客を仕掛ける場合、どのような方法があるのでしょうか。その具体策をみていきましょう。

豊富な割引メニュー

例えば、同じ料理を食べる時に、1000円と800円のお店があったとします。さて、人はどちらに足を運ぶでしょうか。もちろん、答えは後者となりますよね。このように、値段は自店舗が選んでもらうための大きな要素となっています。

でも、だからといって単純に単価を下げるのではなく、お客様に「安く食べることができた」と感じてもらうことがポイントとなっています。春限定の割引プランを店舗で作るのも効果的となっています。

名目は何でも構わず「新入生限定割引」「新社会人割引」など、ターゲットを明確にした割引であれば効果を得ることが出来ると思います。

セットメニューの提供

春を意識したセットメニューを開発して、それを提供するだけでも話題性は十分です。例えば「春のお花見セット」と称してお団子とお茶のセットを提供するなどです。この際、団子の盛り付け方やお皿に工夫をすれば、話題性も得ることができると思います。

花粉症対策メニュー

春には花粉症に苦しむ方が大勢います。昨今では、花粉症に効くと言われる食材が次々と明らかになってきていますので「花粉症対策メニュー」を作っていくのも一つの手となっています。代表的な食材にはヨーグルトがありますので、ヨーグルトを使ったシェイクなどを提供するのが理想と言えるでしょう。

彩鮮やかなフルーツセット

春の果物を使って、彩ったフルーツセットも話題になりやすいだけでなく、インスタ映えをしやすいので、集客の効果を期待することが可能となっています。ターゲットは女性客になるでしょうから、可愛いお皿に盛りつけていくのがポイントとなるでしょう。

1日で絶大な効果を得る強力手法

4月1日といえば、エイプリルフール。この日を利用して「ウソみたいな割引」を提供するのも方法のひとつとなっています。例えば、カフェなのにお寿司を提供してみたり、カフェなのに、和食料理を提供してみたり…。

または、先着10名様限定で料理価格が全て半額など「ウソのような嬉しい話」を実現させることで、大きな話題となることは間違いありません。

転入割引

人が入れ替わる時期であることを考慮して、新しく、市町村に転入してきた方を対象とした割引メニューを作るのも良いでしょう。尚、この時はお客さんに積極的に話しかけて、打ち解けることも忘れないようにしましょう。一人でも話せる人が多くなれば、お客さんも嬉しいので、常連客に通ってくれる可能性が高くなります。

SNSアカウント登録割引

今の時代、SNSはお店を繁盛させる上で欠かせないものとなっています。LINE@やFacebookに登録した割引をしてもらえるなどといったプランを作るのも効果的です。

シェア割り

上記で紹介したSNSを使った戦略の応用となりますが、例えば、お店のFacebookの情報をシェアすることで割引をするといった方法があります。これは、広告費をかけるかわりに、確実にシェアしてもらってお店の露出を高めることができるので、広告費が無駄にならないといったメリットがあります。

youtubeを使った集客

今の時代、youtubeは大勢の方が見ています。お店の紹介動画を作成して、youtubeに掲載したり、Facebookに掲載することによって、集客に繋げることが可能となっています。文字での情報だけでなく動画でお店の情報を見れるので、高い確率で人の興味を引きつけることができるでしょう。

飲み放題プラン

飲み屋では飲み放題は当たり前。でも、カフェで飲み放題って聞かないですよね。そう考えると、期間限定でも構わないので飲み放題プランを作るのも面白いと思います。ただ、コスト的に赤字になるようなことは行わずに、必ず黒字、もしくはプラスマイナス0くらいをベースに考えたメニューにしましょう。

恋人割

ベタな割引プランとなりますが、恋人割引も効果的です。恋人割をしていることが大勢のカップルに認識されれば、自然とお店の評判も人づてに広がっていくことでしょう。また、恋人割といった名称でも夫婦も対象にすれば、幅広い年齢層のお客様を集めることも難しくはありません。

まとめ

以上が、カフェの集客で使える方法となっています。尚、実際にお店で導入する時は、どれか一つに絞るのではなく、これらを組み合わせていくことによって相乗効果を期待することができます。

また、いつも同じ集客方法だけをしていると、決まったターゲット層にしかアプローチできないだけでなく、お客さんから飽きられてしまう危険性があるので、定期的に割引プランや集客方法を変えて、常に話題性に溢れるお店作りを目指して欲しいと思います。