求人を工夫していい人材をゲット!応募が殺到するカフェ求人のコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カフェのいい人材

日本の外食産業の市場規模は約24兆円と言われています。その中でカフェ業界は約1兆円で全体の4.2%くらいのところにあります。市場規模は緩やかに拡大傾向が続いています。 現在、全国にあるカフェの数は、約49,000店ほどですが、個人や小規模のカフェの店舗数は毎年減少傾向にあります。

市場規模が拡大しているのは、大手コーヒーチェーンの出店攻勢が依然として堅調であることと、外食産業の中では売上高、利益ともに優位な状況にあるからです。また大手チェーンの各お店の差別化対策は非常に顕著で、コーヒーが他のスイーツ類と異なり常用性があることと相まって、お客様が離れない環境ができつつあります。

そうした中で個人や小規模なカフェは、どんどん淘汰されつつあり、どこも厳しい経営が余儀なくされています。特に大手のチェーン店とまともに競合せざるおえない地域では、かなり大胆な差別化で対応しなくては競争に勝てません。

今回は、こうした厳しい環境の中にあるカフェの求人対策、求人の差別化対策などをお話しします。

カフェの増加で増えるカフェ求人広告

カフェのコーヒーメーカー

上記のように、大手コーヒーチェーンをはじめ新興のチェーン店の出店攻勢が激しくなっています。当然人材確保が急務となり、それに伴って各種の求人媒体での求人情報は増加しています。今や、カフェ業界では売り手市場となっており、この業界で働こうと思う人にはおおきなチャンスです。

カフェでの仕事は、アルバイトや契約社員が主に働く場所、というイメージがありました。長時間労働で休みが少なく、給料も安い、福利厚生面での待遇もよくない、職場環境としては、他の業界より下位に見られていた傾向があります。昨今のカフェの求人情報は、これらの、今までの労働環境を大きく改善したような待遇を盛り込んだ情報が目立ってきました。

特に、正規社員登用をキャッチフレーズにするチェーン店が急激に増加していることです。多店舗展開するチェーン店にとっては、新たに優秀な人材確保は、出店計画の中では極めて重要な戦略です。折角確保した人材が長期に安定的に働いてもらうためには、正社員登用は極めて有効な店舗運営戦略です。そうした動きが、カフェが増加し、求人広告も熱を持ったものになってきたわけです。

数あるカフェ求人の中で勝ち抜くには

カフェに応募する女性

チェーン店出店攻勢が続く中で、予定通りの求人数を確保するにはどうしたらいいのでしょうか。

基本中の基本ですが、求人広告には最低限必要な要件が記載されていなければなりません。勤務地、勤務日数、勤務時間、給与額などが曖昧な表現にならないように注意が必要です。また、地域別最低賃金(東京は932円、宮崎、沖縄は714円)は絶対、下回らないようにしましょう。

求人広告の作り方の基本、そして他のお店との差別化のポイントは、応募者の目線を意識して作ることです。もう一つ、お店のキャッチフレーズを明確な言葉で盛り込むことです。但し嘘はダメです。

以下、例をご紹介します。

  • 募集の職種:ホールスタッフ、キッチンスタッフ、店長候補、店長、マネジャー候補など。
  • 雇用形態:バイト、パート、正社員、契約社員、派遣社員など。
  • 募集目的:例えば、新規開店、改装オープン、店舗拡大、スタッフ増強など。
  • 給与:詳しいほどよい、約○○円、○○円程度、○○円くらい、などはNGです。時給はいくら、日給はいくら、月給の場合はいくら、年収契約ならいくら、などは明確に記載する。資格や経験年数により給与に差がでる場合は、○○資格は一律いくら、経験年数○○年の場合はいくら、とはっきり書く。研修期間があるなら、その期間と期間中の給与も明確に書く。早朝、深夜などの特別なシフトがある場合も、その時の時給も記載する。
  • 手当なども、各種手当あり、ではなく通勤手当は有り無し、有ならば上限金額も書く。
  • 独自の福利厚生項目があれば詳しく記載する。
  • 職場の雰囲気が分かるような従業員のコメントを入れる。
  • 職場の現在の構成、店長1人、正規社員2人、バイト5人、なども書く。
  • 求人広告の枠一杯に書き込む。

求人広告の記載枠に制限があるため、これだけのことを全部記載するのは難しいこともあります。あいまいな表現は排除して、優先順位を明確にして記載していきましょう。

おしゃれなカフェは応募者が多い?求人媒体へ載せる写真が重要

カフェ外観

人が集まる場所は、その場所が魅力的だからです。お客さんだけでなく、そこで働きたいという人も集まってきます。「おしゃれ」というキーワードは、女性スタッフを獲得するためには必ず意識しなければなりません。おしゃれなカフェで働くことを憧れている女性は多いものです。

では、人が集まり易いお店とはどんなお店でしょうか。おしゃれなカフとはどんなお店のことでしょうか。

おしゃれなお店とは例えば、

  • 上品なお花が活けられた美的空間のあるお店
  • 統一され、洗練された食器類
  • 坐るとニコっとするような居心地のある家具
  • 店内の基調となる色にこだわったお店
  • テラス席、お庭のあるお店
  • 店主のこだわりがいっぱいある楽しいお店
  • 壁面に絵画が並び、工芸品がさりげなく飾ってあるお店

などが想像できます。

応募者が知りたい情報は文字情報としての採用条件、待遇、写真ならばお店の構えや、職場の雰囲気です。情報誌やHP、スマホに載せる求人広告の写真は、訴求力があります。おしゃれなお店に見せるためには、写真の選定はあくまで応募者の目線で行いましょう。

上記におしゃれで魅力的なお店のポイントをいくつか載せました。お花がいっぱいあったり、親しみ易い店主や従業員のスナップ写真があったり、「楽しいお店ですからみなさんも来てください」と呼びかけるような、そんな訴求をするのもいいかもしれません。

制服がかわいいバイト求人は応募殺到

カフェの女性店員

カフェのチェーン店では、制服を設けているところがほとんどです。求人を有利に展開するにはこの制服にも注力することが重要です。若い女性の話題の中心はファッションです。かわいくてカジュアル、魅力的な制服は話題になります。近年の制服は、働き易さ、機能性よりも、女性の心を引き付ける斬新なファッション性が好まれ、メーカーのカタログも昔とは様変わりです。

制服が話題になってお客さんの入りが大幅に増えたお店もあります。制服のデザインは、お店にとって重要な選択です。専門のデザイン研究所、ユニホーム専門店などと相談して制作しましょう。また、求人に載せる写真で制服がかわいいことをアピールするとよいでしょう。

カフェ求人のコツ!柔軟な勤務体系をアピールしよう

フレックスアピールするビジネスマン

最近、カフェなどで柔軟な勤務体系を取るところが増えてきました。従業員の画一的な勤務体系から、従業員の多様な働き方に対応した柔軟な勤務体系へと変化してきているわけです。

柔軟な勤務体系を設けておくことは、優秀な人材を確保するためには必須の経営戦略です。一般的には、在宅勤務や週休3日制、フレックスタイムなどが挙げられ、徐々にこうした勤務体系を採用する企業が増えています。

それでは、カフェでの柔軟な勤務体系の例をご紹介します。

  • 定時制ではなくシフト制を採用する。実働8時間あるいは7時間半は守る。
  • 固定労働時間制ではなく変形労働時間制を採用する(週平均40時間内)。労働時間帯を自由に選択できる。
  • 深夜勤務なし。
  • 残業時間は月平均20~30時間厳守
  • 勤務体系の選択が可能、全国勤務型、地区限定勤務型、地域限定型があり、どの勤務型であっても昇給、昇進に差別はない。

これらを分かり易くアピールすることは、極めて有効です。仕事と家庭、余暇などとの両立は今後の生き方の基本となることでしょう。

また、このように応募が増えれば、当然いい人材がとれる機会が増加します。

そのためにも 応募が増えるような魅力的な情報を提供することは重要ですが、受け入れた後も、入店時のモチベーションが下がらないように、店長や店主の適格な指導も重要です。獲得したいい人材が、そのままいい人材であり続けられるような体制づくりもまた重要な経営戦略です。

まとめ

カフェ求人イメージ

いかがでしょうか?

応募が増えれば当然いい人材がとれる機会が増加します。いい人材が増えれば店舗の雰囲気や人気があがり、またいい人材を獲得していくことができるのです。

カフェの募集情報は街に溢れています。スマホで転職情報を得ようとしている若者も多く見られます。その膨大な情報の中から、自分で納得できるお店を選択するのは至難の業です。お決まりの採用条件を羅列しただけでは、正にその他大勢の仲間で、瞬時にスルーされてしまいます。

今回の記事を参考にしていただき、魅力ある訴求文や写真、制服を活用して応募者を増やしていって下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加