カフェを開業するための準備や予備知識とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブラックコーヒーとミルク

カフェ開業をするためにはどのくらいのお金が必要で、準備にはどれくらいの時間がかかるのでしょうか。そこで今回は、カフェの開業に必要な資金相場や、開業に必要な準備からそれにかかる期間などをご紹介いたします。予備知識を増やして、カフェ開業を成功させましょう!

 カフェを開業すると儲かるのか?

開店のご案内

 カフェ業態は他のビジネスと比較すると、黒字になりやすい事業といえます。つまり、儲けが出やすいのです。

しかし、準備をしっかりせず甘く考えていると、簡単に赤字になってしまいます。また、コンセプトにこだわると店内のインテリアに費用がかかりすぎてしまうので、最初の資金次第のお話になります。

たとえば、周囲に大手のカフェがない場所に、個人店であるカフェを開くとしましょう。こういう立地のカフェは、間違いなく黒字です。

ですが、誰もが知る大手のカフェと戦う場合は、それなりに人の集まる場所にお店を構える必要があります。

カフェを開業しただけで儲かるほど甘い世界ではありませんが、場所やコンセプト、メニューを工夫することで、充分大手のカフェと戦える業界なのです。カフェを開業すると儲けやすいという話を聞くのは、個人の努力次第で勝負になるというところからでしょう。

カフェの開業資金はどのくらいかかる?

電卓とお財布を持つ女性

カフェの開業にはコンセプトや店舗デザインで差がでるとはいえ、それなりに資金の準備が必要です。

また、開店してから最低3ヶ月間は、儲けがなくても運営できるくらいの運転資金も必要です。そのため、はじめは儲けることよりも長期的にお店を続けていくことに全力を注いでください。そうすれば、一定期間を超えたときに儲けが出てくるでしょう。

それでは、開業にあたり一般的に必要となる費用をご紹介いたします。

  • 土地代の敷金、礼金
  • 家賃
  • 仲介手数料
  • 内装工事費用
  • 設備品費用
  • 消耗品費用
  • 広告宣伝費用
  • 運転資金(半年分程度)

この中で費用が多くかかるとすれば、物件や店舗の内装工事費用でしょう。大体1,500万円くらいの資本金があれば、開業費用とその後の赤字を賄っていく金額程度にはなります。

もちろん、カフェの規模や立地によっても大きく変わってきます。確保できる金額によって、立地や規模を調節するのも一つの手といえるでしょう。

カフェを開業するための準備や期間

カフェの入口

準備に必要な期間

カフェの開業を考える場合は、具体的にどんな店舗にするかなどの現実的なことを考える必要があるため、最低1年は必要です。

カフェのコンセプトを決めるのにも、出店予定の地域を詳しく調査して需要があるのか判断をしたり、どのような立地がよいのか、その周辺に妥当な物件があるのかなど、多くの準備と時間を費やすでしょう。

1年という最低ラインでの提案をしましたが、こだわればこだわるほど準備期間の年数は増えていくでしょう。

では、その準備期間に何をしたらよいのでしょうか。以下、箇条書きにまとめましたので、ぜひご覧下さい。

準備にはどんなことがある?

カフェ開業において、準備することはたくさんあります。簡単に分類分けしたとしても、多く存在するのではないでしょうか?

  • 事業計画
  • ビジョンやコンセプトの明確化
  • 資金調達
  • 立地調査、物件選び
  • 店舗デザイン決定、内装工事
  • 消耗品、家具などの調達
  • メニュー開発
  • 仕入れ先、業者の選定
  • 人材確保

この中でもまず取り組んでほしいのは、自分のお店に関するビジョンやコンセプトを映像化することでしょう。いきなり細かい作業から始めると、問題があった時に処理に追われ、他の考えるべき点がおざなりになりやすいのです。また、どんなコンセプトのカフェにするかによって、店舗デザインや立地、メニューも変わってくるのです。

軸をぶらさないためにも、最初にしっかりとコンセプトを決めることが重要となるのです。はじめは、大きくざっくばらんなところからで問題ありません。徐々に詰めていく感覚で進めていきましょう。

カフェのコンセプトの決め方は下記でも紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

カフェ内装の考え方とは?おしゃれなカフェをつくるための第一歩

カフェ開業のためのセミナーやスクールにいってみよう

セミナーを受講するビジネスマン

カフェの開業を考えている人は、「人の数だけいる」とよく言われます。たくさんの人がカフェ開業を考えているため、カフェを開業して成功した人が自身のノウハウを共有する「セミナー」や「スクール」が存在します。

カフェ開業について、書籍やインターネットで独学で勉強できるのは一連の流れだけ。細かいところや具体的な金額は勉強会に行って学んでみるのも一つの手です。

直感で良いと思った人のセミナーに行くのも良いのですが、基本的にはカフェ開業といったらこの人!と言えるような有名な方のセミナーにいくと良いでしょう。

最初のセミナー経験で、内容と金額が見合わないという体験をしてしまうと、「自分にはセミナーは必要ない」と感じてしまい、情報にお金を払うということに抵抗を感じてしまうため注意が必要です。

まとめ

コーヒーを飲む女性

いかがでしょうか?

カフェ開業を成功させる秘訣は、準備やシュミレーションをしっかりと行うことです。お金や期間に眩まず、地道に開業までの道のりを歩いていってくださいね!

カフェに溶け込むレジ ユビレジ カフェ導入事例