雨の日の集客方法とは?繁盛店にならってお客様を呼び込もう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
雨の日に来店した女性

日本には、一年の中で比較的降水量の多い時期があります。雨の多くなるその時期は、外出を控える方も多いのではないでしょうか。そのような傾向があるために、雨の多い時期には、サービス業の売り上げが低下してしまうことも珍しくないのです。そういったことは、飲食店にとっても例外ではありません。

しかしその一方で、雨の多い時期にも関わらず、来客数に変化のない店舗も存在しています。雨の時期でも売上をキープしている店舗とは、必ずしも立地が良い場所に店舗を構えているわけではありません。雨の多い時期でも売上をキープできるお店とは、雨の多い時期を逆手に取った、なにかしらの対策をしている場合が多いのです。

そこで今回は、雨の日でも来客数をアップさせる飲食店の「集客対策」についてご紹介していきます。雨の多い時期の客足の少なさにお悩みのオーナーは、ぜひ参考にしてみて下さい。

雨の日はお客様の数が減少する?

雨の日が嫌いな男女

一般的に、雨の日は全般的に客足が遠のき、来店数が減少するとされています。雨の日における人の動きの特徴としては、自然と駅チカや駅ナカのお店にアクセスが集中する他、会社や学校から真っ直ぐに帰宅される方、外出を控えるという傾向があります。そのため、お店の立地が駅から離れていたり、アクセスしにくい場所にある場合では、雨に伴いお客様の数も減ってしまうのです。

しかし、「雨の日は客足が伸びないから仕方がない」と割り切ってもいられません。天気の良し悪しは飲食店の売り上げに大きな影響を与えますが、工夫次第で来店数を改善して売り上げを伸ばすことはできるでしょう。実際、雨の日ならではのサービスを実施することで、普段よりもむしろ客足が多いという店舗もあるとされます。

これより以下では、そうした繁盛店が雨の日に行っている集客方法や、雨の日ならでは集客アイデアについてご紹介していきます。

雨の日の集客方法は繁盛店に習おう

雨の日にゆっくりする女性

雨の日の来客数減少にあえぐお店がある中で、天気に関係なく売り上げをキープしているお店も存在しています。では、そうした繁盛店では、雨の日にどのような対策を行っているのでしょうか。

雨の日の顧客満足度をアップする

雨の日は外出を控える方が増加するのは事実ですが、会社や学校、どうしても外せない用事などの理由から、外出せざるを得ない方も大勢いるでしょう。雨の中、傘の群れの間を縫うようにして歩くのは思っている以上に体力を消耗するため、「少し飲食店で休憩をしたい」と考える方もでてくるのではないでしょうか。 そういった方々のために、雨で冷えた体をあたため、ゆったりとくつろげる空間を提供することは、雨の日の顧客満足度をアップし、リピーターに繋げることができるチャンスとなります。具体的には、『温かい飲み物をお出しする』『傘袋や傘立てを用意する』など、お客様の立場になって、心地よいと思ってもらえるようなおもてなしを実践していくことが挙げられるでしょう。 また人の記憶は、その時のシチュエーションや環境などに紐付くものです。「このお店には雪が降り積もった日に訪れたな」など、その日の天気によってお店の記憶が想起されることもあります。「雨の日に気持ちの良いおもてなしを受けた」という記憶は、お客様にお店のイメージを強く印象づけることができるでしょう。

雨の日限定サービスを実施する

雨の日を1つのイベントと捉え、雨の日限定メニューや雨の日割引といった、その日限定のサービスを提供するのも方法の一つとなります。 これにより、「雨の日ならあそこに行ってみよう」というお客様の動機づけとなります。動機づけができれば、お客様のお出かけついでに立ち寄るという以外にも、雨の日だから赴いてみようと思っていただけるようになります。

サービス内容を周知する

上記のような雨の日限定サービスを実施しても、その内容が周知されていなければ多くのお客様にお越しいただくことはできないでしょう。そこで、お店のホームページや口コミサイト、SNS等を活用し、多くのお客様に対し、できるだけ分かりやすくサービス内容を伝える努力をしましょう。 また、できる限り雨の日限定サービスの周知を、普段から広めておくことが大切です。なぜなら、お客様は店舗で実施している何かしらのサービスを知っても、その日のうちに行動を起こそうとは考えないものです。そのため、いざ雨が降った日に告知をしても効果が薄いといえるでしょう。 こうしたことを防ぐためにも、普段からサービス内容を掲載しておくことで、仮にすぐさまお越しいただけなくても、「そういえば雨の日サービスを実施している店があったな」という風に思い出してもらえる場合や、「次に雨が降った時に行ってみよう!」と思っていただくことができるかもしれません。できるだけ多くのお客様の目に触れる機会をつくるためにも、サービス内容を積極的に告知していきましょう。

アクセスの悪さを逆手にとる

雨の日はその性質上、どうしても屋外を歩かずに入店できたり、駅からほど近い場所にあるお店にアクセスが集中してしまうものです。そのため、駅や駐車場から遠く、アクセスしにくい場所に構えているお店は、雨の日には客足が遠のいてしまいがちです。 しかし、中にはそのアクセスの悪さを利用したサービスを実施し、来店数を維持しているお店もあります。たとえば、雨の日はタクシーで来店するお客様が増えるので、タクシー割引を実施するというサービスや、お帰りの際には最寄りの駅まで送迎車を出すといったサービスを行っているお店もあります。いずれにしても、雨の中来店するという、お客様の心理的ハードルを少しでも軽減することが大切です。

雨の日に集客できるサービスを考えよう

雨の日ならではのサービスイメージ

雨の日にお客様を獲得するために、雨の日を1つのイベントと考え、雨の日だけの特別なサービスを実施しましょう。すぐにでも取り入れられるアイデアを以下にご紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

・雨の日割引

雨の降った日限定で割引サービスを行えば、新規のお客様を獲得することにも繋がるかもしれません。なぜなら、「普段よりも安い、お得」といった情報は万人に効果があるとされますので、お店に一度も足を運んだことのないお客様に対しても、興味を喚起する可能性があるからです。そうして来店されたお客様に、お店の雰囲気や味を知っていただくきっかけにもなり、次回の来店に繋げることができるかもしれません。

・雨の日サービスチケット

次回使えるサービスチケットを配布すれば、リピーターの獲得に繋げることができます。その際、できるだけお店の中でも人気のある、自信のメニューをプッシュすると良いでしょう。また、使いやすいドリンクチケットを配布することもおすすめです。

・雨の日限定メニュー

雨の日の特別感を演出するために、雨の日限定メニューを用意するのも良いでしょう。 その際、雨や水のイメージを想起させるテイストのものや、雨の中冷えた体をあたためることのできるホットメニューがおすすめです。その他、人気のレギュラーメニューにトッピングがつくといったサービスもお客様から喜ばれるでしょう。

雨の日サービスを告知しよう

サービスの告知イメージ

雨の日限定サービスに限った話ではありませんが、SNSはお店の認知度を広める絶好の場です。なぜなら、ツイッターやインスタグラムをはじめとしたSNSでは、時として、実際に訪れたお客様の投稿によって、サービス内容を広範囲に拡散することができるチャンスに恵まれる場合があるからです。

また、SNSと連動したサービスを実施するのも良いでしょう。たとえば、お店側の投稿を拡散していただいた方に割引サービスを行ったり、お店に関する投稿をしていただくことで次回割引が受けられるチケットを配布するなどが挙げられます。普段からSNSを積極的に利用し、お店のメニューやサービス内容を定期的にご案内していきましょう。

まとめ

雨の日にカフェにきた二人

いかがでしょうか。

来客数が減少しがちな雨の日でも、ちょっとしたアイデアや工夫で来客数をキープ、場合によっては、普段よりも客足を増すことさえできてしまうでしょう。それにはお客様の立場に立って、雨の日でも来店したいと思っていただけるようなサービスを充実させることが大切となります。雨の日を逆手にとり、競合店との差をつけましょう!