雨の日にできるおもてなし!来店時や退店時にするべき気配りとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
雨に日に出かける女性

一般的に雨の日は外出を控える方が多く、客足が伸び悩むイメージがあると思います。しかし、仕事や学校、外せない予定などで雨の日でも外出せざるを得ないことも度々あるため、雨宿りのために飲食店を訪れる方は数多くいます。そのため雨の日も抜かりなくおもてなしを行うことはもちろん、雨の日ならではの心配りを徹底することが大切です。また、雨の日に来店することで天気と紐づけられて、お店の印象も頭に残りやすくなりリピーターの獲得にも繋がります。

このように雨の日は他店と差をつける大きなチャンスです。あらかじめ雨の日のおもてなしについてマニュアルを作成しておき、雨で疲弊したお客様の心を温かくするような接客を目指しましょう。

雨の日の来店時のおもてなし

雨の中来店する女性客

第一印象が肝心なのは1対1の人間関係だけではありません。お客様が来店された時の対応で、お店に対するイメージをぐっと上げてリピーターの獲得に繋げることができます。雨の日は特に、おもてなしとしてできることが増えますので、下記をおさえて実行に移していきましょう。

・傘が邪魔にならないようにスペースを確保

雨の日に来店するお客様は、雨に塗れた傘を持ってお店に入ってきます。その際、雨にさらされたまま傘を畳まなくても良いように、エントランスには屋根付きのスペースを確保しておくと喜ばれるでしょう。今現在屋根がない場合、雨脚が強くなければエントランスの扉を開け放しておくのもおすすめです。そうすればお客様が来店した際にさっと体だけ店内に入り込むことができ、傘を畳む時に体が濡れてしまうリスクを軽減できます。

・傘立てと傘袋はどちらが適切?

濡れた傘はどうしても店内で持て余してしまうもの。お店によっては入口に傘立てを設置しているところもあると思いますが、万が一盗まれたり、取り違えてしまったりといったリスクを嫌がるお客様も多くいます。そのため可能であれば傘袋を用意して、お客様自身の手元に置いておけるよう配慮しましょう。

・濡れた服や手荷物を拭けるようにタオルをお渡しする

雨の日は傘を持っていても、どうしても手荷物や服が塗れてしまいます。来店時にはそれらを拭くことのできるタオルをお渡しし、気持ちよく食事を楽しむことができるよう配慮しましょう。また、濡れた靴底をさっとぬぐえるようなマットを入口に置いておくのも良いでしょう。お客様に喜ばれるだけではなく、店内を清潔に保つことにも繋がります。

・雨の日でも安心して待てるように店内に椅子を設置

ランチやディナーの混雑する時間帯、雨の中お客様を外に並ばせてしまうことのないように、できる限り待合いスペースは広く取り多くの椅子やソファーを設置するようにしましょう。雨の日は「とりあえず雨宿りをしたい」というお客様も訪れますので、すぐに食事ができなくとも店内でゆっくり待つことができれば、より多くのお客様を獲得することができます。

・来店時の一言で印象アップ

雨の降る中わざわざ足を運んでくださったお客様には、「いらっしゃいませ」の挨拶に添えて感謝の言葉を伝えましょう。こうしたちょっとした心遣いによって、また来店しようと思ってもらえるきっかけになります。
(例)
「お足元の悪い中ご来店いただきありがとうございます」
「雨の中ようこそお越し下さいました」

雨の日の食事中のおもてなし

雨の日のおもてなし

雨の中来店されたお客様は、お体を冷やしてしまっていることが多いものです。お客様が快適にお過ごしいただけるように、体も心もあたためるようなおもてなしを行いましょう。

・食前に温かい飲み物をお出しする

雨の中外を出歩くのは、傘をさすことによる煩雑さ以外に、体温を奪われてしまうという弊害もあります。雨の日に来店したお客様は体が冷え切ってしまっている場合もありますので、体を温めることのできるようにホットドリンクを用意しましょう。 普段はお冷を出しているというお店でも、雨の日は温かいお茶を出すとお客様に喜ばれます。しかし、中にはのどが渇いていて「冷たい飲み物を一気に飲みたい」という方もいますので、ドリンクを出す前に一言伺うのも良いかも知れません。

・ブランケットの貸出を行う

上記の温かい飲み物と同じ理由になりますが、ブランケットをお渡しすれば食事中も暖かく過ごすことができます。特に女性やお年寄りは冷え性の方が多いので、席についた際に一言「ブランケットはご入り用ですか?」と心配りを欠かさないようにしましょう。また、あらかじめ席の足元にカゴを用意し、その中にブランケットを入れておけばお客様が必要な時に気兼ねなく使うことができます。

・空調の設定温度に気を配る

調理をしたり、店内で忙しく動き回っている店員側はどうしても暑さを感じてしまうと思いますが、雨の日はお客様に配慮してなるべく空調の設定温度を高めに設定するようにしましょう。その日の天気に合わせて最適な室温をキープすることで、お客様が食事中も食後もゆったりと過ごすことができるようになります。

雨の日の退店時のおもてなし

雨の中店を出る女性客

別れ際に最後にかけられた一言や対応が記憶に残りやすいように、お客様が退店される時の接客はお店のイメージアップにとって重要なシーンです。「雨の日」とシチュエーションでお客様の立場になり、お客様が気持ちよくお帰りになれるように努めましょう。

・お客様が傘をさしやすいように配慮する

平日のお仕事帰りや学校帰りのお客様も、休日のお出かけついでに立ち寄っていただいたお客様も、傘だけではなく何かしら手荷物を持って来店される方がほとんどです。特に繁華街に店を構えている場合は、ショッピングを楽しんだ後に食事に訪れるお客さまも多いと思います。手荷物を持ちながら傘をさすのは意外と大変なので、お客様が退店時スムーズに傘を開けるように手荷物をお持ちしましょう。もしくは、お客様の傘をお借りして代わりに開くにも良いかも知れません。

・車やタクシーまで傘をさしてお見送りする

お客様が自家用車やタクシーでお帰りになる場合は、傘をさしながら車のある位置までご一緒してお見送りすると喜ばれます。雨の中、傘の開け閉めをしつつ車に乗り込むのは煩わしいもの。どうしても服や手荷物が濡れてしまうので、余裕がありお客様からも断られなければサポートして差し上げましょう。店から離れた場所に駐車している場合はこの限りではありませんが、お客様に気持ちよくお帰りいただけるよう最後まで心配りを忘れないことが大切です。

雨の日こそ小さな気配りを

雨の日に気配りする女性店員

雨の日の外出は服や手荷物が濡れてしまったり、傘を持った人の間を縫うように移動しなければならないなど、煩雑さが付きまとうものです。そんな中来店して下さったお客様には、とびきりの気配りでおもてなしをしましょう。1つ1つは小さな気配りでも、積み重ねていくことでお客様の満足度は確実にアップし、「またこの店に来たい」と思っていただけるようになります。雨の日こそお客様を獲得するチャンスと考え、細部まで配慮を欠かさないようにしていきましょう。

まとめ

黄色い傘をさす人

いかがでしょうか。

誰しも雨の日は外出を控え、家でゆったりと過ごしたいものです。そんな雨の中来店して下さったお客様には、丁寧なおもてなしでとびきりの感謝を伝えてはいかがでしょうか。「雨だけど出かけて良かった」と思っていただけるよう、お客様の目線に立った気配りを心がけましょう。雨の日だからこそ、心に残るおもてなしでリピーターへと繋げていきましょう。