飲食店向けのおすすめ予約管理システム10選!価格や機能・サポート体制で徹底比較

レストラン
Reserved sign on a table in restaurant

飲食店の業務の中で、避けて通れないのが「予約管理」です。電話やメールでの予約を受けて空席状況を確認し、キャンセルが入ればそれをスタッフ全員に周知しなければなりません。店舗営業のかたわらで予約管理を行うと、ミスが起きてしまうこともしばしばあります。

しかし、今やそんな面倒な予約管理はITがこなしてくれる時代です。

「予約管理システム」と呼ばれるツールを導入すれば、予約に関する一連の流れを全て自動化することができます。これは飲食店にとって大きな効率化につながるはずです。

そこで、この記事では飲食店向け予約管理システムをご紹介します。

予約管理システムとは?

予約管理システムとは、ユーザーから寄せられる予約情報をクラウド上で一括管理できるシステムのことです。予約サイトや電話、メールなど各所からの予約をまとめて登録・管理することができます。

また、予約を登録して管理するだけでなく、顧客情報を一括管理できるため、新メニューの開発や業務効率の向上にもつながります。

リーズナブルな価格で導入できるシステムもあり、業務の効率化に役立つでしょう。おすすめの予約管理システムは後ほどご紹介します。

予約管理システムを利用するメリット

業務の効率化に役立つ予約管理システムには、具体的にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

ここからは、飲食店で導入すべき予約管理システムのメリットをご紹介します。

機会損失を防ぐことができる

従来は営業時間内に電話を受けて予約をとったり、複数サイトのウェブ予約の情報をまとめる必要があったため予約時間がかぶっているとお断りせざるを得ないなど、機会損失が生じやすい状態でした。

しかし、予約管理システムを導入することで、ネット上からの予約を24時間365日受け付けられるようになります。予約受付を自動化すれば、従業員がいない時間帯でも常に予約を受け付けることができ、いつでも顧客から予約を取れるので機会損失を防ぐことができます。また、電話での予約が苦手な顧客も、ネット上であれば気軽に予約することができ来店を促すことに繋がるでしょう。

タブルブッキングを防止できる

自社サイトと予約管理システムを連携させることで、予約状況をリアルタイムで確認できるようになります。ダブルブッキングを防ぐことができるため、顧客側も店舗側も安心です。

また、キャンセルが出た段階で顧客へ通知を出したり、キャンセル待ち受付機能をつけたりすることで、突然のキャンセルが出た場合でも空席リスクを減らせます。

さらに、電話やメールによる新規予約やキャンセルがあった場合でも、システム上で予約状況を確認できるため、人為的ミスを防ぐことにつながるでしょう。

予約管理システムを導入することでスムーズに予約ができ、従業員の負担を軽減するうえに顧客にも良い印象を与えることができます。これにより、顧客満足度と売上の向上にも期待ができます。

業務効率化につながる

予約管理システムを導入することで、従業員の作業負担を減らすことができ、業務の効率化につながります。

従来の予約受付は電話やメール、紙などを併用していて、それぞれを個別に確認しなければ対応できないのが一般的でした。

しかし、予約管理システムでは予約情報を一括で管理でき、システムによっては予約完了メールを送ったり、文面のテンプレートを作成したりすることも可能です。

予約受付にかかる負担が減ることで、ほかの業務に時間を充てられたり人員を削減できたりするため、コストパフォーマンスも向上します。

予約管理システムの選び方

予約管理システムといっても、そのサービスは多岐にわたります。そのため、どのシステムを導入すべきか悩むことでしょう。

そんな方のために、まずは予約管理システムの選び方をご紹介します。

必要な機能が揃っているものを選ぶ

まずは自社にとって必要な機能が揃っている予約管理システムを選びましょう。

必要とする機能は飲食店によりまちまちですが、以下のような機能がついていると便利です。

  • テーブル管理機能
  • 決済機能
  • 電話予約との連携(CTI)

予約状況を管理するうえで、テーブルの空席状況を確認し、最適な席に配席することは欠かせません。これを自動で行ってくれるのが、テーブル管理機能です。いちいち予約を受けて空席を確認する必要がなく、全て自動で配席を行ってくれます。

顧客はいつでも席の状況を確認することができ、店員は自動で割り振られた配席に基づいて顧客を案内することができます。

また、決済機能とは予約が確定した時点で事前決済ができる機能です。キャッシュレスでの支払いに対応出来るだけでなく、突然のキャンセルを減らせるというメリットもあります。

CTIは、予約の電話と顧客情報を連動させる機能です。電話がかかってくると、電話番号に連動して顧客情報を引き出します。スタッフは顧客情報を確認しながら予約内容を聞き取ることができるのです。電話がかかってきた時点で音声を録音し、聞き間違いを防ぎます。これにより顧客とのやり取りを円滑にすることができます。

また、これら以外にも予約管理システムにはさまざまな機能があります。

例えば2軒以上の店舗を持つ飲食店なら、複数の店舗の売り上げや営業状況を一括で管理できる機能がある予約管理システムを選ぶと良いでしょう。

自社の予約管理をよりスムーズにするにはどのような機能が必要か、検討しながら選ぶことをおすすめします。

費用対効果を考える

予約管理システムは無料で使えるものもあれば、費用がかかるものもあります。そのため、商品を選ぶ際には自店の売り上げや規模に合った料金のものを導入しましょう。

また、いくら予約管理システムを導入すると業務効率が上がるとはいえ、むやみに高いものを購入するのはおすすめしません。予約管理システムを導入するとどれだけの費用対効果が生まれるのか、よく検討して最適な価格のものを導入しましょう。

アプリに対応しているものを選ぶ

アプリに対応した予約管理システムは、iPadなどといったタブレットで操作ができるため、比較的運用が簡単でおすすめです。

パソコンでの予約管理に自信がない方でも、タッチパネルでの直感的な操作なら慣れやすいでしょう。また、タブレットは持ち運びができるので店舗にいないときでも予約状況の確認が可能です。

運用しやすいものを選ぶ

管理画面の操作のしやすさは、予約管理システムの運用において非常に重要です。

操作のしにくい予約管理システムを選んでしまうと、せっかく導入してもかえって手間がかかってしまうことになりかねません。そのため、マニュアルの分かりやすいものや、サポート体制の整っている予約管理システムを選びましょう。

さらに、システム自体を自店の営業スタイルに合わせてカスタムできる機能があるものもおすすめです。必要な機能だけをカスタムすることで、より使い勝手が良くなるでしょう。

また、店側だけでなく顧客から見た操作性もチェックすることが必要です。例えば予約画面の見やすさや、予約手続きのスムーズさなどが挙げられます。

このように、予約管理システムを使うユーザー全体にとって使いやすいシステム選びをするのがポイントです。

サポート体制の整っているものを選ぶ

予約管理システムに慣れるまでには、操作に困ることがしばしばあります。このような場合に、サポートセンターなどの問い合わせ先があると安心です。

予約管理システムの中でも、無料のものや安いプランではサポート体制が充実していない可能性があります。万が一のときにすぐに問題を解決するためにも、サポート体制の手厚いシステムを選ぶことをおすすめします。

飲食店におすすめの人気予約管理システム10選

ここからは多くの飲食店に導入されている、人気の予約管理システムをご紹介します。また、それぞれの料金体系やサポート内容、機能などについても詳しく比較します。

先ほどご紹介した選び方を参考に、自店にはどの予約管理システムが最適か検討しながらご覧ください。

レストランボード

レストランボードはリクルートが提供する予約管理システムです。

費用が一切かからず無料で使えるのが特徴です。また、使い方も非常にシンプルです。アプリをダウンロードし、会員登録を行ったうえでテーブルやコースの情報を入力するだけで初期設定が完了します。

テーブル管理はもちろん、多店舗管理やPOS連携にも対応しているので無料とはいえ、かなり機能は充実しているといえるでしょう。初めて予約管理システムを導入する飲食店にもおすすめです。

サービス名

レストランボード

プラン名

-

初期費用

無料

ランニングコスト

無料

サポート内容

メール・専用フォーム・電話

アプリ対応

あり

公式ホームページ

https://airregi.jp/restaurant-board/

お席トットくん

「自店の営業スタイルに合った予約管理システムが欲しい」という方には、お席トットくんがおすすめです。可愛らしい名前が特徴のこのサービスは、個人経営の飲食店から大型のチェーン店の予約管理にまで対応しています。

また、予約を管理するだけでなく予約情報の蓄積や統計データの表示も可能です。顧客のデータ管理をしたいという方にもおすすめです。

カスタムのやり方や運用後のトラブルに関しては、365日営業している専用コールセンターに問い合わせることができるので安心です。

月額8,000円かかるものの、自店の営業スタイルに合わせてカスタマイズできる魅力があります。

サービス名

お席トットくん

プラン名

-

初期費用

無料

ランニングコスト

8,000円~行

サポート内容

メール・専用フォーム・電話

アプリ対応

あり

公式ホームページ

https://sp.tottokun.jp/

リザーブキーパー

リザーブキーパーは、来店予約だけでなくテイクアウトの予約も自動で受注できる予約管理システムです。予約時刻の前にはショートメールで顧客へリマインドの通知を送信し、キャンセルを防いでくれます。

また、予約管理システムと連携した公式ホームページが作れるなど、今までインターネットでの集客に力を入れてこなかった飲食店に嬉しい機能が搭載されています。

プランはCTIの有無で2つに分かれており、いずれも初期費用は無料です。

CTIなしの場合は基本料金が3,000円、店舗利用料金が5,000円で月額費用は8,000円と設定されています。CTIありのプランでは基本料金が10,000円、店舗利用料金が7,000円で、毎月17,000円がかかります。

サービス名

リザーブキーパー

プラン名

CTI利用プラン/CTIなしプラン

初期費用

無料

ランニングコスト

8,000円~

サポート内容

-

アプリ対応

あり

公式ホームページ

https://www.r-keeper.jp/

ebica(エビカ)

ebicaはタブレットだけでなく、スマートフォンやPCで利用できる予約管理システムです。顧客情報のメモ欄は手書きとキーボード入力のどちらにも対応しているため、機械に不慣れなスタッフでも使いやすいシステムといえます。

また、外部サイトとの連携やPOS連携、さらにはCTI機能の追加も可能です。予約管理システムにおいて、欲しい機能はあらかた揃っているといって良いでしょう。

さらに、ebicaは複数店舗の顧客情報を管理できるのが特徴です。店舗数が多い飲食店や、グループ店をまたいで顧客管理をしたい飲食店に向いています。

基本料金は以下の通りですが、店舗が複数ある場合には要相談と公式サイトに記載があります。

サービス名

ebica(エビカ)

プラン名

-

初期費用

20,000円~

ランニングコスト

50,000円~

サポート内容

電話

アプリ対応

あり

公式ホームページ

https://www.ebica.jp/

TableCare(テーブルケア)

TableCareは初心者でも簡単に使えるような使用感を目指して作られた予約管理システムです。タブレットでいつでもどこでも予約状況や顧客情報を確認することができます。

また、自社のニュースやメルマガを来店経験のある顧客に送信するなどといった機能も搭載されています。

TableCareは3つのプランがあり、1つめはインターネット環境とタブレットを自社で用意し、アプリのみをインストールする「オフライン版」です。このプランは無料で使うことができます。

2つめはタブレットが付いてくるTableCare GoLive タブレットというプランです。これは初期費用が49,800円かかり、月額費用は9,800円です。

そして3つめがTableCare GoLive モバイル タブレットというプランです。このプランはタブレットに加え、モバイルWi-Fiルーターが付いていきます。この場合初期費用は59,800円で月額費用は12,800円かかります。

インターネット環境まで一括で導入したいという飲食店は、TableCare GoLive モバイル タブレットプランがおすすめです。

サービス名

TableCare(テーブルケア)

プラン名

オフライン版/TableCare GoLive タブレット/TableCare GoLive モバイル タブレット

初期費用

無料~

ランニングコスト

無料~

サポート内容

電話

アプリ対応

あり

公式ホームページ

https://info.tablecare.jp/client

ChoiceRESERVE(チョイスリザーブ)

ChoiceRESERVEは15年以上の実績がある予約管理システムです。導入件数は3,000件以上にのぼり、SoftbankやSUUMOなど、名だたる大手企業の導入事例も多数あります。

外部サービス連携やアプリ対応などといった充実した機能はもちろんのこと、サポート体制にも力を入れているのがChoiceRESERVEの特徴です。平日の11時から18時までは電話での問い合わせを受け付けています。メールでの問い合わせは24時間対応です。

予約管理システムをよりスムーズに使いこなせるよう、丁寧にアドバイスしてくれるので万が一のときにも安心です。

プランは3つあるものの、スタンダードな必要機能はLiteプランに全て含まれています。そのほかに予約アンケート機能や、団体予約への対応などが必要な場合は、Proプランを検討すると良いでしょう。

サービス名

ChoiceRESERVE(チョイスリザーブ)

プラン名

Lite/Pro/Enterprise

初期費用

20,000円~

ランニングコスト

10,000円~

サポート内容

電話・メール

アプリ対応

あり

公式ホームページ

https://yoyaku-package.com/

OpenTable(オープンテーブル)

OpenTableの利用者は世界で毎月約2,800万人もいるとされており、訪日観光客を呼び込みたい飲食店などにおすすめの予約管理システムです。

OpenTableには顧客情報を打ち込める備考欄を用意してあります。例えば「常連客」「車いす」「窓側の席を希望」などといった顧客ごとの情報です。さらにテーブル管理画面では、席ごとのステータスを色分けして視覚的に見やすい仕様となっています。

プランは2種類あり、ベーシックプランは初期費用が無料、月額費用は300円×来店客数に応じた歩合制です。一方、スタンダードプランは初期費用が40,000円、月額費用は7,500円で300円×来店者数が加算されます。

いずれも予約管理システムとしての機能は充実していますが、スタンダードプランのほうが飲食店ごとに設定をカスタムすることができる仕様になっています。スタンダードプランはスタッフのシフトの管理ができるなど、より多機能なのが特徴です。

サービス名

OpenTable(オープンテーブル)

プラン名

ベーシック/スタンダード

初期費用

無料~

ランニングコスト

300円~

サポート内容

電話

アプリ対応

あり

公式ホームページ

https://restaurant.opentable.jp/products/guestcenter/

ぐるなび台帳

グルメ情報サイトでおなじみの「ぐるなび」と連携することができる予約管理システムです。分かりやすい操作感で、現場でも導入しやすいシステムが特徴となっています。アプリに対応しており、主にタブレットでの操作が必要です。

ぐるなび台帳には顧客に応じた柔軟な対応ができるよう、「手書きメモ」という機能があります。これは文字通り、メモのようにタブレットに手書きで備考を記載することができる機能です。タブレットでの打ち込みや操作に慣れていない方でも、これなら安心です。

また、POSレジとの連携にも対応しているので顧客情報の管理にももってこいのサービスといえます。価格もそこまで高額ではないため、導入しやすいといえるでしょう。ただしCTIの連携や、タブレットのレンタルはオプションとなるので別途料金がかかります。

サービス名

ぐるなび台帳

プラン名

ぐるなび台帳

初期費用

10,000円

ランニングコスト

9,500円

サポート内容

-

アプリ対応

あり

公式ホームページ

https://pro.gnavi.co.jp/gnavi_daicho/

SuperSaaS(スーパーサーズ)

SuperSaaSは飲食店だけでなくさまざまな業種の予約管理に選ばれているシステムです。自社の業態に合わせて機能をカスタムすることができ、Facebookと連携して情報を発信するなど外部サービスとの連携も可能です。

また、Paypalとも連携ができるため予約時にオンライン決済が可能になり、キャンセル防止にも役立ちます。

また、SuperSaaSは無駄な機能をそぎ落とすことで、コストカットも実現します。月額費用は最大3,750円と、ほかのサービスよりも比較的安い傾向にあるのが特徴です。

SuperSaaSのプランは全部で6種類あります。1つめは無料のお試しプランで、50ユーザーの登録が可能です。そのほかは有料プランでユーザー登録数に制限はありません。過去の予約を保存できる数によって、料金が異なります。

サービス名

SuperSaaS(スーパーサーズ)

プラン名

無料/A~E

初期費用

無料

ランニングコスト

無料~3,750円

サポート内容

FAQ・マニュアル

アプリ対応

あり

公式ホームページ

https://www.supersaas.jp/

TORETA(トレタ)

TORETAは高い業界シェアを誇る予約管理システムです。

TORETAの基本サービスは4つ、予約管理と顧客台帳管理、そして予約情報の集計と分析、最後にweb予約ページの作成です。前者3つの機能はどの予約管理システムにもありますが、独自のweb予約ページを無料で作れる機能はTORETAならではといえます。

さらに予約ページのリンクをSNSに貼ることで、さらなる集客効果も期待できます。

ただし、TORETAは公式サイトに料金やプランの詳しい記載がありません。機能やサポート内容については充実しているといえますが、導入前には資料請求をして価格を確認する必要があります。

サービス名

TORETA(トレタ)

プラン名

-

初期費用

無料

ランニングコスト

-

サポート内容

電話・マニュアル

アプリ対応

あり

公式ホームページ

https://toreta.in/jp/

まとめ

飲食店におすすめの予約管理システムについてご紹介しました。

価格はサービスによりまちまちですが、いずれも多機能で使いやすいものばかりです。自社に合ったものを選ぶ際は今回ご紹介した選び方を参考に、最適なものを探してみて下さい。

予約管理システムを導入して、より効率の良い集客を実現しましょう。